ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.5

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

家のリビングでのんびり観てしまったので、怖さが減ってしまったかも
レイトショーとかで観たら違ったんじゃないかな
ニャー

ニャーの感想・評価

4.1
久々に映画祭りじゃ~(*ノ´∀`*)ノワショーイ♪

にゃんだこの強烈に引き込まれる作品わっ!
メチャメチャ面白くてアッ(‘д‘ )!!という間に終わってしまったw
シンプルなストーリーと凝縮された期待値で食い入る様に見てしまった。

遺体安置所を経営する父"トミー"と息子"オースティン"はいつもの様に検死を行っていた。
夜になり仕事も一段落ついた所で切り上げようとしていた矢先、保安官から緊急の検死を依頼される。
それは、身元不明者(通称"ジェーン・ドウ")で若い女性の死体であった。
仕方なく検死を始める二人であったが、あまりにも不自然な死体に困惑する最中、不可解な現象が二人を襲う...。

早々から怪しげな雰囲気に包まれてて、徐々にヤバさが増す。
無駄な要素が無く、ただただシンプルに怖い。
遺体安置所という空間が恐怖をより引き立てていて、分かりやすいバケモンみたいなんも出ず かなり好き♪
特に効果音が恐怖を煽る。
グロ耐性が無い人には結構キツイので注意が必要かも(;´-`)
頭皮ペロンマスク状態は中々でしたw
恐怖の中でも綺麗なお姉さんに釘付けでした(*´Д`*)ハッ💕
だって、何回も顔のアップが入るんやもん!美人なんだもん!仕方ないもん!
予想は出来たが、やっぱり衝撃の結末でした。
あのチリンチリン🔔が耳に残る…。

映画見に行ってれば良かったのに、言わんこっちゃない(*´-Д-)ハァ=3
logn

lognの感想・評価

4.0
解剖シーン目当てにレンタルしたのですが、恐怖演出もそこそこ良く得した気分です。DVDで借りましたが、ブルーレイの方が良かったかもしれません。
うーん、惜しい。何かが絶妙に惜しい。

冒頭から静かに始まる感じとか、遺体解剖のシーンとか、映画全体のルックはかなり良かっただけに後半のホラーパートがイマイチに感じてしまい、残念。

結構怖いシーンもいっぱいあったのにな〜。特にあの鈴の音とかはトラウマになりそうなくらいだったのに、うーん。とにかく惜しい。
さら

さらの感想・評価

3.0
前半の不可思議な遺体を解剖していく過程は面白かったんだけど後半ただのホラー映画でしかなかったのが残念……。
もっと遺体の不自然さを解明していくシーンに尺使ってほしかったなー!

後半のホラー部分は普通の展開だった。
moe

moeの感想・評価

3.5
ついこの前まで連ドラのアンナチュラルにハマってたので、そうか解剖ってグロいもんだよなと今更ながら思った(アンナチュラルはグロ描写ゼロでバンバン解剖してた)
前半部分の死因究明な感じで最後までいってくれてもよかったけど、そうするとただの法医学ミステリーになっちゃうしまあいいのかな。
サスペンスではなくあくまでもホラーとして、充分楽しめる映画でした!!
続編が欲しい。
masa

masaの感想・評価

3.2
斬新なストーリーかなと思い期待していた作品。

身元不明の女性の検死を行うことになった検死官の親子が、解剖を進めるうちに怪奇現象に襲われる話。

身元不明の女性の変死体が見つかり、検死することになったトミーと息子オースティン。
死因を調べるため解剖を進め、徐々に驚くべき事実が次々と明らかになり……

最初解剖のあたりは謎が深まり、興味深かったが、だんだん、よくありがちのオカルトホラーになってしまった…
ちょっと残念。
りょう

りょうの感想・評価

3.6
徐々にホラー要素が高まっていくグラデーションがうますぎる。
ホラー要素以外の基本的な会話だったり場所説明カットの撮り方はあまり好みじゃない。
ただ、ジェーンドウの解剖が始まってからはかなり引き込まれる。
ありきたりの脚本かと思って見てたらまったく先が読めん。
ジェーンドウお前は一体どうやって死んだんだ。
鈴の音はまじで怖い。
でもそれ以外のホラー演出は先が読めてしまうところも以外と多い。
同じbgm何回も使い回しすぎかな笑
脚本設定はおもしろいねんけどなー、なんか惜しい。
takeshi

takeshiの感想・評価

4.0
とても好みな内容。親父かっこいい!
ただ怖い、グロい、ではなくしっかりサスペンス的要素もありつつ伏線もしっかりしていたように思う。恐怖演出がうまい!
怖さはあまり感じず。ただ、このシチュエーションのホラーは新しく感じました。
解剖を進めるにつれ分かって行く事実。事実は分かりますが真実までは分かりません。
>|