ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

seiji

seijiの感想・評価

3.8
コンパクトでキレのあるホラー。
登場人物も少なく、とても観やすい良作。
たなか

たなかの感想・評価

3.7
割と最善の行動を終始とり続ける主人公親子に対して反則的な絶望を与え続けるジェーンドゥ…なーーんもしてないのにほんまひどい

助かっと思いきやのラストの煽りがいいですね。廊下などはちょっとサイレントヒル感ありました。
buenavista

buenavistaの感想・評価

4.3
いやー引き込まれました🎵

新感覚なシチュエーション

死体でも別嬪さんやなぁ

別に解剖親子は、仕事していただけなのにね、呪われちゃったね🎵

で、また再生しちゃうもんだから、
こりゃ延々に惨劇が続くんだろうなぁ
手首と足首の 複雑骨折
舌を引きちぎられ
歯が一本ない ローラパーマー並みの
美しい死体。
二人の親子が死因を究明することに、、
しかし 死体を解剖していくと 次々に不気味な出来事に見舞われて、

終始緊張感が続く 演出で 最後までダレること見入ってしまいました。
最初は死因を探る物語だったのですが
最後の方は この死体がどこから来て何者なのか?にシフトチェンジもスムーズでした。
ホラーにしてはストーリー性もちゃんとあったと思う
まあホラーは怖かった合格だし、いい映画だったと思う
ホラーというよりオカルト?
怖いというか、とにかく居心地の悪くなる作品でした。

名無しのジェーンさんの人間離れした美しさは必見かと。
殺人事件の被害者宅地下で発見された謎の女性死体。被害者たちと無関係なその美しい死体「ジェーン・ドゥ」に外傷はなく、解剖のため警察の司法解剖を請け負う一家の元に送られる。到着後すぐに解剖が始められたが、そこで死体に秘められた謎が次々に発見され、さらに怪現象が頻発し…

サスペンス?ホラー?と迷いつつ見進めていくと、「そうなるのか!」という関心と同時に「ジェーン・ドゥかわいそう…」と思ったり。
ねこは

ねこはの感想・評価

3.0
よかった。
不可解な死体の解剖から始まり絶妙なホラー具合。
ドキドキもしたしハラハラも、
在り来りな流れなんだろうけど面白かった。
あまり期待値が高くなかったからか思った以上に楽しめて驚いている。
むしろドラマにしてもう少しじっくり設定や境遇、流れを観たかった気もする。
とおい

とおいの感想・評価

2.5
美しい死体…
殺人…
解剖…
呪い…
常識と非日常の狭間に思考が揺れる
背景がやや希薄に感じられるけれど
Jホラーの影響を受けてる気もします
解剖とともに進む意外性のある
謎解きめいた感じが面白いです
ミステリアスなホラーを観たい方
オススメです!
赤足

赤足の感想・評価

2.8
ある夜、検死官の元に保安官から緊急の検死依頼が入る。一家3人が惨殺された家屋の地下から発見された身元不明女性の死体、通称「ジェーン・ドウ」男性の場合は「ジョン・ドウ」の検死をしてほしいというものであった。

外傷が一切ない謎の遺体ジェーン・ドウ。解剖のシーンはリアルで内臓や臓器等グロテスクに苦手な人はあまり見たくないかも?そして食事しながらもあまりオススメはできない。前評判も高くホラーもののオススメであったので鑑賞したが、最近のホラーの中では良く頑張ってたと思う。遺体1つでここまで引っ張れる話もなかなかない!そしてジェーン・ドゥが美人であること(ここ重要)しかし、終盤の展開はちょっと安っぽいB級映画っぽくなり残念であった。腑に落ちない部分などもあり続編ありきで作ってるとしか思えない終わりだったので、多分続編はあるのかな?
>|