ブルー・ジェイの作品情報・感想・評価

ブルー・ジェイ2016年製作の映画)

Blue Jay

製作国:

上映時間:80分

3.8

「ブルー・ジェイ」に投稿された感想・評価

Lynne

Lynneの感想・評価

3.3
観終わってしばらくしてからじわじわ良かったなあって思えてきた。ネットのレビューで絶賛されてるのも納得。

最初の2人が再会したシーンの気まずさとか、それを隠そうとする感じとか、2人の距離感が絶妙で、役者の演技が本当に上手。この感じめっちゃわかる。てかずっとこの2人の会話だけで進んでるのね、この映画 。(おじいちゃんはいるけど) でもそれを感じさせないくらいに、いつの間にか2人の空気の中にいた感じ。

きっとこの2人ものすごく微妙に別れて、でも20年越しにそれは本当に些細なすれ違いだったってことと、お互い思ってることは今でも一緒ってことが分かって、でもかといってどうするわけでもなく、アマンダはまた街を去るわけでしょ。観てるときはそんなに思わなかったけど、確かにビフォア感あるね。
最後の泣きながら笑うところ、良かったなあ。でもあそこで、絶対に戻れない過去にも、どうにもならない未来にも、2人がようやく向き合えたんじゃないかと思う

映像が白黒なのも良かった。上手く言葉にできないけど、この1日は彼らにとってカラーじゃなくてモノクロームっていうのがなんかすごい効果的だった!上手く言えない!!時間軸を混乱させるのも目的のひとつだったと思う。そしてたぶんそれはそのまま彼らが感じた時間の流れなんだろうね。

観客の意識の流れと話の流れが一致してて、先が読めてしまうという意味ではなくて、混乱するのも何で?って思うのも、うまく計算された構成だなという印象。

なんかまたいっぱい書いちゃった!うん、良作でした。



P.S.でも、こういうタイプのストーリーだとなんでいつも結婚してたりするのは女性のほうなんだろうか…たまには男性が結婚してるパターンも観たくない?
タイミング次第でどういう未来にも転ぶ人生。たらればは得るものがない、と言っても過去を後悔するのが人間というもの。

取り戻せない過去に対する涙が重く、そして切ない。
み

みの感想・評価

4.0
恋人同士だった2人が偶然再会し…

2人の中で思い出たちがまったく色褪せず残っているのが良かった。
最後の泣きながら笑うシーンが究極に切なくて胸が締め付けられた
高校時代の恋人に20年ぶりに再会する。
思い出話をしながら仲睦まじい姿が蘇る。
何故2人は別れたのか?そんな疑問が頭をよぎる…。
30過ぎて観た方が感慨深いかなと思う。
昔は美化される。過去は過去なんだ。
それが今の自分をつくってきたのだから、振り返って後悔ばかりしないで今を見ないとなぁって思った。
それでも思い出は甘美なものだ…。

雰囲気といい、このもうどうにもできない感じ最高すぎる

切ないなあ、大人になったらこういうこと結構あるのかなって思いました

切ない青春映画みたくなった
選択やタイミングを間違えた!って思っちゃった恋愛っていつまでも引きずるよねって話
Mighty

Mightyの感想・評価

4.0
切ない。
あの荷台の上での会話が印象的。
なんだろなー、よく分かる。
伝えたいことを伝えなかったら、無意識でも自分に嘘を付いたら、引きずり続ける
shinya

shinyaの感想・評価

4.5
ビフォアシリーズを彷彿とさせる素晴らしい作品。タイトルはメーテルリンクの青い鳥からきてるのだろうか。
仕事が休みだったので上野の東京国立博物館で開催している運慶展に行こうとしたら月曜は休館と知り、自宅にてNetflix視聴。
prdd

prddの感想・評価

4.0
マーク・デュプラスは過去において、切り刻まれて散り散りになったトラウマが沢山あるんだろうな…今回は思春期の恋かぁ😭あの頃のことなんて、今見たらモノクロームだよな…映像としてじゃなく、事象や臭い、音で組み立てられた世界だよね。
良い恋と思っててもそれは結果論だよ。それよりも今に自信があって、今が幸せならカラーかもね。誰しも今を笑いたいから過去を乗り越える。今笑ってればこそ、過去は色褪せない。今しくじってるから動き出せないし、何回も振り向いてしまう。でもきっとそんな人が多いんじゃないかなぁ…特に恋愛は。だからこそ、愛の話はずーっと永遠のテーマなんだよな。
少なくとも私はそうだわ…痛いねえ、これ。ララランド思い出したわ。あれはまさに現在のが幸せな2人の、色彩と音楽で目一杯演出した「If」よねえ。
>|