きみに読む物語の作品情報・感想・評価・動画配信

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

1番好きな恋愛映画。ほんとによかったしすごく泣いた。
途中途中のおじいさんおばあさんがなにか紐解けていくのに心がきゅ〜っとした。
素敵すぎる!
miho

mihoの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

昔観て感動した記憶はあるけど、内容をよく覚えてなかったから改めて鑑賞

冒頭の
“私はどこにでもいる、平凡な思想の平凡な男だ。平凡な人生を歩み、名を残すことなくじきに忘れ去られる。でもある一つだけ誰にも負けなかったことがある。命がけである人を愛した……。私にはそれで充分だ”
このセリフからもう素敵

年老いてからも何も変わらず愛を注ぎ続けるシーン全て素敵だけど、一目惚れで真っ直ぐにアリーを口説く出会ってすぐのシーンも大好き

仕事柄、認知症の方と関わる機会も多かったからノアの行動がどれだけすごいことか胸が苦しくなるくらい、本当に愛が深い、涙
記録✍️

名作だと思います…!
ありがちなストーリーだけど、
年老いても、お互いを想う気持ちが物凄く伝わるし、素敵。
大好きな人の事が、もっと大好きになるような。そんな感じ。
み

みの感想・評価

2.5
もしかして、中学のときとかに視聴覚室とかで見てたかな…?まぁ良い話。
harry

harryの感想・評価

4.7
ストーリーの始めあたりからたぶんこうだろうって予想は立ってたけどその結末までがすごく待ち遠しくてでも物語がずっと続いてほしくて…
離れても7年も想い続けるノアにも、想い出が少しずつこぼれていくのをまた拾ってそれをかき集めて何度も何度も読み続けていつでもそばにいたデュークにも胸を打たれた…
悲しいはずなのになぜか悲しいよりも心が暖かくなる終わり方…何度見てもいい名作✨
コッチ

コッチの感想・評価

3.0
胸が熱くなるような感動したくて見たんだけど。
クレイジーな求愛からの、恋愛にラリったカップルを、いつ面白くなるんだろと思いながら観てた。
こんな男性を選んだら幸せにはなれないからね!とか思いながら見てた。

ふたりの愛が現実的でないので終始平坦な目線で見てしまった。
pon

ponの感想・評価

4.2
老人ホームでおじいさんがおばあさんにあるカップルのお話を読んであげる。ノアは木こりで大したお金を稼ぐことなく、アリーは大学に通う資産家の娘。ノアはアリーに一目惚れし、そこから猛アプローチをかけて付き合うことに。アリーの親はノアの職業を知り、一夏の恋として2人の間を引き裂いてしまう。そして別々の道を歩み始めた二人だったが…

2回目の視聴ですが、1回目はだいぶ前に観たこともあって全然覚えておらず、そしてあんま良いイメージもなかったので、もう一回観ることを敬遠しておりましたが、めっちゃ良かったです!!

自分がアリーならどうするだろうか…
そして自分がノアならどうするだろうか…

何かアリーの行動はずるいかな?っと思ったりもしましたが、自分がアリーでも同じ行動取りますね。ノアだとしたら、次の人に間違いなくいってますが、逆にこの人が運命の人で、この人じゃないと絶対にダメだっと思えるような人に出会ったことがないからかもしれませんね。お互いに心の底からそう思えるって素敵ですし、老いてもそう思えるカップルって理想です。

ただこういう理想のカップル系映画を観てしまうと、熟年離婚確定系夫婦の自分達とのギャップに心がいたくなっちゃうところがあります笑
眩しすぎるほどの純愛だった
心が洗われたような気がした笑
映画がならではの美しさがあった
未亡人とロンもいいのよ😢
Tatsu

Tatsuの感想・評価

3.0
この映画の為だけに
HULUに登録したのですが…😰
ワタシ的にはストーリーが読めてしまい、余りグッと来る所がなかったです(汗)
話は美談ですが…
kkk

kkkの感想・評価

5.0
きみに読む"愛の"物語。
なんなん?からのトキメキ。観覧車のシーンやばいけど好き。
親になってみないと分からないだろうけど、娘の幸せを思ってのことだって言うのは分かる。
やっと前を向けるかなって時に、どうにか忘れようとしているのになぜ!?と思いながらも忘れられないこと、忘れられない人っているよね。
しかもそんな人が自分のことをずっと大切にしてくれていたなんて知ったら、、
これぞまさにハッピーエンドよ。
私も最愛の人とこんな死に方したいと思った。
絶対一回は観た方がいい映画No. 1
>|

あなたにおすすめの記事