きみに読む物語の作品情報・感想・評価

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

よくある純愛物語。スコアが高いのは何が評価されているのでしょう。私にはわからない。
えみ

えみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

身分の違う2人の
純粋なラブストーリー

ノアが一途すぎて
アリーが可愛すぎて…
とても切なかった

ひと夏の恋ならまだしも
結婚となればどっちを選ぶのか…
難しい選択だなーと思った。
わたしならノアを選ばないかも 笑笑。


年老いたノアが読み聞かせる物語が
ふたりの実話だと
認知症のアリーが思い出した時の
感動ったら。


寄り添う老いたノアとアリーが
本当に素敵な夫婦で憧れる。


最期のときはふたりで手を繋いで…
幸せすぎる人生だね。

このレビューはネタバレを含みます

前半は少し退屈な感じもあり、なぜこんなにレビューが高いのか、とりあえず観て見ようと思った。中盤手前でこの物語の人達がこのおじいさんたちなんだろうという予想はついた。ただ2人は別の人生を歩み、歳をとってから再会したのだと思っていた。でも実際は夫婦になっていて驚いた!こんなに愛されて、思い合えて幸せすぎる。1度引き裂かれたことにでより愛が深まったのだろう。矢印の先にアリーの絵を描くスペースができていたのにはこみあげてくるものがあった。ここまでで3.8くらいかなと思っていたら最後怒涛のクライマックス。ノアがいなくなり切ない、ナースのいきなはからい、そして一緒に死んでいった。胸があつくなった。あたたかく目頭があつくなった。実話ベースなのも素晴らしい。
アリス

アリスの感想・評価

4.1
原題:The Notebook
<あらすじ>
田舎の材木工場で働く青年ノアと都会に住む裕福なアリーの恋物語を、療養施設で老人が老婦人に読み聞かせる。

「親愛なるきみへ」を観て、また観たくなって鑑賞。やっぱり素敵な作品。

若き日の周りが見えなくなるほど無敵な!に愛し合うふたりを演じるライアンとレイチェルが好き。ライアンの涼しい澄まし顔とレイチェルの最高にキュートな笑顔がほんとにお似合い。あんな風に絵に描いたような青春が羨ましい。
アリーの家でアリーと両親との会話を聞くノアが切なすぎる…

再開後に、ノアがアリーに「僕も彼も両親も関係なく、君はどうしたいの?誰といたいの?」って問うシーンがグッときた。貪るように愛し合うシーンも好き。

最期の素晴らしいラストシーンはいうまでもなく。
りこ

りこの感想・評価

3.0
ライアンゴズリングわけえ…
切ない微笑みが印象的だった。

そしておうちが素敵~~
とーん

とーんの感想・評価

3.5
ずるいけどいい話

ノアが本当に一途すぎて泣ける
アリーがちょっとずるいなあ
one of my best movies!!!
なんか見ても泣けるし、何回も見てる!
良い話です。

レイチェル・マクアダムスのかわいさが有り余って弾け飛んでるよ最高。

なぜかSFだと思って観たら普通にラブストーリーでびっくりした。SFだと思い込んでいた自分に。

最後らへんの落とし文句がとても良かった。これが愛だった。
るな

るなの感想・評価

4.6
懐かしく感じた。
周りが見えない恋で
喧嘩で強気で怒鳴るけどすぐ
弱くなっちゃうところが共感する。
チーズ

チーズの感想・評価

4.0
ずーーーっと観たくて、やーーーっと観れた!!楽しくて、けど切なくて、わーーーってなった、ライアンが若い&サングラス姿がツボすぎる、それだけで観る価値あった
アリーが可愛くて愛おしくて、あんな女の子になりたいなぁ、と思ったり
>|