点の作品情報・感想・評価

2017年製作の映画)

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:26分

3.5

あらすじ

田舎町で床屋を営む理容師の高志(山田孝之)。夏のある日、幼馴染で高校時代の恋人・ともえ(中村ゆり)がやって来る。 14年ぶりに再会した二人。あの頃と今が交錯して、会話はどこかぎこちない。「結婚式のためにうなじの毛を剃って」とお願いするともえ。高志は少し戸惑いながらも、ともえを店の中へ案内する。

「点」に投稿された感想・評価

たった30分に満たない2人のぎこちない会話から、埋めることの出来ない十数年間の時間が距離になって滲み出てくる。
目線が合っているのか、合っていないのか分からない2人が見ていて切ない。
r

rの感想・評価

3.3
たまたま街中で 元彼に数遇した時
ぎこちない会話を数回交わし逃げるよう
その場を後にする___
会いたくもないし 未練なんてないから
後ろも振り向かず立ち去り 夜には忘れてる
_
...今でも たまに思い出す彼
結婚式前夜"あの人に逢いに行こう"
そう決心して逢いに行く程 心残りの彼
珍しく緊張気味で 心と身体がついてこない
久々の再会に 辿々しい ぎこちない会話
お互いが 綺麗に ふっきれてなくて
さぐりさぐり 思い出を紐解いていく___
_
一緒に見た景色 個性の強い友人の話
所属してた部活動 食べかたの癖 別れた理由
_
なぜ 私はこの機に彼を思い
"彼"に逢いに来たのだろうか
帰り道 全速力で駆け抜ける自転車の中
蝉の鳴き声 大量に干された洗濯物の風景
赤いソファに座る彼の姿を目に灼きつける
彼に逢いにきた理由が何となく分かった気がした
_
_
yonigeのワンルーム聴いてから
このSHORT FILMを観ると尚良い♡
MY HAIR IS BADもそうだけど
BANDのSHORT FILMはいいですねü
_
"君の一番にはなれないけど
君も私の一番じゃないよ"
_
30分程なので興味ある方は是非❥❥
jun

junの感想・評価

3.7
この二人のぎこちない距離感が最高
幼馴染で高校時代一時的に付き合ってたような関係性(最高)とはいえ14年も会ってないわけだしもう大人だしでそんな簡単に踏み込めない。

聞きたいことは山ほどあるけど聞けないその歯痒さがゆえにぎこちない会話が良い。中村ゆりさんの表情が最高。

そしてこの2人はもう会うことはないだろうし人生において今日という日は線にはならず点で終わってしまうのかもしれない。せつない。線になってくれ。
yujiro

yujiroの感想・評価

3.6
お互い、何でも知ってたあの頃とは違って、何も知らない…せつねぇ…
山田孝之演技うまいなぁ
centime

centimeの感想・評価

4.0
こういう、日常を切り取ったのも好き。
短編小説みたいだった。
見終わったあと甘酸っぱい気持ちになった。
Emi

Emiの感想・評価

3.3
日常の出来事の一部分。でも、何か踏ん切りがついたり切り替えができた、その理由となる場面を切り抜いた感じ。
「君の一番になれないけど
君もわたしの一番じゃないよ」
ワンルーム
2時間かと思ったら30分で終わってビックリ。

会話だけで、2人の関係性や緊張感が伝わってきた。
見てるこっちがドキドキ。

短編なので、ふとしたときにまた見返したくなりそう。

それにしても、田舎の夏ってなんかドラマチックなんだよなぁ。
中村ゆりさんめちゃくちゃかわいいっす!土曜の昼前にみた前戯ショートムービー
MIYATA

MIYATAの感想・評価

3.8
yonigeのワンルームが主題歌なんだけど、歌詞の続きのような話
付き合っていた頃の些細な事や想い出を思い出しつつも戻れない歯痒さがうまく表現されていて、少し悲しくなる短編映画
山田孝之の演技が良かった〜
>|