「ブルーバレンタイン」に投稿された感想・評価

とてもリアル。

恋人でいたときは無限に愛し合えるように思うけど、夫婦になると些細なことがきっかけで少しずつかつての愛が薄れてゆく。

それがすごくリアルで、ラブホのシーンとか、喧嘩してじゃれ合ってまた喧嘩して。

夫婦には適度な距離感が大事なんだと改めて思った。

今日は嫁に愛してるって言おう。
奥さんが自分の理想とのギャップに耐えきれず、結婚生活が破綻するのはリアリティーがある。合間合間に昔の愛し合っていた時の映像でより悲しみが強調された。ミッシェルウィリアムズとライアンゴズリングどちらも素晴らしい演技でした。ただ本当に子供と旦那さんが可哀想で淡々と終わった後のエンドロールがさらに印象深かった。
最初から最後までよかった!こんなに愛してくれる人はいない!こんなにいい人いないよー!年月経るとわかるかも!ライアンゴズリングやっぱり好き。
恋はいつだってタイミングと偶然でかつデフォで噛み合う筈のないものだなあと痛感
現実やリアルにはロマンスの介在する余地は全くないことが淡々としたタッチで綴られる
最低限パートナーは等身大というか同レベじゃないとね。

回想パートの手持ちカメラが。。😭エンドロールがマジでトドメの一撃
男の人が泣きながら謝ってるとおもしろく見えちゃうの
完全にこのあいだ観たフレンチアルプスのせい。

シンディなんで冷めちゃったの

これをデートムービーだって言ったあの先輩イカれてる
リアル!切ない!よく出来てる!
ここらで、見た順からの振り返り作業をやめて少し違う作品のご紹介。「ブルーバレンタイン」
切ないけど現実は・・・

ディーンは高校のドロップアウト。シンディーは医学生で、不幸な両親と祖母と暮らしている。二人は出会う。シンディーの妊娠が判明して二人は結婚する。元カレのボビーの子供だったが。結婚前に、シンディーの妊娠を知らないボビーは仕事中のディーンをぶんなぐる。

5年後のある週末。ディーンはペンキ屋、シンディーは正看護師。ペットが死んだあと、ディーンはシンディーをモーテルに連れて行こうとする。酒屋でシンディーはボビーを見つける。ボビーは「浮気したことあるか?」と尋ね、シンディーはためらった後「いいえ」と答える。車の中でシンディーは、ボビーに会ったことをディーンに伝え、ディーンはあわてる。モーテルで二人は口論。

翌朝シンディーのボスはシンディーに好意を持っていることを伝える。戸惑うシンディー。

ディーンは酔っぱらって病院に来て面倒を起こし、ボスはシンディーをクビにする。

ディーンは「もう一度チャンスをくれ。娘に片親で育たせるのか」という。

どうするシンディー。

カップルや夫婦でみたらブルーになるよ!👍🏻
凄く切なくて綺麗な話だった
伝えたいことが伝わらなくて凄くもどかしい感じ
いつ消えるかわからない感情なんて信じられない。


友人に勧められて観ました!


元々私は結婚したいと思わない人間だったんですが、絶対結婚しないと強く思いました。笑
やっぱ恋愛ってロクでもないですよね。いつかは無くなる感情なのに。

拗れまくった夫婦の現在と、幸せだった恋人の頃の記憶とが交互に描かれる作品です。

何よりすごいのがライアン・ゴズリングの変化っぷり。
恋人同士の頃のゴズリンは、甘いマスクの優しくユーモアたっぷりのとても素敵な男性です。そりゃ女の子はメロメロになります。
しかし、結婚してからは禿げ上がり、太り、精神的に不安定な人となってしまいました。怒鳴るし殴る。禿げてるのはわざわざ髪の毛を剃るのではなく抜いたそうです。
ゴズリンますます好きになりました。

愛はいつか冷めます。
カップルで未ちゃダメなやつですね。笑
せつない。ハッピーエンドじゃなくてよかった。
>|