ブルーバレンタインの作品情報・感想・評価・動画配信

ブルーバレンタイン2010年製作の映画)

Blue Valentine

上映日:2011年04月23日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ブルーバレンタイン」に投稿された感想・評価

ooooo

oooooの感想・評価

4.0
最高

胸が苦しくなる

結局、みんな同じなのかもしれない
タイミングとか色々
結婚は辛いものではない
思い思われなければ。
見返りも求めない

あのホテル行きたい。
Jiro

Jiroの感想・評価

3.7
みなさん、さぞかしブルーな気持ちになりましたか?
結婚なんかしちまったら、気が狂いそうになるよな😇😎


っていう、監督の声が聞こえて来た。

この痴話喧嘩を傍観している僕たち観客も途中から、心の中で、

うん、分かっているよ、もう無理そうなのは直感でわかる、だからせめて最後だけは穏便に話をすすめて、お願いしますー

って感じやったのに、



(病院のシーン)


やめてーーーーーーーー!ーーーーー!

恋に恋する若造たちに愛することの難しさを説く少しエロめの恋愛教育ムービーです。(ミシェル・ウィリアムズが好きな人は最高の映画だとは断言できます)

これを観て結婚生活は無理ですわって思うのもいいし、消えゆくことが定めの感情を信じてみる、っていうのもいい。

とにかく、重く現実的で生々しくあり、キラキラ青春ラブムービーで、一度心を浄化することをお勧めいたします。この映画の内容が頭にこびりついたままだとあまり良くない。😂

結婚に幻想を抱いている若造はこの映画で一度リセットして、もう一度、結婚について考えてみると良い。笑

結婚生活の頂点の一番愛おしい時間は、花火のように一瞬で散りゆくだなぁ。それは悲しくもある。

ただし、どんなに最悪の破綻の仕方だとしても、2人の時間が否定されるような気持ちになっても、あの打ち上げ花火のように美しく何物にも替えがたい時間が存在したことは確かなのだから、そこまで全てを否定することはやめなよ、結婚生活がうまくいかなかったからといって、という監督の声がまたこのレビューを書きながら聞こえてきた。。


男女で見方が変わるだろうが、自分含め男目線としては、ディーンにやっぱり肩を持っちゃうし、シンディーのフットワークの軽さが元の原因じゃんってやっぱり思っちゃう。
でも美人で好きになっちゃうし、惚れ過ぎるとよくないのは分かってても、美人に翻弄されるのは男の性やし、
美人彼女に男が寄ってくるのはわかっていても嫉妬するし、女々しくなる。(しかもシンディーは押しに弱いから尚更心配になりそう)
そんな状態では女の子が求めているものを冷静に察知できるはずもなく、

どこを直したらいいんだ?もう一度生まれ変わるからチャンスをくれーーー!
ってディーンみたいになるわ


しかもシンディーは心の中で感情を咀嚼するタイプで、ここを直してほしいみたいなことは、酔っ払ったときにぽろっと言う程度。それじゃ、ゾッコン状態の男には理解できないよ。

シンディーからすれば私の感情察してよ!だろうけど、、
ディーンはゾッコンで一目惚れやったし、突っ走るタイプやから、結婚という選択時に、どこまできちんと未来図を描いていたかは謎だが、少なくとも最低限ペンキ塗りの仕事はしていたし、仕事に熱量を注ぐ代わりに自分の子ではない子に子煩悩で、妊娠に関するごたごたも文句言わずにこれまでやってきた。
たしかに、結婚前の情熱とか、ルックスは衰えているが、少し複雑な事情を考慮すれば、次第点は与えられるべきだと思う。

でも、シンディーからすればある程度の男ならいつでも乗り換えれる状態、(既婚者だと分かっているのに看護師を誘う医者)
じゃあディーンに何を求めていたのかといえば、そうした周りの医者、医療従事者にはない、ある意味ラフで情熱的で直感的な荒々しい魅力。
それが結婚生活が進むにつれて少しずつ失われていったわけだが、それはディーンからすれば家族を守ろうとあえて現実志向に方針を変えたからであり、守るべきものが急に2人も増えたからでもあると推測する。(2人っていうのがポイント)

あの荒々しさが消えてはげてしまったディーンに幻滅したとしても、愛することを先に放棄したのはシンディーの方ではないか。

僕の勝手な推測ではあるが、シンディーの恋愛の特性、遍歴的に、比較的短期間で次のパートナーを見つけるかもしれない。そこでディーンとは出来るだけ真逆のタイプ、つまり仕事に熱心で情熱を傾けるワーカホリックタイプの人間を選びそうな気がする。そうなると、ディーンとは共有出来た家族の時間が持てなくなり、そこに不満を持つようになり、それがいずれ爆発して、再び取り返しの付かないことになるんじゃないか。と勝手に予想している。

すべてにおいて丁度良いみたいな理想のパートナーと出会うことは美貌を持ってしても難しい。無い物ねだりをしたがる気持ちもわかる。でも、堕さず出産をすると決めたあの苦痛を共にしてくれたディーンをもう一度信じる気になれなかったのだろうか。なにが決定的に愛することを放棄させたのか。女性の皆様、ディーンのどこがダメだったか是非とも教えていただきたい。。
美人とは言えちょっと冷酷だよと全世界の男がブルーな気持ちになったのであった。完
価値観はしっかり見定めなきゃダメだね
心を痛ぶられたよまったく
み

みの感想・評価

3.3
あらすじ知らずに見てしまった。こんなに哀しい話あっていいの!どこにでもありそうな、恋の始まりと終わりだけど、あんなに意地が悪い組み合わせのラスト、あり!?ライアン・ゴズリングははげてもかっこいい!

このレビューはネタバレを含みます

2人が結婚するまでの上り調子と破局するまでを入れ替りに物語が進んで行く。
なんか寂しく歯痒い映画でした。

良い映画ですよ。
アユ

アユの感想・評価

3.0
見ていてしんどくなった。
結婚は良くも悪くもタイミングですね。
どんなにいい父でも、四六時中タバコ吸ってて朝8時から酒飲んでる男はなんだかなーと思ってしまう。
恋に落ちた相手が自分にふさわしいかよく見極めないといけませんが、そうもいかないのが現実です。
過去のシーンはロマンチックで開放的で明るい
対して現在は残酷で閉塞的で冷たい
この対比が見事にはっきり分かる

過去の最後のシーンが光に消えていったのが印象的でまるで夢だったんじゃないかって思う

永遠に変わらない愛なんて無いと思うけど、
愛の形を変え続けて2人で歩んでいけたらよかったんだろうな
ハッピーエンドが好きな私が、この作品に魅かれるのは色々考えさせられたからだと思う。

"永遠に変わらない愛なんて、ないの"がキャッチコピーのように、お互いのすれ違いがとてもリアルで切ない。
7年前の過去と現実を交互に描いていて、自分の子供でもないのに娘に深い愛情を捧げるディーン。だけど酒癖の悪さや日頃色々とだらしないところに不満を抱えるシンディ。

こんなに泣くと思ってなかったから自分でもびっくりした。
YOU AND MEの曲のシーンも良かった。
そしてさすがのライアンゴズリング。いつも演技が素敵で引き込まれる。ミシェルウィリアムズもナチュラル、可愛かった。

このレビューはネタバレを含みます

結婚を前提に同棲してる彼氏と喧嘩して「明日家出るから」って言われたタイミングでこの映画を観た。

愛し合ってる時と別れる時の対比が自分と重なって、終始しんどかった。

付き合い始めの頃の初々しい気持ちを思い出して「なんで今喧嘩してるんだろう、早く仲直りしなきゃ」
という気持ちと
「これからもし付き合い続けても我慢できなくなるところが沢山出てくるんだろうな、幸せが続く保証はないんだろうな」
という気持ちが交互にきた。
何かヒントを貰えると思ってこの映画をみたけど、ますます分からなくなっちゃったな…

ディーンの性格が彼氏と似ててつらい。
シンディにはめちゃめちゃ共感したんだけど、この映画のレビュー欄みてるとシンディが叩かれてて(笑)、私、結婚しても幸せになれないのでは…?と思った。
円満夫婦ってどうやったらなれるんだー?
aaaa

aaaaの感想・評価

3.3
見たくないものを見ちゃった感じ。マリッジストーリーとかクレイマー見たときみたいな感情。リアルすぎる世界からは目を逸らしたいよー。
>|