ブルーバレンタインの作品情報・感想・評価

ブルーバレンタイン2010年製作の映画)

BLUE VALENTINE

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.7

「ブルーバレンタイン」に投稿された感想・評価

clementine

clementineの感想・評価

3.5
築くあげていく過程と築き上げたものが壊れていく過程。
なにがふたりをこうさせたのか、分からないけど気づいた時にはもう遅いってやつ。
パパの愛は本物だと思うんだが、、他人には解らない男と女。
タカミ

タカミの感想・評価

3.5
女性はギリギリまで頑張るからダメと思ったらもうダメ本当にダメ。
男性は上手くやれてると高を括ってたら何か悪かった?もう1回やろ。
が、多い気がする。イメージ。
私が奥さんだとして、ああ、ダメだと思ったのは
愛犬のことで悲しんでる気持ちは一緒なのに「鍵をかけろと言ったろ!」と、ご主人から先ず自分の過失を責められるところ。
そういう人いるいる💧
逃げ道がないから行き詰まってお終いなのに。
花火のように打ち上がって散るのが恋ならば。
結婚されてる皆さん一体どうしてるの?
見事な花火を脳裏に刻んで再生してる?
それとも種火が残ってる?
まさかの今でもパンパン打ち上がってる?
教えてよ😭
超リアルな恋愛映画。
ayumiccc

ayumicccの感想・評価

4.2
主演の2人が素晴らしすぎた。ライアン・ゴズリングの目、めっっちゃよかった。
コレ!!っていうはっきりとした問題はないのに、どんどん深まる2人の溝がたまらなく寂しくて本当にリアル。エンディングの演出も相当厳しい。
好きとか愛とかキラキラしてたあの時の気持ち、ほんとどこ行っちゃったの?ってなる。

レビュー見てると、やっぱり男と女は全然別の生き物なんだなと感じた。旦那側に同情したくなる作りだったけど、よーく観てると奥さんがああなる気持ちも分からんでもない。だからどちらにも幸せになってほしい。もちろん娘にも。

と、かなりいろいろ悶々とする作品だった。鑑賞中"(500)日のサマー"を思い出した。
切ない。

ただ切ない。

けど凄く分かる映画だった
凄い自分と共感してしまった。。

人それぞれ愛の大きさ、器、
飽きる、飽きない、表現の違い
色々あるけどあんなにお互い
愛し合っていたのにって感じ。

ただ個人的に展開が難しかった。
マル

マルの感想・評価

4.0
上手くいかなくなった男女を見事に描いている。その始まりが理屈でないように、終わりも理屈ではないのかも。
構成が切ない。そしてあんなすごいエンディング初めてみた。
夫であり父であることの他に人生の目的を何も持たない(持たなくなった)男。
ダメなやつだけど、優しい男。
おでこ禿げ散らかしてるけど、
とってもとっても優しい男。
切ないを通り越して、どうしようもない。
途方に暮れるっていったほうが近いのかな。

もうあそこまでいってしまったら本当にどうしようもないよね。

時間と心の余裕がないと見れない作品だと思いました。
You and me,
You and me,
Nobody baby but you and me.
T

Tの感想・評価

3.6
過去と現在が交錯する描き方によって現実の痛みがこれでもかというくらい重くのしかかってくる作品、観ている途中ひたすら気持ちが後ろに引っ張られる、なかなかキツい映画だけど長く時間をおいてまた観てみたい気持ちもある

ライアンゴズリングって本当にどうしようもない役が似合うし、今回もすごくよかったです
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.8
驚いたことに全く価値観の違う我々夫婦で見解がほぼ一緒だった。それほど普遍的な夫婦の危機をよく描けてるってことだよね。わたしは完全にハゲの旦那側の人間なので、どうしてあんなにもハゲが奥さんに愛してる愛してると言うのかよく分かった、けど、依存を愛と呼び自己確立の曖昧さを寛容とするのは相手に対して卑怯すぎるので、ハゲが実は良い人だろうがわたしは良しとはしないよ!奥さんも十分卑怯なんだけどさ。でもこれは悲しいけど、本当に夫婦のデフォ・ステレオタイプです・・・みんな一度はこうなるんだよ(´・_・`)
>|