ブルーバレンタインの作品情報・感想・評価・動画配信

ブルーバレンタイン2010年製作の映画)

Blue Valentine

上映日:2011年04月23日

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ブルーバレンタイン」に投稿された感想・評価

Haruka

Harukaの感想・評価

3.9
ベタ甘のラブストーリーなんかではなく、"マリッジストーリー"みたいな愛が冷めてしまった夫婦の過去と現在を描いている。甘いシーンですら、テンションは上げさせてくれないタイプの恋愛映画。

日本ではおそらく、医者を志す元カレとの子供はらんじゃった女を、ライアンゴズリングみたいに手放しに愛してくれる男、そうそういないよ?過去の2人の楽しい思い出はすごーく幸せそうなのに、現在は気持ちのすれ違い。基本的に、夫婦ってこんなもんじゃないかな、とか思ってしまう。別れたい気持ちもある、けど情も湧く。

いつか廃れてしまう愛のために、今から愛を諦めても、いいんじゃないか?と思ってしまう。でもって荒廃した自分の心に光をもたらすような相手が現れたら、スーーンて気持ちのっちゃうよね
・観た。避け続けてきたが、ついに観た。

・悪化する過程の詳細な描写がないので、私はデュークの方に感情移入。ただ、『詳細な描写がなくとも、悪化する過程を理解できる』こと自体、自分のいまの生活への警鐘なのかもしれない。

・『愛』というのは失われていく可能性の高い脆いもの。もしくは時々刻々と変わっていくもの。その性質を自覚せねばならない。最初の頃に持ってた『愛』をどこかで忘れずに、相手に対するリスペクトと、相手が何を求めているのかを常に探して寄り添わないといけない。失われてるものと自分で思ってたが、この映画をみて、まだ少し残ってると自覚した。もう少し早くみときゃよかったな。恋愛や夫婦関係の教科書っていうより、自動車教習所でみせられる『アレ』に近いと思った。最後のシーンは本当にきつい……。どのタイミングがいいんだろなー。結婚前はあんまりかなー。結婚して数年たってから観たほうがいいかなー。5年目くらい。『愛』『夫婦』について考えたいすべての人間にすすめたい至極、そして地獄の映画である。

・ミシェルウィリアムズ、好きじゃあなかったんだが、好きになりました。パイだしてるし、目の演技が上手。ライアンゴズリングは言うことなし。彼が出てる映画にハズレなし。
kariki

karikiの感想・評価

3.2
2回目。内容忘れてて、再鑑賞。ラスト泣けた。主役の2人とても良い。
湖土

湖土の感想・評価

-
ディーン! 優しい大好き
いいじゃん ペンキ屋さん
子煩悩な お父ちゃん最高

ウクレレ 歌うね 踊るね!
デイジーの花の髪飾り
娘フランキーめちゃ可愛い
こ

この感想・評価

3.8
恋愛と結婚の違いについて考えさせられた

どちらが悪いとかではないが向いてる方向の違いがすれ違いや温度差を生じさせたのではと感じた。向き合っているか同じ方向を見つめているか

悪いところを治すだけでは根本の改善にはならないし変わったと信じきってるのは現実から逃げている自分だけなのだなと考えさせられた
せきね

せきねの感想・評価

2.0
愛は、本当は続きたい。

他の家族とは少しだけ違う。
何かが徐々に蓄積されていって、あるとき限界が来る。

嫌なとこ言って、言ってくれたら直すから。とかそういうことじゃないんだよね、愛って。
そんな愛が繊細に描かれていたと思います。

映画としての面白さとなると厳しめになっちゃいます。
ま

まの感想・評価

-
しんどかった〜〜〜〜〜でもいい映画

ライアンゴズリング、髪の毛抜いたんだもんな…
なす

なすの感想・評価

3.0
子供が可愛そうだと思った。ああいう結末になる前にどうにかできなかったのかなと思う。なんで結婚したんだろう、離婚するなら子供が産まれる前にすればよかったと思う。
西瓜

西瓜の感想・評価

-
映画としては最高の出来だって分かっている、、分かっているけど苦しすぎる。
人生において最高な瞬間と最悪な瞬間が交差する。
花火ってこんな見てられないっけ、、、。

人を愛することと自分の人生の両立ができるのは正直言って高校生までで、以降、大人の恋愛には少なくとも何かしら犠牲にしてきた。しかも犠牲にする数は相手と等しく、常に均等でなければ何処かで損得感情が生まれて崩れてしまう。認め合うって難しい。両親は偉大です。
すっごくリアルではあるし痛感する、あるあるも多分に含まれてる。

ではそれをこの形式で描いたからと言ってなんだというのか。
とてもリアルな破滅を心動かされることもなく眺めるしかないような。

ミシェルウィリアムズの乳首ぽっち着衣と、美乳ヌード以外に加点する要素が…
>|

あなたにおすすめの記事