インフォ・メン ~獣の笑み、ゲスの涙~の作品情報・感想・評価

インフォ・メン ~獣の笑み、ゲスの涙~2016年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:99分

2.9

あらすじ

22歳のフリーター、悟志(鈴木勤)は、ゆかり(岸明日香)から、悟志との一夜の過ちで「妊娠した」と言われ、責任をとらされる事に。闇金で、300万円を借りる羽目になるが、その金を落としてしまう。金に困った悟志は、無料案内所「インフォメン」に飛び込み、店長の面接を受け、案内所で働く事になる。慣れない夜の世界で、キャバクラ「CLUB ZOO」のキャバ嬢、カオリ(逢澤みちる)と出会い、淡い恋心を抱くように…

22歳のフリーター、悟志(鈴木勤)は、ゆかり(岸明日香)から、悟志との一夜の過ちで「妊娠した」と言われ、責任をとらされる事に。闇金で、300万円を借りる羽目になるが、その金を落としてしまう。金に困った悟志は、無料案内所「インフォメン」に飛び込み、店長の面接を受け、案内所で働く事になる。慣れない夜の世界で、キャバクラ「CLUB ZOO」のキャバ嬢、カオリ(逢澤みちる)と出会い、淡い恋心を抱くようになる。

「インフォ・メン ~獣の笑み、ゲスの涙~」に投稿された感想・評価

もえ

もえの感想・評価

2.6
大阪なんば題材なのが単純に嬉しい作品。本当に実在する案内所、と言っていた通り、先日帰省した時に目撃して1人密かに喜んでいた。
鈴木勤がごんごん語と共演者から言われたエセ大阪弁は思ったより気にならなかった。
クズ感、と言うよりはヘタレ感が滲み出ていて飽きずにエンドロールまで観れた。
細かい設定で気になるところが残ったけどそこはご想像におまかせで、という事かな?解明しなくても問題はないからいいのかな。
金髪の悪い人、ラスボス感がとても迫力あった。彼の過去に何があったんだろう…。
主題歌の声も綺麗でした。