小川町セレナーデの作品情報・感想・評価・動画配信

「小川町セレナーデ」に投稿された感想・評価

柴

柴の感想・評価

-
そうなんだよね
生きてりゃいいのよ、生きてりゃ
勝手に感情移入しちゃってレディースデーのとこ泣きそうになっちゃった

さよこはまだまだこれから色んなこと経験して、向こう10年は芋っぽいままでいて欲しいなぁ
安田顕のオカマ役、ノンフィクションのマキさんを感じさせられた。
mmsrr

mmsrrの感想・評価

3.3
この初オカマ役がのちの問題のあるレストランのハイジ役に繋がったのなら監督には足を向けて寝られない。
最後の大杉漣とのやりとりで控えめに微笑むエンジェルが一番美しかった。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.8
ひょんなことからいわゆるオカマとの間に娘を授かり、水商売しつつの母子家庭としての奮闘成長記で…やがて、成長した娘と父親であるオカマと、何とニセオカマバーを開店させるってな展開が実にユニーク。

うん、派手さのない下町人情ドラマに近いゆえ、過度の期待は禁物だが・・・ホント、本作も実に味のある余韻になってるのがいい。

そう、TVドラマに続いての安田顕のオカマっぷりは流石。
さらには、久しぶりの須藤理彩もグッジョブだし・・・正統派美人の藤本泉も印象に残る。
こちょ

こちょの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

オカマバーのくだりからついていけなくなった。オカマバーをやりたいがために小夜子のキャラをねじ曲げておかしくなっていったふうに思える。内気で惚れっぽくて男運のない女の子という描かれ方をしていたのに、なんで急にバカなことを言い出したのか?それならもっとバカっぽい描写をいれていてほしかった。
ヤスケンのオネエ役が上手すぎたことだけが救い。
saba

sabaの感想・評価

3.0
内容はまあ普通
そう気構える必要もなく、軽くサクッと見れる

安田さん目当てだが、想像以上に素晴らしい姿を堪能でき、彼の技量に驚かされた
エンジェルちゃんに諭吉握らせちゃう

みーんな楽しく幸せに生活してね
kuroko

kurokoの感想・評価

-
スナック小夜子へようこそ。

シングルマザーの真奈美は娘小夜子を育てるため細々とではあるが常連に囲まれスナック小夜子を営んでいたが、借金で立ち行かなくなり惜しまれつつ閉店することに。
しかしお店を守りたい娘小夜子は隣町で繁盛しているおかまバーの真似をすると言い出した。

顕ちゃんのベテランおかま感の凄さよ!
NACSのイケメン担当とはいえ美くしすぎて色気ダダ漏れ(笑)。
小夜子ちゃんは最終的に幸せになれるのかな。

エンジェルさんの「男に生まれてきちゃったけど心は女なの。だから私は女が好きな男が好きなのよ」この思いによって本物の女より女性らしさが磨かれて行くんだなと思う。

本物の女だからって胡座かいてんじゃないわよって言われた気がした。。。

2020-113
よるこ

よるこの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

かつてゲイの親友との間に子供を産み、潰れそうで借金取りが日参するスナックでママをする毎日。店に自分の名前をつけられた娘は一度は東京へ行くものの、恋に破れて帰ってきた。隣町のゲイバーでその楽しさを知り、店をゲイバーにしようと奮闘し、そうとは知らず自分の父にダンスやステージを習う事に…

須藤理彩と安田顕のかけあいが楽しい。
なんかもっとグッとくるやつを期待してた
娘の圧倒的力不足なかんじ、。
何考えてるか伝わってこんくて見てて嫌んなる。胸にこもってる感じしないからかな。家でていくシーンとか、えそれが母と子の関係性?みたいな。多様性あるにしても関係性が見えないのは成り立ってない気がする。
安田顕さんのオネェ美しくて最高。
すごいそこはよかった。
あとつまらん。。
久々にみすた
あらすじ読んで、もっとごちゃごちゃややこしい事になるのかな?と思いきや淡々と穏やかに進んでく母娘のお店の再起を掛けた奮闘記。

そこに馴染んで溶け込むエンジェルさんが中弛みしそうなストーリー展開の中で良いスパイスになっていて、飽きることなく最後まで楽しんで観られました。

ヤスケンさん、凄く綺麗だったなぁ♪
派手めなお洋服が、それはそれはとてもよく似合っていてダンスレッスンの時の練習着姿とか可愛かったです。
ショーの衣装も素敵だったけど、私服が素敵過ぎ。
派手な色使いやデザインだから一歩間違えば下品になりそうなのに全然下品に見えなくて、すごく魅力的な女性を演じたヤスケンさんスゴいです。

大杉漣さん演じるラーメン屋の大将とのやり取りも、ほんの数分のシーンなんですが、すごく印象に残って好きなシーンの1つです。
さり気ない大将の言葉に嬉しそうにはにかむエンジェルさん、可愛すぎました!
>|