罪とバスの作品情報・感想・評価

罪とバス2016年製作の映画)

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:30分

3.1

「罪とバス」に投稿された感想・評価

AAA

AAAの感想・評価

3.0
みんな義務みたいにタバコを吸って、女は身体を売り、ダメな男と恋に落ちる。
誰に共感すれば良いのか、いまいちよくわからなかった。

深水元基は日本映画において、決して褒められたものではない性行為をしがち。
銭子

銭子の感想・評価

-
関ちゃん!関ちゃんはもっと出来る子でしょ!な感想。

それぞれ背景があり過ぎで、よく30分にまとめたなと思う。

NDJC作品だが、自主制作っぽくなく豪華。
側はかっこいいんだけど、中身を感じない。
あとストーリー的に主人公の彼女は要らないんじゃないかな。
ii

iiの感想・評価

2.0
んなこたない。田舎でのさばるヤクザ風運送業男はいても喧嘩はしないと思う。
河井青葉がアイリーンの時のような感じで出てたけど。 全て消化不良。風呂敷広げすぎたけどビリビリ
阿部進之介さんなんかすきなんですよね。
話は短編なんで各人物像が掘り下げられてなかったのが残念なところ。
女の子の頭突きの場面がかっこよかったかな。
バスはバスでもワーゲンバスかぁ…
路線バスも観光バスも高速バスも送迎バスもスクールバスも護送車も出てこないから、ちょっとがっかり…罪です
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
母親に捨てられた兄弟
妻に見限られた男性(兄弟の弟)
身体を売っている母親を持つ娘

…登場人物たち…それぞれが色々なものを抱えている…

「泥くさい」…人間らしいな…
「ポンコツはポンコツらしく」…良いじゃない…「一所懸命」生きているんだから…♡

「一度壊れたもの」…直せるものもあれば、直せないものも…あるけれど…
やっぱり「前に」進むしか…ないな…と思う…

30分…という尺の中に…「色々な人間模様」が描かれていて…
見応えがあった…☆

古臭いかもしれないけれど…私は好きだな…この作品…♡

登場人物、皆んなが…「愛おしい」…(o^^o)

「若手映画作家育成プロジェクト」2015年度作品…☆
泥臭い昭和映画みたい
お兄ちゃんの顔のシーンにいろんな覚悟を見た気がした
マト

マトの感想・評価

2.5
ストーリーも演出も今っぽくなくて古い昭和の映画みたい。いかんせん各登場人物の背景やそれぞれの関係を考えたら30分の尺に収めようってところに無理がある。弟なんて出てくる必要さほどないやん。
河井青葉さんのスタイルは今作でもお見事ですが、関西弁はもうちょっと頑張って。
笛木優子さん少ししか出てこないけど水商売のいい女オーラ醸し出してて色っぽい。カレーを美味しく作れる女は信頼できる。
日本のドラマらしいドラマで、現実とはかけ離れた主人公のダンディズムなどがちょっと苦手。

個人的には、主人公が好意を寄せている女性が悪く描かれすぎで、娘捨てて男と駆け落ち、彼氏の上司に体売る、会社の金着服、とかその辺りの動機が欲しかったなー。
>|

あなたにおすすめの記事