罪とバスの作品情報・感想・評価

『罪とバス』に投稿された感想・評価

ポチ

ポチの感想・評価

2.9
家庭環境?!に問題を抱えるそれぞれ……

とてもじゃないが楽しい内容ではない事はわかって貰えると思う。。。

それをもっと何が伝えたいのかわかる作品になってたら良かったのになぁ~って思う……

好きな俳優さんが出てた事だけで、ラストまで鑑賞したけど……
私はあまり好きではない( °Д°)💦
今や高校生の娘を持ったかつてのクラスのマドンナの失踪した今カレを、ある近所の兄弟が探す🔍・・・


なんかややこしい人間関係の数々をよくこんな30分に詰め込んだなー。
みんなそつなくやってくれよ😳。

閉鎖感がデフォルメされた田舎。
中古車販売店に解体業者にスナック...。笑
こんな舞台で面白くなるには、何人か人が死ななければいけないかなー😈😈笑

2022.7.1
mashako

mashakoの感想・評価

-
VIPO(=映像産業振興機構)企画による文化庁委託事業“若手映画作家育成プロジェクト2015”で製作された短編映画の中の1編。

色味が好みで見始めた。30分のショートフィルム。途中離脱せずに観れた。

親に捨てられた兄弟。と、今まさに親に捨てられる子。
う〜ん、結局伝えたいことがよくわからないままでした。
主人公の少年期を”細田佳央太”くんが演ってました。
ラストの落ち葉が舞うシーンは、もう少し自然にやってほしかったかな。
Ryou

Ryouの感想・評価

3.1
内容は短編でやるには
ちょっと厳しかったかな

阿部進之介 河井青葉 笛木優子 深水元基
メンツ最高すぎ
細田佳央太 出てた
AAA

AAAの感想・評価

3.0
みんな義務みたいにタバコを吸って、女は身体を売り、ダメな男と恋に落ちる。
誰に共感すれば良いのか、いまいちよくわからなかった。

深水元基は日本映画において、決して褒められたものではない性行為をしがち。
銭子

銭子の感想・評価

-
関ちゃん!関ちゃんはもっと出来る子でしょ!な感想。

それぞれ背景があり過ぎで、よく30分にまとめたなと思う。

NDJC作品だが、自主制作っぽくなく豪華。
側はかっこいいんだけど、中身を感じない。
あとストーリー的に主人公の彼女は要らないんじゃないかな。
ii

iiの感想・評価

2.0
んなこたない。田舎でのさばるヤクザ風運送業男はいても喧嘩はしないと思う。
河井青葉がアイリーンの時のような感じで出てたけど。 全て消化不良。風呂敷広げすぎたけどビリビリ
阿部進之介さんなんかすきなんですよね。
話は短編なんで各人物像が掘り下げられてなかったのが残念なところ。
女の子の頭突きの場面がかっこよかったかな。
バスはバスでもワーゲンバスかぁ…
路線バスも観光バスも高速バスも送迎バスもスクールバスも護送車も出てこないから、ちょっとがっかり…罪です
>|

あなたにおすすめの記事