闇金ドッグス7の作品情報・感想・評価・動画配信

闇金ドッグス72017年製作の映画)

上映日:2017年09月02日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

「闇金ドッグス7」に投稿された感想・評価

能戸淳

能戸淳の感想・評価

5.0
今回も非常に重いテーマ、そして救いようの無いストーリーだ。
そのテーマとはずばり奨学金問題だ。
明らかに日本学生支援機構の「奨学金」を描いているんだけど、僕も旧日本育英会から奨学金を借りていた身だったので、非常に、身につまされる内容。
ほんと、あれって奨学金という綺麗な言葉に偽装された学生ローンなんだよね。
本作のストーリーは元ホストの青木玄徳さんがメインの話なんだけど、並行して少年愛に金をつぎ込む果てに闇金に手を出す青木玄徳さんの元恩師も登場。
全てが暗く重い現実感満載な内容なんだけど、青木玄徳さんのノリでなんとか最後まで見ていられる。
とはいえ、素晴らしい作品だったね。
キリト

キリトの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

司さんは基本カッコいい(^^)

物語
司は自分が貸した金で人が死んだことで、忠臣の元を離れる。
金を得るために、キャバクラのボーイをすることに。そのキャバクラで司にきつく当たっていたのがエマだった。
エマは姉を介護していた。車の事故で、姉が障がい者となり、さらに大学の奨学金を返すために金が必要だった。
司はそんなエマのために、喧嘩別れしていた忠臣の元へ行き、債権を売ってもらい、その債権を取り立てる。
金をエマの元に持っていく司だが、エマはその金を受け取らない。エマは自分の力で金を返す道を選ぶ。体を売ってでも。
司はまた女性のために闇金の道へ行く。
ゆ

ゆの感想・評価

4.0
切ないけどいい話!
最後アドリブなのか2人とも笑っちゃってて笑った
みずき

みずきの感想・評価

3.5
闇ドで一番今のところ好き。何故なら面接の忠臣さんの可愛さが異常だから。雇って欲し過ぎるけど、二橋大卒は落とされたので私も無理です。
butasu

butasuの感想・評価

3.0
ヒロインにとても好感を持った。運が悪すぎるにも関わらず、彼女は決して状況を周りのせいにしないし、やつあたりしない。奨学金についても、「借りたものは返さないといけない、夢を見させてもらえたから」と言って、人からの援助を受け取らずに自ら風俗に稼ぎに向かう。とても格好良い。5のときもそうだったが、自分の欲とかではなく"介護"で生活が苦しくなっていくのは観ていて本当に辛い。こういう人達にこそ国の援助が与えられるべきだ、なんとかしてやれよ!と5に引き続き憤ってしまう。

ただ、メインの司に関して、どうして彼が闇金に戻る気になったのかがよく分からなかった。そこを一番描きたかった回じゃないのか。闇金に戻ったと知ったら彼女はショックを受けると思うのだが。忠臣や一時雇われが回収できなかった分を司が回収するくだりとかも、司ならではのやり方にしてほしかった。だからこそ忠臣の中に「司に戻ってきてほしい」という思いが生まれる、という流れにすべき。結局お互いほだされて甘やかし合ったようにしか見えず、残念。
ayn

aynの感想・評価

3.8
面白い!最後の終わりかた、笑いながら終わっていったの、この作品で始めて。重いけど今までの重さよりは軽い。ショタコンのおばさんに衝撃うけたけど、それもまた笑える
ドエムシコスキーの縄とムチ新手の風俗店の名前みたいで最後ゲラゲラ笑った
アーメンソーメンとんだザーメンよ!とかショタコンババアキモすぎてゲロだけど名言の嵐すぎてしぬ
奨学金問題は身近すぎてしぬかとおもった 奨学金借りたことないけど
YUKA

YUKAの感想・評価

3.1
他の回よりエグさはないけど派手さもない。最終的に戻っちゃうあたり二人ともちょっと可愛いとこある。
このシリーズはストーリーがしっかりしてて現代社会の問題や闇を必ずしもパッピーエンドともバッドエンドとも言えない切ない話しが多いので闇金ウシジマくんよりも好きですし面白い😊

今回はその奨学金制度でお金を借りて大学まで行ったのに姉が交通事故で介護が必要になり昼は印刷会社で働いて夜はキャバ嬢してるエマと司がメインで話しが進むんだけどラストが切ないね。

あと小学校の教師でありながら小学生の男の子を売春で買ってるとんでもない司の小学校の頃の担任が絡んできたりとなかなか濃い内容になってます。

今回は司が主役だから次回は忠臣が主役の話になるのかな?

あー司役の青木くんが問題起こさなければきっとまだまだシリーズ続いてだかも知れないのに〜。それだけが残念💧
GO

GOの感想・評価

3.4
中年女性が小学生を買春するマーケットがあるとは…。最初おばさんと小学生男児が手を擦りあってマンションから出てきた時は全く意味が分からなかった。