劇場版 黒子のバスケ LAST GAMEの作品情報・感想・評価

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:90分

4.0

あらすじ

ウインターカップで誠凛高校が全国制覇を成し遂げてから数ヶ月後—。2年生になった黒子テツヤたちが夏を終える頃、アメリカからストリートバスケットボールチーム「Jabberwock」が来日した。彼らは親善試合でハイレベルな実力を見せつけたが、同時に日本のプレイヤーたちを見下し嘲笑う姿で観客を騒然とさせる。今回の来日イベントに関わっていた相田景虎は、その態度に激怒しリベンジマッチを宣言。「Jabberw…

ウインターカップで誠凛高校が全国制覇を成し遂げてから数ヶ月後—。2年生になった黒子テツヤたちが夏を終える頃、アメリカからストリートバスケットボールチーム「Jabberwock」が来日した。彼らは親善試合でハイレベルな実力を見せつけたが、同時に日本のプレイヤーたちを見下し嘲笑う姿で観客を騒然とさせる。今回の来日イベントに関わっていた相田景虎は、その態度に激怒しリベンジマッチを宣言。「Jabberwock」に対抗できる最強メンバーとして、黒子と火神、そして「キセキの世代」を集め、今回限りのドリームチーム「VORPAL SWORDS」を結成する!

「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」に投稿された感想・評価

ぺそ

ぺその感想・評価

-
狂ったように通った映画
初日は20170318

なんか暇だなと思ってふらっと見た作品。アニメは好きだったがこういうタイプの映画化はたいてい駄作が多いからあまり期待していない状態での鑑賞。


まあ可もなく不可もなく。

終始無理やり技ねじ込んできたイメージ。
何でもかんでも必殺技出せば面白いわけではない。



それなら緑間に全部渡しとけば無敵なのに青峰とか紫ののっぽとかパスしたがるあたり、エンペラーアイの遊び心が出たのだろうか。


恐るべし赤司征十郎。






結果桃井最高。
キセキの世代のプレーが爽快すぎる。
何度も見返したくなる美技。
キセキの世代それぞれの活躍があって面白かった。短い時間の中でしっかり内容が凝縮されていて引き込まれた。

漫画からの映画って見劣りすることが多い印象だけど、これに関してはその限りではなかった。

最高なバスケ漫画と言えば…
SLAM DUNKと思っていたが、
原作と映画を見て黒子のバスケに傾きつつある。笑
たまたま漫画を見る機会があったのですが、まぁ見事にハマってしまい…
ハマり症なので漫画、アニメともあっという間に見てしまいました。笑

総集編も今作も観て楽しむには原作を知っている事が必須条件かもしれないです!


今作が本当に完結編だと思うと寂しいですが、今まで敵としてライバルとして戦ってきたキセキの世代がまた同じチームで戦うという事がファンへのプレゼント映画だな〜っと。


ちなみに私は黒子と青峰くんが好きです♡(誰も聞いてない)
ゆか

ゆかの感想・評価

5.0
黒バス、本当に大好きっ!!!!!!
原作も買って読んでたけど、それが動いて声もつくと余計くるね…
原作ともまたストーリーが少し変えられてて、漫画を持っている人でもシンプルに楽しめると思う。

黄瀬や赤司、テツくんなどそれぞれで涙腺崩壊…
唯一、緑間には爆笑してた!笑

黒バスが好きすぎて、舞台挨拶と入場プレゼント目当てで2回行ったけど、毎回涙腺崩壊するし、更に黒バスが大大大好きになった♡

『バスケをするのに資格なんていらないはずです』
テツくんの変わらない姿勢。この考え方が、キセキの世代を変えるきっかけだったんだろうな。
賢章くんの声ほんと好きだし、まじで耳福な映画だった…
Starrrrrrr

Starrrrrrrの感想・評価

3.6
キセキの世代がチーム組みっていうドリーム感が熱かった
あとナッシュ・ゴールドがかっこよすぎたw
能力バトルバスケってよくバカにされてるけど、映画見てアニメ見て漫画見て結構面白かったなーって印象。
今回の映画もキセキの世代5人集まってかっこいいシーン詰め込めるだけ詰め込んだファンにたまらない作品で結構面白かったので、原作未視聴者も是非見てハマれる内容だったと思う。
望月

望月の感想・評価

3.5
弟に付き合って観ました。かっこいいしおもしろかった!けど相手チームの外国人が演出上とはいえ悪く描かれすぎてて心配になる(笑)


緑の人が半端なかった
meko

mekoの感想・評価

4.0
17/10/13 ピカデリーにて応援上映鑑賞。

90分しかない中での盛り上げと畳み掛けがすごい。勢いが良いので面白いのだろうなと思います。
どのキャラクターが好きでも大抵は出てきてくれるし、主要なキャラクターの見せ場のシーンは作画も気合が入っていて、好感が持てます。
最後だから、作品が好きな人のために作ってるという感じです。まあこれだけ観る人もなかなかいないとおもいますが。

あ、でも英語の台詞の扱いがちょっと微妙でした。統一したら良かったのに。(心の声だけ日本語、とか)

初めての応援上映でどうしたら良いのか(?)ちょっと戸惑いましたが、みんなこの作品が好きなのだなあと思うと良い時間でした。
>|