黒子のバスケ ウインターカップ総集編 扉の向こうの作品情報・感想・評価

「黒子のバスケ ウインターカップ総集編 扉の向こう」に投稿された感想・評価

美音氏

美音氏の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます


途中までつっこみどころ満載だったけど、決勝の第4クオーターで泣きそうになった(笑)
「本当のゾーン」の描写かっこいい⛹ええチーム

しかし黛千尋!あんたイケメンすぎてぜんぜん幻の6人目になれてないよ!目立っちゃってるよ!

あと氷室の泣きボクロずるい🤷🏻‍♀️私服も美しいんかい

【私が思うバスケ作品あるある】
・シュートフォーム入ってから打つまでの1秒の間にめっちゃ会話する
・リバウンドに特化したキャラ絶対いる
・バスケ詳しいマネージャーとベンチの選手が全部解説してくれる
・現実よりフリースローの回数が圧倒的に少ない
・強い選手ほどゾーン入りがち
・そして孤立してた選手ほど仲間に助けられがち
juju

jujuの感想・評価

3.5
1番熱くなる決勝戦の総集編。
何回見ても泣けるし、赤司のプレイには鳥肌。
泣けるシーン沢山。
なんだけど。
なんだけど。
何故萩原君のシーンがカットなの。
扉の向こう行く前にあるでしょ!
プレイだけじゃないでしょ。って。
やっぱり総集編だ…笑
3rd 見返したくなった。
kazya1129

kazya1129の感想・評価

4.0
20170722鑑賞。
ウィンターカップ総集編の第三弾。
赤司VS緑間と決勝戦。
キセキの世代で緑間くんこと晋ちゃんが一番好きなので鷹尾とのコンビがガンばるシーンはいいなぁと思いながら見てました。
決勝戦は映画と言えるぐらいのクオリティ。演出が熱いねぇ。
面白かったです。
Xavier

Xavierの感想・評価

3.3
ウィンターカップ総集編の第3弾。いよいよ赤司率いる洛山高校との決勝戦。今まで以上にあり得ないプレーが続出。まぁ楽しめました。余談ですが、黒子を見終わった後に、久々SLAM DUNKを読んだのですが、黒子みたいにあり得ないプレーはないものの普通のプレーをスピード感溢れる絵が書かれておりさすがだなぁと思いました。
Tak

Takの感想・評価

3.5
黒バス総集編のラストです。

原作でもおもいましたが、周りの大人が悪いです。教育者しっかり!!です。

完全に太刀打ちできないと思わせてからの激戦復活。

少年マンガの基本です。

ラスボスの展開としては、地味な展開です。ですが、作中でも

決勝戦が必ずしもドラマティックとは限らない。大本命が圧勝、それもまた決勝戦だ。

という趣旨のことを話してます。

とんでない技が山ほど出てきますが、ラスボスの心理は理解できます。地味に見えても、納得のできる試合です。
初めて見ましたが、これをキッカケにマンガやアニメを見てみようと思います(*´∀`)♪
ウィンターカップ総集編の最終章

準決勝の洛山VS秀徳と決勝の誠凛VS洛山の二試合を収録

メインは決勝戦

本当にこのシリーズは試合のみで他のエピソードは入っていないんだね

もう少し収録時間を長くして選手個々の話を入れてもよかったのでは

ウィンターカップ後のエピソードも未収録
キセキの世代のキャプテンである赤司征十郎率いる洛山高校との試合を描いた作品

「すべてに勝つ僕はすべて正しい」「僕に逆らう奴は親でも殺す」など数々の名言を出しキャラが迷走した赤司征十郎。
負けそうになった途端あたふたする赤司君可愛い。
黛のことを最後まで利用しようとする赤司君が見たかったけど、割愛されていました…
yumitaiko

yumitaikoの感想・評価

3.8
最後は結局主人公のチームが勝つのはな〜て感じではあるけど、楽しかった
アニメ全話観るか…むむむ…

ちなみに、洛山は私の出身校がモデル
ぽいど

ぽいどの感想・評価

5.0
結末を知ってても熱くなれて感動した。みんなかっこいいけど個人的に黒子っちは別格。そして毎回だけど挿入歌流すタイミングがズルい。来週公開の映画も必ず観に行く。
>|