ハイキュー!! コンセプトの戦いの作品情報・感想・評価

ハイキュー!! コンセプトの戦い2017年製作の映画)

上映日:2017年09月29日

上映時間:88分

4.0

あらすじ

春の高校バレー宮城県予選、決勝戦 。準決勝で青葉城西を下した烏野が、春高出場を懸けた一戦に挑む。対するは超高校級エース・牛島若利を擁する絶対王者、白鳥沢。烏野は試合序盤から牛島の強烈なスパイクに翻弄され、攻勢に転じようにも天童の鋭いブロックに阻まれてしまう。 これは超えられない壁なのか? 反撃のカギを握るのは、ブロックの要・月島。その冷静かつ執拗なディフェンスで、日向、影山も勢いを増していくが…

春の高校バレー宮城県予選、決勝戦 。準決勝で青葉城西を下した烏野が、春高出場を懸けた一戦に挑む。対するは超高校級エース・牛島若利を擁する絶対王者、白鳥沢。烏野は試合序盤から牛島の強烈なスパイクに翻弄され、攻勢に転じようにも天童の鋭いブロックに阻まれてしまう。 これは超えられない壁なのか? 反撃のカギを握るのは、ブロックの要・月島。その冷静かつ執拗なディフェンスで、日向、影山も勢いを増していくが……。両チーム、コンセプトは違えども激しく打ち合う姿勢は一緒。死闘の果て、最後に笑うのはどっちだ!?

「ハイキュー!! コンセプトの戦い」に投稿された感想・評価

RAN

RANの感想・評価

-
堅実な白鳥沢と型破りな烏野の戦いを“コンセプトの戦い”でまとめたタイトルが良い。

絶対的大エースの若利は誰から見ても美しくて、楽園を失った天童が切なくて、「勝ち」に拘るようになった月島の成長が嬉しくて、スーパーリベロとしてボールを繋ぐ西谷が頼もしくて、交代無しでフルセット戦った澤村・東峰・田中の勇姿が誇らしくて、最早王様ではなくなった影山が愛おしくて、絶対王者に食らいつく日向が勇ましい。
すず

すずの感想・評価

3.0
アニメ3期総集編


烏野 vs 白鳥沢💥

なんと言っても見所は

ウォー\\\\(۶•̀ᴗ•́)۶////ツッキー!!!!!!

はい!これに尽きます(•̀ᴗ•́)و ̑̑
ツッキーだけにね(笑)


ダジャレはさておき
絶対王者な白鳥沢
牛島若利の圧倒的サーブ&スパイク
これを止めないことには試合にならない
この止める、ボールを繋ぐ烏野に
熱くなるよね🔥

でもって攻めの姿勢は緩めない
いつも冷めてるツッキーが
本気で勝ちにきた!
悔しがるツッキーも
雄叫びをあげるツッキーも
どのツッキーも
今まで見たことない
静かな闘志がみなぎってる~🔥

いやー最後は目頭が熱くなっちゃったよ😢

カット新規は白鳥沢のその後
先輩から後輩へのメッセージ
牛若はやっぱり牛若だよね
ガンバレ!後輩たち(๑•̀ㅁ•́ฅ✧


スポーツ最高!
ハイキュー最高!
TVシリーズ4期待ってます!!


余談
[ハイキュー!!]ってフィルマだと関連作品に出てこない。

2018.7.19時点の関連作品を載せときます。

[ハイキュー!! 終わりと始まり]
⇒TVシリーズ1期前半総集編

[ハイキュー!! 勝者と敗者]
⇒TVシリーズ1期後半総集編

[ハイキュー!! 才能とセンス]
⇒TVシリーズ2期総集編

[ハイキュー!! コンセプトの戦い]●本作
⇒TVシリーズ3期総集編
眠り猫

眠り猫の感想・評価

3.6
白布くんの「ああっ!?」が音声ナシだったので、マイナス0.5!
藍沢悟

藍沢悟の感想・評価

3.0
アニメを知っているからこそ、こっちの総集編はあんまり上手じゃない。
新規カットはまあ良かったとして、メインの試合をはしょりすぎて、勿体ない。
2時間使っても全然大丈夫だったんじゃないか?
せっかくの劇場版、尺を気にしたりせず、もっと強気で作って欲しかった。
ハイキュー3期、白鳥沢戦の総集劇場版。

どうしてもいろんな名場面が省略されているのが気になってしまう。上映時間的に仕方ないのもわかるのだけども。

特に山口とか、白鳥沢の面々の活躍がカットされてたのがなぁ。だからなのか少し盛り上がりに欠けたような印象を持った。個人的には白布のファンだけど、あんまり目立たないのが残念だった。

それでもツッキーとかのやっさんとかはかっこいいし、ところどころの名場面はアニメーションもすごく動くので十分熱かった。ラストのラリーもかっこいい。

それにしてもハイキュー、いつまで続くのかなー。
白鳥沢戦でエンディングでも良かったような気も。
hyuGa

hyuGaの感想・評価

3.5
【コンクリ育ちの烏達がが挑む、空の王者の実力は……】

こちらも前作に続きかなり熱い!それに映画総集編にしてはかなりまとめられてる。特にツッキー最高すぎて鼻血が止まらん。
ただ、一度負けた悔しさ混じりの青葉城西戦の方が気持ち高ぶった。
さいか

さいかの感想・評価

4.0
原作153話、アニメには入ってなかった重要なとこ
黒「十分100点の1点に」
赤「いい話だと思って聞いてたのに」
月「でも1点はただの1点ですよね」
赤「・・・まあね」

赤葦の「・・・」部分を聞く為だけに5回観に行った。

ミラクルボーイSa☆To☆Riのおかげでいっぱい笑える
地上波で放送してた全12回をよくこの時間にブツブツにならずにつなげて
ひとつの作品に仕上げたなあー、と感心します。
ネタバレもくそもなく、アニメも漫画も見てない状態でこの映画が最初のハイキュー!!って人はあんまいないと思うので、何度も感動して何回も読み返したり見直したりしてるのに、なんでまんまと同じとこで泣いてしまうんだろうか、と圧し殺したすすり泣きがそこかしこから聞こえる場内で不思議に思いながら自分もやっぱり号泣してました。
卯月

卯月の感想・評価

4.0
才能とセンスに続き、これもアクキー欲しさに3週間前に見てきました。

烏養コーチ……田中一成さんの最後のセリフは、やっぱり号泣しましたね。

青葉城西とは違い、泣くシーンは少なかったんですが、あのセリフに全てを持って行かれました。それだけでも観る価値はあったと思っています。

一つ不満なのは、総集編なので仕方ないことなんですが……天童覚君の幼少期のシーンは入れて欲しかったです。
花

花の感想・評価

4.0
実際に劇場で観たのは三週間ほど前。
その間にハイキュー全巻読み直してアニメ全話観直してました……総集編ということもあり白鳥沢の選手それぞれの背景が大幅にされていたのが物足りなかったので。
白鳥沢の選手みんな好きなんだけどその中でも特にひいきしてる白布くんのキレ顔がカット。残念至極。
でも何故だか青城戦より泣けたんだ〜。五色くんの新規カットでは言わずもがなズビズビ鼻をかんでました。褒められてすくすく伸びる五色くん、めちゃめちゃ可愛い。バレーにはまった月島くんのガッツポーズ、ズビズビ。
そして💩野郎な及川さんがもう〜〜〜最高。翔陽の藤真さんは「見たくはない 海南の勝利も敗北も…」と言ったナイスガイなのに及川さんは「どっちも負けろ」って、は〜最高に愛おしい。
4期を心から楽しみにしてます。はやく梟谷対音駒戦が観たい!