スナックワールド 人嫌いのレニーの作品情報・感想・評価

スナックワールド 人嫌いのレニー2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:9分

3.2

「スナックワールド 人嫌いのレニー」に投稿された感想・評価

 明らかにアニメで育った人間じゃなくてゲームで育った人間が作ったような感触のある3DCGアニメで、そこが物凄く自分には新鮮で面白かった。
 暴力的な場面がやたら長いし、ドラゴンが矢で刺されるリアリティも普通のアニメ映画とは全然違う。それでいて全うなミュージカル映画でもあるし、でもピクサーやドリームワークスが一生しないだろうなというようなゲーム感覚のカメラワークがあったりもして、観どころが本当にたくさんある。
 ヒックとドラゴン系統、もっと広げるとズートピア系の話ではあるのだけれど、物語の着地は大人げないほどシリアスで後味も最高に好き。レベルファイブには今後是非長編で3DCGアニメ映画を作ってほしい。本当に好きな映画だった。
CureTochan

CureTochanの感想・評価

3.5
妖怪ウォッチに併映があるとは知らず、子供が小さいのでさっさと本編に行けよとイラついたのだけど、意外に見どころの多い9分だった。
冒頭がミュージカルになっていて、母ドラゴンの声が素晴らしい。いま調べたら折笠富美子という人で、キュアリズムと同じだという。意外。
食べ物を「とり」にいこう、といって本当にウサギとかを獲っていたのは食育なのかしら。グロ画面になるのかと、ちょっと身構えた。
カメラワークもそこそこ面白いし、話の終わり方もよかった。

問題は背景がよく描かれず、剣の意味とか、食べ物は近くにあるのに母親が3日も何してたのか判然としないことなど。どうもここの点数が低いが、ミュージカル部分があるから評価しないという人がいるのは情けない。

テレビの妖怪ウォッチで、レベルファイブという会社には何も期待してなかったので、本編とともにわりと見直した次第。娘たちには短編は、多分難しくてイマイチだったようだ。
『妖怪ウォッチ』の冒頭に流れた短編アニメ。男児先輩達が「何これ」と呆気に取られていた。レベル5の今年の目玉作のようだが、残念ながら、これだけ見せられても売れなさそうだ。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

2.4
突然のミュージカルに困惑。
レベルファイブはこの手のゲームを
次のエースとして
売り出したいのかな?
KIPPER

KIPPERの感想・評価

3.6
妖怪ウォッチ本編よりもこちらの方が好きでした。
ミュージカル風