田舎のねずみの作品情報・感想・評価

田舎のねずみ1936年製作の映画)

The Country Cousin

製作国:

上映時間:7分

3.2

「田舎のねずみ」に投稿された感想・評価

自分が初めて見たディズニーの短編で、小さい頃はこの作品を穴が空くほど見てたから最近久々に見て懐かしさで泣けた

で思い出したのだけど、子供の頃はネズミが大きく見えるチーズやパセリを食べたりワインを浴びて酔っ払うなんて単純なことすらよくわかっていなかったのだけど、それでもネズミの挙動を眺めているだけで充分すぎるくらい楽しめていて、今思えばそういう理屈がわからないけど面白いものだったからこそ自分は熱中していたのだと思う

つまり理屈を抜きにして単純な挙動のみに面白さが濃縮されている映画こそ真の意味で面白い映画なのではないか、そんなことをこの作品やリュミエール、ジャック・タチらの映画を顧みたときに強く感じた次第
【The Country Cousin】

[01]
20171118-WOWOW
2D-Dubbed

<Walt Disney Short-Film Animation Academy-Awards Selection 5/8>
Aya

Ayaの感想・評価

3.0
都会の暮らしは危険が伴うよってゆうおはなし
酔ったねずみのチャップリン要素笑
猫とネズミとチーズが出てきたらトムとジェリーかと思う(゚∀゚)
りす

りすの感想・評価

2.2
2017年226本目、9月29本目の鑑賞

第9回アカデミー賞短編アニメーション部門受賞作品
ディズニー作品
1936年の作品


80年以上前の作品とは到底思えない
短編アニメーションでありがちな台詞はないスタイルで、音楽と効果音で魅せる作品です

これだけ短いと、どれだけ鑑賞者側に早く設定を理解してもらえるかで受け取る側の面白さに違いが出てきます
今作は登場人物を極力少なくして、なおかつ看板の文字の説明で一瞬にして内容を理解させてます
それにより鑑賞者側は作品にとても入り込みやすいです

実際のネズミはこんなに可愛くないのが残念でなりません
チーズの罠とか、壁の穴とか、トムとジェリーそっくりw

都会の暮らしは楽じゃないってことか。
gon

gonの感想・評価

3.2
田舎のねずみが
無自覚の鈍臭さで
都会のねずみ困らせるから、
早く死んでと思いながら観てた(´-`).。oO
Toppo

Toppoの感想・評価

-
WOWOW『アカデミー賞受賞!ウォルト・ディズニー 短編アニメーション傑作選』
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
「おしゃれキャット」に収録されている短編アニメ…☆

田舎のねずみが、都会のねずみに招かれるところから始まる物語…♪

…きっと初めて食べたり、目にする物ばかりだったと思う…田舎のねずみにとって…☆

台詞はなく、ドタバタ…としているけれど…(笑)
音楽も映像に合っていたよ〜♪

私は、本編より楽しめました…(o^^o)

…1936年製作なんだ〜凄い…‼︎
Hoshiduru

Hoshiduruの感想・評価

2.3
残念ながらそんなに面白くなかった。元の童話は割と好きだった気がしてたのになー。
「自分に合わない」とかじゃなくて、勝手にバタバタして…っていう流れかな。あれ、都会のねずみが色々と迷惑被るんじゃなかろうか…
TaiRa

TaiRaの感想・評価

-
田舎のネズミが都会のネズミに会いに来るカルチャーギャップコメディ。人格を持った残像やゼリーに映った自分と鏡コントやったりなど。
>|