田舎のねずみの作品情報・感想・評価

田舎のねずみ1936年製作の映画)

The Country Cousin

製作国:

上映時間:7分

3.2

「田舎のねずみ」に投稿された感想・評価

田舎モンのドタバタもの

このときのディズニーはアイデンティティを大切にみたいなメッセージの裏に
ある種排他的な意味も込めている風に感じた

時代が時代だしね
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2018.5.30 BS

アルコールの幻覚描写より都会の喧騒描写の方がよりドラッギーで熱量が異様なのが素晴らしい。田舎ネズミのオーバーオールの運動性。
イシ

イシの感想・評価

-
やば~~~~めっちゃなつい
とりあえず懐かしさだけがやばい
ゼリーの感じが外国って思ってた幼少の記憶
犬

犬の感想・評価

3.3
シー

田舎のねずみは、都会のねずみに招待を受けるが....

愉快でした

都会は楽しいことも危険なこともいっぱい

お茶目な感じで笑えました
kag

kagの感想・評価

2.0
田舎のねずみ、都会のねずみ🐭
トムとジェリーに少し似た(というかこっちが先?!)ところがある作品でした。
子猫の次はネズミ

ディズニー映画でネズミとくればミッキーだと思ってたら、トムとジェリーのジェリーによく似たネズミだった。

ネズミが動く。動く。
というかレビューするの難しい。書くことがない。

ただただ動く。動く。

wowow
ヌン

ヌンの感想・評価

-
シンデレラに通じる描写が多いなぁ
やっぱり酔っ払いってやだねぇ
自分が初めて見たディズニーの短編で、小さい頃はこの作品を穴が空くほど見てたから最近久々に見て懐かしさで泣けた

で思い出したのだけど、子供の頃はネズミが大きく見えるチーズやパセリを食べたりワインを浴びて酔っ払うなんて単純なことすらよくわかっていなかったのだけど、それでもネズミの挙動を眺めているだけで充分すぎるくらい楽しめていて、今思えばそういう理屈がわからないけど面白いものだったからこそ自分は熱中していたのだと思う

つまり理屈を抜きにして単純な挙動のみに面白さが濃縮されている映画こそ真の意味で面白い映画なのではないか、そんなことをこの作品やリュミエール、ジャック・タチらの映画を顧みたときに強く感じた次第
【The Country Cousin】

[01]
20171118-WOWOW
2D-Dubbed

<Walt Disney Short-Film Animation Academy-Awards Selection 5/8>
Aya

Ayaの感想・評価

3.0
都会の暮らしは危険が伴うよってゆうおはなし
酔ったねずみのチャップリン要素笑
猫とネズミとチーズが出てきたらトムとジェリーかと思う(゚∀゚)
>|