1936年製作のおすすめ映画 362作品

1936年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、チャールズ・チャップリン監督のモダン・タイムスや、シルヴィア・バタイユが出演するピクニック、祇園の姉妹などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

誰だよこれのこと社会派風刺映画って言ったの!甘きゅんラブコメじゃねーか! ......というわけで初チャップリンです…

>>続きを読む

チャップリンは続けて観たくなるね。 『街の灯』の次の作品で同じくサウンド付きのサイレント。 ベルトコンベアーに巻き込…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

原作はモーパッサン、監督は印象派の巨匠ピエール=オーギュスト・ルノワールの息子であるジャン・ルノワール。わずか40分の…

>>続きを読む

シルヴィア・バタイユいいですねえ。手を回されるあたりでわかる腰のラインがいい、ブランコのシーンもいい、ラストの方の表情…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

角川シネマ新宿で開催の溝口健二・増村保造映画祭─変貌する女たち─にて鑑賞。 『浪華悲歌』と並ぶ溝口監督の戦前作の傑作…

>>続きを読む

トップクレジットからビックリしました。 タイトルバックにかかるのがジャズですよ。 祇園の物語で、それも1936年(昭和…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アステア&ロジャース共演第6弾。 いつもの一目惚れラブコメなのだけど、今回はアステア師匠に結婚を約束した相手がいるか…

>>続きを読む

アステアは何度ジンジャー・ロジャースに一目惚れをすれば気がすむんだろう…笑 そんなつっこみを入れたくなるほどいつも通り…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

タイトルだけ見てミュージカル映画かと思って借りたら、めっちゃ素敵なラブロマンス&法廷映画でした(*´∀`*) (勝手に…

>>続きを読む

素晴らしきフランクキャプラを堪能しようと本作を鑑賞。キャプラの人情溢れるさぞいい映画なのだろうと期待値をあげすぎたか……

>>続きを読む

有りがたうさん

製作国:

上映時間:

78分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

①戦前の乗合いバスに立ち込める悲喜こもごも体験度 128% ②どんだけイケメンやねん上原謙、そして桑野通子を今日から姐…

>>続きを読む

引き続き「孤高の天才・清水宏 没後五十年メモリアル」。 時は戦前、不景気の時代。伊豆の天城街道を走る長距離乗合バスの…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジャン・ルノワール監督が絶望と希望の交錯を描いた作品 泥棒のぺペルがある屋敷に忍び込むと、主の男爵は自殺を図ろうとし…

>>続きを読む

『ランジュ氏の犯罪』のDVDパケに ~ルノアール が、自身で『どん底』(’36)『ゲームの規則』(’39)に並ぶ傑作と…

>>続きを読む

ポパイと船乗りシンドバッド

製作国:

上映時間:

18分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

 本作の主人公ポパイは、もともと人気漫画家エルジー・シーガーの『シンブル・シアター』(1919年連載開始)に1929年…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

善良な夫を装っているテロリストを捕らえるべく、独特の千里眼を持つ一人の刑事が、夫婦が経営する映画館へと潜入捜査を試みる…

>>続きを読む

ヒッチコック イギリス時代の古典サスペンス。 破壊工作(=サボタージュ)指令を受けた映画館支配人、彼の挙動を探る覆面…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「早く!早く!早く逃げろ!」 「逃げろ」と言われたら素直に直ぐさま逃げるのが一番いい。ダチョウ倶楽部みたいな「俺が!…

>>続きを読む

結託する無頼の坊主と浪人もかっこよぎるが、ふたりの献身にじゅうぶんな説得力をあたえる若き(というか幼き)日の原節子が可…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

お互いに浮気を疑い別居中の夫婦。疑心が何となく事を運んで行き、90日後に離婚することが裁判で決定する。そこで2人が争う…

>>続きを読む

あらすじ ジェリイウォーリーナーは真面目な妻ルーシーにフロリダへ行くと嘘を言って友…

>>続きを読む

左側に気をつけろ

上映日:

2014年04月19日

製作国:

上映時間:

12分

ジャンル:

3.3

おすすめの感想・評価

早稲田松竹にて。 トーキーだが台詞は省略され、サイレント的な身振りによる語りが冴えているスラップスティックコメディ。 …

>>続きを読む

ジャック・タチ✕ボクシング 農家の庭で行われるボクシングの練習。仕事中に盗み見しながら真似をしていたタチが目を付けられ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

角川シネマ新宿で開催の溝口健二・増村保造映画祭─変貌する女たち─にて鑑賞。 自分にとっての女優・山田五十鈴さんって、…

>>続きを読む

下町の様子を斜め上から撮るカットと、直後の家の軒先を映すカットの画が相似形を成す冒頭からカッコいいが、不適な表情を浮か…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

怒りと恐怖で血圧上がった。 スゴイ映画。 映画前半。 観てるうちに、ショットガン持って「コンニャロー!」つて、こいつ…

>>続きを読む

傑作『M』では幼女誘拐犯を追い詰める民衆を描き集団による恐怖を浮き彫りにさせた。 今作も同じような設定で、個人を法を無…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

母一人、子一人。家には余裕など無いが、息子の学問への意欲は強い。身を粉にし、自らの人生を息子の将来にかける母、しかし現…

>>続きを読む

最初は結婚、孫の誕生を伝えてなかった事から東京物語と同じ様なお話なのかな?と思ってたけど、見終わるとその心情が理解でき…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「巨星ジーグフェルド」 原題「The Great Ziegfeld」 1936/11月公開 アメリカ作品 2017-2…

>>続きを読む

また3日くらいかけて鑑賞(笑)。アカデミー作品賞を観よう第10弾!!今回は1936年度受賞作。約81年前。 フローレ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ゴダール、トリュフォー、リヴェット、ロメールなんかのヌーヴェルヴァーグ勢へ多大な影響を与えかつチャップリン、タチ、ルビ…

>>続きを読む

ドニ・ポダリデスが言うように、何よりも天才ギトリの声に酔いしれる作品。全編がほぼ一人称の語りによって構成されており、そ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

酷い作品だった。 ヒッチコックが失敗作と語るのも頷ける。 敵スパイの暗殺指令を受けた主人公はスイスへ向かい、女スパイ…

>>続きを読む

アルフレッド・ヒッチコック初期の作品。 前作の『暗殺者の家』から『バルカン超特急』まで6本の傑作を連発し イギリスに…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イギリスのとある都市エヴリタウンを舞台に1940年から2036年までの人間模様の変遷を描いた近未来SF舞台劇のような作…

>>続きを読む

第一次大戦と第二次大戦の間の時期にあたる1936年、制作。 H.G.ウェルズが自らの小説を脚本化したSF戦争映画。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フレッド・アステアの顔ってそら豆に似てると思いません?? (いきなり何を言い出したw) でもねあんな顔なのにダンスが…

>>続きを読む

アステア&ジンジャーのゴールデンコンビが贈るミュージカルコメディ! 今回のアステア様は水兵さんに扮し、上陸したサンフ…

>>続きを読む
>|