インナー・ワーキングの作品情報・感想・評価

インナー・ワーキング2016年製作の映画)

Inner Workings

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:6分

3.6

あらすじ

生活のバランスがとれずに葛藤するポール。彼の体のなかでは、 論理的で安全を最優先する“脳”と、情熱的で人生をエンジョイした い“心臓”が対立していた。でも本当に大切なのは・・・? 自分の体 に優しくなれる、コミカルで心温まる物語。

「インナー・ワーキング」に投稿された感想・評価

人には誰でも楽しく、幸せに生きる権利がある。それは灰色に染まった薄汚れた社会によって縛られていいものでは無い。
人生を生きるとはどういうことなのか?そんな生きるうえで大切なことをたった6分程度の短いアニメーションで教えてくれる。
だれかに背中を後押ししてほしいと思っときにこそ見ていただきたい。
そしてあなたの行動を後押ししてくれるのは誰でもないあなた自信なのです。
misaki

misakiの感想・評価

-
人の内臓が感情を持っていたら...というお話

ディズニーの短編って題材の見つけ方が上手いなぁってつくづく思う

目の付け所が本当に絶妙
shinobu

shinobuの感想・評価

3.6
モアナと伝説の海のDVDに付いてたよく出来た短編映画。
ピコピコした音楽も素晴らしい。
内容はタイトル通り。ちょっとだけインサイド・ヘッドみたい。
分かる分かるよ!激しく同意。

個人的にはWeezerのサーフワックス・アメリカを聴きたくなりました。
泰

泰の感想・評価

3.1
体の癒しも大事やけど心の癒しも必要だよね!
tetsu

tetsuの感想・評価

3.5
「モアナ...」の特典映像から鑑賞!

ごく平凡な ある一人の男の脳(=理性)と心臓(=本能)の体内のせめぎ合いを描いた作品。

まとめると、「人生において必要なのは、心の健康」ってことですね!

中盤のシーンで、タイトルのネーミングが上手いこと出来てるな~と思いました!

多分、彼が後々、空飛ぶ家で子供と一緒に旅をするんでしょうね(嘘)。笑笑

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」と思っている人や、「ちょっと今から仕事やめてくる」と言ってみたい人にオススメです。笑笑
まぁ当たり前によく出来てるのだけど、人間が脳の乗り物でしかないのはもったいない。それを超えた人間みたいなものも見たいんだよー。あと海でおしっこしちゃだめ。
saki

sakiの感想・評価

3.7
心と体、両方とうまく付き合っていくこと。
まず、作品と関係ない話、先月、歯を中心に顔の左半分の神経が激痛に襲われました。
で、この作品見て、MRIで初めて自分の脳を見たことを思い出しました。
僕もフツーの人間で、この脳が毎日休みなく色々考えてんのか、と。
作品で表現されてるハートと脳、すごくよくわかります。脳はいつもネガティブで、行動にストップかけてくる。
東洋医学的に、左半分に症状出るのはストレスとのこと。休ませよう、脳を。
モアナと同時上映のショートフィルム
ディズニーアニメーションの同時上映ショートフィルムの中で一番好きかもしれない
DKeita

DKeitaの感想・評価

2.0
やや安易。

心身二元論に天使と悪魔的要素を加えた、どこにでもいる普通の人間の思想を、アニメーションとして表現しただけで、これによって作者の展望が開けるとは思えない。
>|