インナー・ワーキングの作品情報・感想・評価

インナー・ワーキング2016年製作の映画)

Inner Workings

上映日:2017年03月10日

製作国:

上映時間:6分

3.7

あらすじ

生活のバランスがとれずに葛藤するポール。彼の体のなかでは、 論理的で安全を最優先する“脳”と、情熱的で人生をエンジョイした い“心臓”が対立していた。でも本当に大切なのは・・・? 自分の体 に優しくなれる、コミカルで心温まる物語。

「インナー・ワーキング」に投稿された感想・評価

毎日同じ事の繰り返しで死なないように安全に生きる主人公。

それがつまらないとも言えるけど案外そう言う人も多いような気もする。たまにはそこに変化をつけてみるのもいいもんだなと思えた。

インサイドヘッドが浮かぶような内容で臓器で表現していた。出てくる女性のお尻の大きさには驚いた。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

4.0
モアナと伝説の海の同時上映のやつ。
この2作品は作中で遠回しな小便表現が盛り込まれていて個人的に好きです。
劇中歌のカリフォルニアロコはノリが良くておすすめ。ディズニーの公式がYouTubeに曲をアップしてるのでいつでも聞けていいっすね。
三畳

三畳の感想・評価

3.3
たった6分でディズニーモットーをストレートに言ってくる、コマーシャルみたい。
太ったら死ぬ、クビになったら死ぬ、笑われたら死ぬ、だから甘いもの食べないし女の子とも話さない、そんな我慢の人生死んでるみたいなものだよね。

でも単調な仕事って、映画界のクリエイティブな人から見ると機械みたいに滑稽に描かれがちだけど、実際もっと仕事を楽しんでる社会人って沢山いると思うんです。
たまにはパーっと弾けよう派は多いけど、慎重でいいじゃないですか、っていう映画はあまり見ないね。
春菫

春菫の感想・評価

3.8
自分はまさに主人公の脳そのものだから、ストーリー見ててゾッとした。みんなに真面目、真面目って言われ続けてきて自分ではそうは思はないけど、真面目なのはいいことだしそのままで居ようって思ってた。

けど、真面目すぎるのはあまり良いことではないかもしれない…と考えさせられた映画だった。もっと気持ちの踊ることを沢山しよう。このまま自ら死ぬのはもったいない!!
あやこ

あやこの感想・評価

4.0
人間の頭の中が面白おかしく描かれている。
仕事仕事の毎日だけど、ストレスを抱えず、無理せず、とにかくやりたいことをやろうと思えた。
Junpei

Junpeiの感想・評価

4.5
インサイドヘッドの番外編のような作品。日本人こそ観た方が良いね。
donboi

donboiの感想・評価

1.0
ハードワーカーの象徴でしょ?というように日本人みたいな見た目の主人公が悲しくなった
モアナがめちゃくちゃよかったのに前座のこれが観たくなくて2回目観に行かなかった
「モアナと伝説の海」に同時収録されていた短編。こちらは大人向けの「インサイドヘッド」といった感じ。

短いけどとても良い。割と共感できるテーマ。

人生楽しんだもの勝ち。
あおい

あおいの感想・評価

3.6
自分らしく生きてこそ、自分らしく働ける!

「モアナ」の同時上映短編。忙しなく働く日本人にこそ観て欲しい。

パッとみた瞬間から「インサイドヘッド」感がすごい( ^ω^ )ディズニーは、ほんま何でもキャラクターにできるなぁ。

ストレス社会においても、楽しみとかやりがいを見失わず生きていこうぜっていうメッセージを受け取りました( ^ω^ )

去年機内でみたぶりのモアナおもろかった。特典のトリビア全然わからねぇ!マルチランゲージの主題歌も良き( ^ω^ )
人生を楽しもう!

朝起きて、シャワー浴びて、行きたくもない会社に行って、パソコンをピコピコ。…つまらない。
みんな心の中でそう思ってるのに、どう見たって辛そうなのに、ピコピコ。
そんな時、彼の臓器から司令が!
心臓が力強く彼の体を動かす!

楽しまなきゃ、損ですね!!
>|