プーと大人になった僕の作品情報・感想・評価・動画配信

プーと大人になった僕2018年製作の映画)

Christopher Robin

上映日:2018年09月14日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「プーと大人になった僕」に投稿された感想・評価

大人になり、一児の父となったクリストファー・ロビン。
第二次大戦にも従軍し、復員後は一般企業に就職した彼も社会の様々な荒波に揉まれ、もはや夢見ることすら忘れてしまっていた。
そんな折、所属部署に突如として持ち上がったリストラ計画。
コスト削減を実現できなければ、数名の社員を削減しろという上司からの命令に彼は頭を悩ませていた。
週末の娘たちとのバカンスもやむなく延期せざるを得ず、次第にギクシャクしていく家族。
すると、100エーカーの森の奥深くから、彼の“古い友達”がやってくるのだった――。

何もしないことを頑張る癒し系キャラクター、クマのプーさん。
世界中から愛される、この元祖ゆるキャラとも呼ぶべきディズニーアニメの古典を最新の映像技術で実写化したという本作、監督がわりかし好きなマーク・フォースターということで今回鑑賞してみました。

リアルな戦場描写やままならない理不尽な現実を容赦なく描く冒頭部分から、単なる子供向けではないことをアピールする本作のスタンスにはなかなか好感が持てましたね。
そうして現れるクマのプーさんのぬいぐるみっぽい造形も、リアリティをぎりぎり損なわない愛くるしさで良かったと思います(若干怖いときもあったけど笑)。
なによりこのクマのプーさんを主人公の子供のころのイマジナリー・フレンドのように描くストーリーがノスタルジックで大変いい。
そう、生きるための生活にいつしかしんどさを覚えた時なんかに、ふと子供のころの無邪気で楽しかったときを思い出すようなこの感覚はすごく良く分かります。
ノートの切れ端なんかに夢中で書いた、いま読むと拙いばかりの絵物語を懐かしく読み返してみたくなるときってたまにありますもんね。

ただ、これは仕方ないとは言え、途中からこのクマのプーさんたちが普通に実在の存在として周りの人々と関わり始める展開になっちゃうところが僕的には残念でした。
最後まで、このお父さんと娘にしか見えないイマジナリー・フレンドのように描いてくれた方が物語上しっくり来たと思うのですが。
まあそうしちゃうと、このクマのプーさんという存在自体否定しちゃうことになっちゃうので、ディズニー的にもそれは無理ってものかな。

うん、ぼちぼちってとこでした。
余談だけど、はちみつでべとべとのクマプーを娘のベッドに寝かすのはどうかと思うぞ(笑)。
Yoko

Yokoの感想・評価

4.0
生きるのに必死で本当に大切な事、大事にしなきゃいけない事を忘れてしまっている 気づいた時には遅かったなんて悲しすぎる それに気付かされた映画
吹き替えで見たらクリストファーロビンが半沢直樹だったせいで余計に仕事が大変そうに見えた
「元気なわけない」ロバがいるあたりイギリスキャラらしくていいなあ笑
Masaki07

Masaki07の感想・評価

5.0
最後に「何もしない」をしたのはいつだろうか…。
めちゃくちゃ刺さった。
定期的に見返したい。円盤買お。
よよよ

よよよの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

やばいくらい刺さった
将来、将来って今ずっと未来のことを考えてるけど、その未来だってもっと先の未来を考えちゃう
今が大切で、何のために生きてるかって、
結局人生なんとかなっちゃうんだから
心配とかばっかするんじゃなくて今を楽しむのがいいんだなぁって
仕事とかって人間が後から決めたことであって
ほんとに人間がしないといけないことなんてない!!
大切な人と楽しむために生きてる!
仕事が生きがいならいいけど
それよりももっと大切だと思うことがあるならそれに全力で今向き合うべきだなぁって
後回しにすることが違っていたかもって思った

大人になって変わっちゃうことばっかだって思ってたけど
割とそうでもないのかも
最後もめっちゃいい感じにまとまったし
かなり今の自分に刺さった!!
めっちゃいい映画だったなぁあ
かこ

かこの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

現実はおとぎ話のようにいかないという最高の前半なのに、
後半おとぎ話のように全てが上手くいくことが、
とても納得いかなかったのを覚えている。
前半すごい好きだっただけになぁ。
Koharu

Koharuの感想・評価

5.0
感動。大好きな映画の仲間入り。

🧸What day it it?
👨🏼It’s today.
🧸Oh, my favorite day.

素敵だ。
クリストファーロビンが大人になって、30年振りにプーさんに出会うお話。子供時代の時と変わらないプーさんと大人になって仕事に追われているロビンとの対比が見ていて辛かった。けどやっぱりファンタジー映画は面白いです。
ひ

ひの感想・評価

3.7
1週間一生懸命はたらいた社会人にはあまりにもな号泣ムービーだった🥲中盤くらいまで引くほど泣いた。呼吸がしづらくなるぐらい泣けた。
リアリティはないし、意外な展開も何も無いけど、何もしないことが最高になるなんて思いもしない大人になった自分に語ってくれてる言葉が沢山あった🥲
イギリス英語(頭痛が痛いみたいな言葉)が耳に心地良かった。
何で?って言われたことに答えられるようにならんといけないと思った
プーのたまに言うとぼけた感じの発言にハッとさせられる

イーヨーは小汚くて老いぼれた感じが好き笑
>|

あなたにおすすめの記事