プーと大人になった僕の作品情報・感想・評価

プーと大人になった僕2018年製作の映画)

Christopher Robin

上映日:2018年09月14日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

クリストファー・ロビンは、大人になり愛する妻と娘とロンドンで暮らし、忙しい毎日をおくっていた。 ある日、仕事のことで頭を悩ませていたクリストファー・ロビンの前に現れたのは、かつての大親友のプーだった! 大人になったクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会と、そこからはじまる新たな感動の物語。

「プーと大人になった僕」に投稿された感想・評価

星蛙

星蛙の感想・評価

4.0
冒頭5分から終わりまで永遠に泣いていた。
プーさん完全保存版を見て刺さった人は無条件に冒頭で涙腺崩壊というかもはや粉々になるはず…!
+仕事もプライベートも大変な時に、プーが来る恐怖。仕事してる人に刺さる刺さる。めちゃくちゃになりますよそりゃ…なのに尊い不思議。はあ愛おしいよプー…。
のん

のんの感想・評価

5.0
プーさんかわいかった!!
いっぱい名言あって感動した。゚(゚´ω`゚)゚。
DVD出たら買うぅ
またしてもディズニー行きたくなりましたとさ🍯
完全にやられてしまった。
10代の頃を思い出した。
何にもしない事をしていつも友達と遊んでたから…。
今でもその子と遊ぶ時は何にもしないことをモットーにしてるんだけどもしかしてわたしくまのプー?誕生日8/3だし🐝🍯🤔

まあそんなことより無垢で確信のついた疑問が、グサグサ刺さりすぎて最初から最後まで私は涙腺がぶっ壊れて涙が止まらなかったよ
Itsuki

Itsukiの感想・評価

4.5

少し胸がギュッとなる、大人向けのストーリー。

プーたちに別れを告げたクリストファーロビン。寄宿学校を経て妻と出会い、戦争を経験し、仕事に就き、子供を授かった。今ではすっかり仕事の虫になり、私生活を返上してまで働いていた。家族との時間も失われて、当然あの頃のことなど覚えてすらいなかった。彼にもう一度出会うまでは。

幸せに暮らすとは何か?仕事に生きて、家族との時間を削ることだろうか。毎日毎日同じところでひたすら働くことだろうか。
その答えをプーさんが教えてくれます。愛らしくて、かわいくてかわいくて仕方なくて、思わず笑ってしまうような見た目だけど、観ていてもハッとさせられます。ファンタジックなんだけど、どこか哲学的な側面も持った意外な映画でした。

幼い頃からプーさんに親しみがあるなら吹替版で観ることをお勧めします。ナレーションもみんなの声も歌も、懐かしい気分にさせてくれます。クリストファーロビンの吹き替えが堺雅人なのが唯一違和感ですが。

仕事に疲れ、大切な事を見失った人へ。頑張ることに囚われてしまった人へ。
望

望の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

プーさんを見た記憶はないけど、可愛くって楽しめました。両手にプーさんたちを抱えたい!笑

小さい頃風船欲しかったなあ。浮くやつもそうだし、お祭りのときによくある犬の形した引きずるやつも。ディズニーに行ったらバルーン買いたくなっちゃうなあ🎈

まだわたしはきっとプー側の生活なのか、忙しくしてることが好きだからか、なんにもしないこと がすっごく響きはしなかった。終わりかたもあっけらかんとしてて、ええーもうちょっと納得したかった、、!

社会人になってからもう一回みたいなあ
プーさんとその仲間たちに癒される。
ストーリー性もあって起承転結がきちんとしてる。
何もしないことが最高の何かに繋がるって言葉が良い。
大人が観ても楽しめる映画。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.3
普通に面白いけど、まあ平凡な映画って印象。

クリストファー・ロビンの空気の読めない父親っぷりがなんとも。

見ながら、プーさんとして見るなら吹き替えのほうが良かったかなぁと思ったので吹き替えも少しだけ見てみたいかな

結局プーさんの世界がどういう認識なのかがよくわからなかったのと、最後のHappy Endへのこじつけ感だけ気になった。
moviememo

moviememoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

くまのプーさん、イーヨー、ピグレットのぬいぐるみがすごく可愛かった!
淡々としていた映画だった。

自分を見失うまで働くのではなくて、
人生を楽しくするために働かなきゃね。


ワークライフバランスの向上は大事
まいこ

まいこの感想・評価

3.2
私もプー達を小脇に抱えたいのと、ユアンマクレガーがかっこよくて、中学の時ときめいてた自分思い出した。
よう

ようの感想・評価

3.5
仕事に追われて疲れている人に
ぜひ観てほしいですね。
大人になったクリストファーロビンが
プーさんと再会して、迷える大人に
道を照らしてくれる、何が大事か
教えてくれる、そんな作品。

独特のスローテンポが映画だと
ちょっと退屈に感じてしまった。
ズオウとヒイタチのくだりは
プーさんのお話を知らないと
少し置いてけぼりになるかも?
>|