バオの作品情報・感想・評価

「バオ」に投稿された感想・評価

KnI

KnIの感想・評価

3.0
何だかんだ言っても我が子は我が子。
何にも代え難い。
その感覚は親になってみないと分からないのでしょう。
ふゆ

ふゆの感想・評価

-
なんかの映画の上映前に流れたんだけど、不思議すぎて頭に残ってる
シュウ

シュウの感想・評価

3.6
美味しい中華料理が食べたくなった短編映画。
話のテーマは、親の子離れ、子の親離れといった感じ。
「インクレディブル・ファミリー」と一緒になってた短編です。
sayamajima

sayamajimaの感想・評価

4.5
愛は表裏一体、、途中から訳わかんない気持ちになった、、、、笑
misaki

misakiの感想・評価

-
最初は肉まん?がいきなり生命を宿って、何これ気持ち悪!って思っちゃったけど、なるほど、そういうことね。

ピクサー短編ってセリフないものが多い気がするのだけど、その中での音の使い方が素晴らしい。音楽や音の変化によって一気に引き込まれる。
そしてやっぱり感動させられちゃう。
caiyi

caiyiの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

もちもち、ぱんぱん、ほかほかの優しいキャラクターがみんなぶさ可愛く見ていて幸せになる。愛情が深すぎて手放せず食べてしまうところなどは奇妙なお話なんだけど腑に落ちるしせつなくて泣けた。手料理っていいな。
SHIRO5842

SHIRO5842の感想・評価

3.5
いや、なんかすげーあったまった8分間。
こんな短時間で心温まるんですね…

インクレディブルファミリーの特典映像で観ることができます。
‪めちゃめちゃ美味しそう。‬
‪凹んだところは餡を詰めると元に戻ったり、歳をとるとグレていったり、発想が神なんじゃないか…。‬
‪きっとインクレディブルファミリーを子供と観にきた親御さんも満足させてくれる短編。‬
「インクレディブル・ファミリー」同時上映の短編作品。

命の宿った"肉まん"と"人間のお母さん"との家族愛とは?を問われる内容に考えさせられる。
愛情か執着か、際どい線引きだ。

ラストは、心温まる家族の幸せな一ページを観れたようでホッとしました。
短編でこのクオリティは、素晴らしいの一言に尽きます。
柴犬

柴犬の感想・評価

3.3
8分間の、命の宿った中華マンと家のお母さんのハートフルな物語。

インクレディブル・ファミリー同時上映作品!

感情をもち、甘えられる人間のお母さんの元に育ち、独り立ちし、ラストは、、、

約8分間の中で、癒され、笑い、泣けるシーンありでさすがはピクサーだなと思える作品でした。
>|