ボクのスーパーチームの作品情報・感想・評価

ボクのスーパーチーム2015年製作の映画)

Sanjay's Super Team

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:7分

3.5

「ボクのスーパーチーム」に投稿された感想・評価

子供の想像力は無限大ですね!
お堅いイメージの宗教も、
こういう形で伝えられたら
子供も好きになれるのかもね^_^
(アーロと少年同時上映)
アーロと少年
同時上映作品


癖が強い。
ストーリーも映像も
インド系宗教。

私のヒーローは
セーラームーンと東京ミュウミュウ
かな笑
mebu

mebuの感想・評価

3.0
こんな風にちょっとずつ、宗教って伝えられていくものなんだろうなって思った。
食パン

食パンの感想・評価

2.5
アニメ観たいのにお父さんが仏壇の前でお経をあげ始めるから、音量上げたら、お父さんが音がうるさいから下げる、もう!ってなる、私の家じゃんという共感から始まり、最終的には父と子の相互理解、 アニメもヒンドゥー教も同じ偶像崇拝かも?となる結末は何ともシュール。PIXARの短編アニメ。
スーパーチームはインドの神様。
ヒーロー番組に夢中の子供が、父に命じられて嫌々ヒンドゥー教の神に祈りはじめるのだが、退屈して仏壇の灯明を吹き消してしまったために、魔物の怒りをかってしまうというおはなし。
やっぱり、ああいうのは口で吹き消してはいけないんだろうな。私も、実家にいたときは、朝と夕方に仏壇を参る習慣があったので、何となくいけない作法なのはわかる。
本作では、強大な魔物もまた神仏と同等の存在なのだとして描かれており、子供が神々の力を借りてその怒りを鎮めることで、鬼面の様相が解きほぐれれば崇拝の念すら抱かせる神々しさを取り戻す。
監督がインド系の方だということなので、人に仇なすものを「悪魔」としてではなく「荒神」ととらえる東洋的な思想をよく理解し作品に織り込んでいるように思う。
なにより、漫画アニメだけじゃなく子供は色んなものを好きになりなさいと、本心は自分の作ったものだけを見てほしいはずのアニメーターが伝えているからこそグッとくる。
面白かったけどシュールだなぁ~。
なんかいろいろ考えさせられるけど、最後はホッとしました。
scotch

scotchの感想・評価

3.5
なんとも幻想的。
神々がとりわけ美しい。
素直にその美しさと雰囲気を味わいたい。
ヒンドゥー教、素晴らしい、万歳!とだけはならないように。
何かほんとに現代を感じるよなあ
主人公がマイノリティであること、信心深い父とアメリカ文化に染まった息子、スーパーチームに倒された敵が成仏するっぽい感じといい、何か現代

スーパーチームまじスーパークールかよという感じ ディズニーショートフィルムの中でもかなり上位の好きさ
takuma

takumaの感想・評価

4.3
ふいに観てしまったこっちの短編のほうが好き(笑)
神様たちが妄想?の中で現代風なスーパーヒーローになるのが楽しい。
なお

なおの感想・評価

2.6
ピクサーのショートフィルム、味があるなぁー
映像もキレイだし、日常のちょっとしたひとコマからの飛躍が👍
>|