小さな家の作品情報・感想・評価

小さな家1952年製作の映画)

The Little House

製作国:

上映時間:8分

3.7

「小さな家」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

4.0
子どもの頃、大好きだった岩波子ども絵本「ちいさいおうち」…☆
ディズニーが短編映画にしていたのですね…♪

「小さな家」も、その周りも移り変わっていくけれど…(涙)
ラストシーンが、夢ある終わり方で…良いですよ〜♪

「家」にも歴史が…あるものね…☆

絵本と見比べてみるのも…オススメです〜(o^^o)

YouTubeにて鑑賞…☆
ちろる

ちろるの感想・評価

3.6
私、この作品の原作であるバージニア リー バートンの「ちいかいおうち」の絵本が幼稚園の頃からものすごく好きで、大人になって買い直したほど。

そんな大好きな物語がまさかディズニーアニメーションになっていたなんて驚き!
原作の絵とは異なり、こちらはディズニーとしてよりポップに描かれていて、可愛らしく子どもに分かりやすいように作られています。
この作品に関して言えば原作の絵の方が好きですが、小さな頃だったらむしろこちらのほう見た方が物語を理解できたのかもしれません。

家も人間と同じかな。
あるべき場所に置かれなかったら輝きを失ってしまう。
環境が自分とそぐわなければ、自分にぴったりな場所に行くしかないんだよね。
小さいお家が段々老けてきて、哀愁漂う姿もちゃんと描かれていてなんか途中せつなくなります。
こりん

こりんの感想・評価

3.9
小さなおウチの移ろい。

郊外の可愛い家の、時代の流れに翻弄されるお話。

英語で殆ど分かりませんが、周りにビルが🏢建てられても、カラダが燃えても‥

慎ましく生きる。

可愛い家💕に、ディズニーらしいアニメーション!8分間のショートフィルム🎞

可愛い良質な映画の奇跡✨オススメします✨

https://m.youtube.com/watch?v=Y881yjtFluQ。


こちらから💁入れるかな?
KANEMON

KANEMONの感想・評価

4.5
記念すべき700投稿目はディズニーの

「小さな家」

に決定(о´∀`о)♡

「小さな家」は1952年に製作された、ディズニーの短編アニメ。

時代の移り変わりの切なさや、変化への戸惑いだけでなく、未来への期待や希望すら感じる作品。

小さな頃にみた思い出の詰まった一作です(*´ω`*)
natsumi

natsumiの感想・評価

4.3
うおージャケ画像ないのか。ディズニーのミニミニ作品、シリーシンフォニーシリーズのひとつ。ちいさな可愛いおうちが、時代とともに売られ、都市が近代化していく中で肩身の狭い思いをし、またのどかな田舎に行き着くまでを描いた作品。
短編ながらおうちのたどる運命にハラハラしながら何度も観た記憶。近代都市のビルたちや、ブルドーザーなどの表現がとても怖いのです。でも最後にはのほほんとした気持ちになれる名作です。今だと、トゥーンタウンにこの小さな家君がいますね。