A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」に投稿された感想・評価

そば茶

そば茶の感想・評価

3.9
類似の作品を見たことがなかったので、どう受け止めていいか少し戸惑う。

ひとつひとつのシーンの長さに緊張感がある。言葉に頼らなくても、こんなにたくさんのものが伝わってくるのかと驚いた。

座って台所に寄りかかっているMの長回しのシーンがよかった。動きは少なくてもきれいな画で、悲壮感がひしひしと伝わってきた。
Finn

Finnの感想・評価

3.2
さすがA24。ただのゴースト・ストーリーではない、時間やあらゆる概念を超えた不思議なストーリーながら、切なさが残る作品。

長回しのシーンが多くて、演じる側も見る側も試されてる感じがした。役者さんのお芝居が素晴らしいからこそ成り立つ手法だと思う。
特にパイを食べてるシーンのルーニー・マーラが凄かった…セリフもないし横顔しか見えないのに、感情の動きが伝わってきた。

シーツおばけは表情ないのに、切なさで胸がいっぱいになる不思議…話し相手のゴーストとのやり取りがひたすら切ない。
シーツおばけの顔のアップから引くと、時間がグンと進んでる演出がよく出来てるなと思った。

家に憑いてずっと待ってるっていう切ないだけの話かと思いきや、途中でグイッと方向が変わって…哲学話を延々に語る男性のシーンは、聞いてる周りの人と同じ顔してたと思う(苦笑)

「この家なんか音がする」っていう最初の伏線が最後の最後で回収されてビックリ。
あの手紙なんて書いてあったんだろう…。

退屈ではあるけど、観て後悔はしなかったしなぜか目が離せない、とにかく不思議な作品でした。人に勧めるのは難しいかも(笑)
交通事故で亡くなった夫がシーツをかぶった状態で起き上がり遺体安置所から家に帰ってきて妻を見守る。一言も喋らないし幽霊👻の格好だから表情とか全然見えないのに不思議と感情が伝わってきて切なかった。

↑だけで終わるのかと思ったらそこからの展開にびっくり。怪奇現象はもしかしたらあんな風に起こっているのかも。周りがどんどん変わっていく様子を眺める幽霊の姿が辛い。

怖い感じのBGMを使うシーンと無音のシーンの使い分けがよかった
マイコ

マイコの感想・評価

4.7
私たちは死んだあと、どんなふうにこの世界を見るのだろう?もしかしたら「毎朝ドアが閉まる」ような感覚なのかも。…そんなふうに考えて、観た後はしばらくその場からぼうっと動けなくなるような。
どこか怖くて寂しくて、でも優しくてあたたかくもあり…感情が揺れに揺れるジェットコースターみたいな映画。映像はこんなに静かで美しいのに、すっごく揺さぶられる。私にとっては至高の映像体験でした!
しお

しおの感想・評価

4.0
不思議な世界観。
一言もしゃべらないゴースト。
でもなぜが胸が苦しくなった。
らてa

らてaの感想・評価

4.9
私の好きな長回しの技法が使われていて作品の世界に飛び込んだ感覚で観ていました。

このレビューはネタバレを含みます

難解ではなく素直な作品。悲しい話なのに観た後に絶望以外の暖かさがある。訳知り顔で世の無常を語っているハゲがいたらお化けも怒るわな。
いつか太陽が燃え尽きて地球が凍って記録も記憶も全部なくなっても、人が生きた事実は消えないんだなぁ~。
くじら

くじらの感想・評価

3.3
「見つめる行為」が立体感を作り、実存の世界に放り込まれる、ラブ・ファンタジー。

幽霊のシーツの厚み・重みと、光を透かすバランスが良すぎ。それだけで泣いてしまう。

家に帰るズームアウトのところ、最高。

家の中で画面の幅が狭くなり細くなり。時が止まったような長回しから驚くような飛躍の緩急。とても好きです。

ここが家になり、宇宙になるね。
rei

reiの感想・評価

3.4
しずかで美しい作品。
深夜に暗い部屋でぼんやり眺めていたい。
>|

あなたにおすすめの記事