プリベンジの作品情報・感想・評価・動画配信

「プリベンジ」に投稿された感想・評価

izu

izuの感想・評価

3.3
この映画は''まさに可もなく不可もなく''だが、監督のセンスが輝いている

話は、もうすぐ出産予定の主人公ルース。夫は既に山岳事故で亡くなっており悲しみに明け暮れる中、いつしか胎児の声が聞こえるようになり夫の死に関わっている人物を殺すように命令を受ける... というもの

この映画は主人公ルースがただただ淡々と殺人を繰り返していく内容になっており、オチも弱い。
けど個人的にそのオチは好きではある。
ただ、本当に淡々と殺人を繰り返していくだけでそこには計画性や殺し方のバリエーションも無く、グロはほんのちょびっと「うわ、気持ち悪いな~」と思うくらいのものしかないので、そこらへんには期待しない方がいい。
まさに可もなく不可もなくだが、演出・音楽・魅せ方や全体的な雰囲気がとても好き。この監督の他の映画でこういうホラーだったり中々に後味が悪そうな映画があったら絶対に観ていた。

あと、個人的にあのガイコツメイク普通に苦手だわ

視聴 2022年6月24日

このレビューはネタバレを含みます

妊婦がしてるのが相当ひどいことなのに、反撃に遭うシーンはとてもハラハラしてしまった。
くりふ

くりふの感想・評価

3.0
【極悪マタニティ・ブラック】

2016年のイギリス産、劇場未公開物件。

お腹の胎児指令に操られるまま殺人を繰り返す妊婦…て話でとりあえず、スプラッタ時代の『ベイビー・ブラッド』を思い出し、借りてみたが、コチラは英国らしき陰湿含み笑い含むサイコホラーでした。

うえ、この辛気臭いオバチャンがヒロイン?と出だしで萎えたが、この脇役顔アリス・ロウが脚本監督兼ねており、なんと妊娠8ヵ月で、10日と少しで早撮りしたとか。

ちょっとした狂気だが、恐らく自分自身の鬱屈が、まんま物語に反映されてしまったのではと。ちょい生々しすぎて、もう一括り、ユーモアで包んでくれないと胸やけ酷すぎる。

タイトルは妊娠+復讐、の意らしい。夫…になる予定の男が殺された!復讐せよとお腹が騒ぐので、創意工夫を凝らし殺しまくるヒロイン。妊婦ならでは(笑)の殺し方が、面白いっちゃ面白いが、標的の選定条件曖昧なまま進むので、自然と気分が悪くなる。

物語が終わっても、事件の真相はよくわからない。よく取れば、そこにマタニティ・ブルー…ってかブラックなんだけど、絶望妊婦の含みを込めたようです。

最後にヒロインが“我に返る”瞬間が怖いっちゃ怖いが、結末はスッキリしないし、トーンは不快だし、ヒロインはブス…あわわ、お顔の不自由な方だし、で満足度は低温気味。バカ映画でなかったですが。

英国のひねた女性が撮った映画と如実にわかる所は、スゴイ!(笑)

あと、ヒロインの心情補足らしく参照される映画が、『アンダルシアの犬』みたいな描写でレトロホラーかと思ったら、『情熱なき犯罪』(1934)というノワールで、俄然興味湧いてしまった。こんど見てみます。

<2020.11.13記>
capybara6

capybara6の感想・評価

3.0
「死んだパパの仇だよ」臨月間もないお腹の赤ちゃんが語りかけてきます。
母体(偽名を使うので本名が分からなかった)は指示に従って、復讐を始めます。
派手さはないのですが、わりとエグいです。ダンの殺害方には思わず股間を庇ってしまった。
産まれてきた子が何も喋らないと戸惑うところを見ると、胎児の声ではなく主人公の心の声だったのかな。
妊婦だからと油断してはいけない教訓でもあります。
ささみ

ささみの感想・評価

3.0
出勤前にサクッと。人手不足で導入された遅番だけど根本的な解決にはなってないし、生活リズム狂うからモチベーションは最悪なSasami。笑

【ストーリー】
クライミング事故で夫を失った妊婦のルースはお腹に宿る娘の意志に従い、クライミング仲間へ復讐を決行する。

【good】
・妊婦熟女
誰得な入浴シーンありで熟女おっぱい拝めます。
ルースが人を刺しながらの母乳ぶしゃー(着衣状態)。
わざわざ入れなくていい要素の気もするけど、せっかく妊婦という設定だから組み込んだのかな。

・上から目線の胎児
そもそもお腹にいる胎児と会話できるのも凄いけど、かなり上から目線でルースに命令を下す胎児が面白い。まぁただ単にルースは精神を病んでて幻聴だったという可能性もあるけど。

・二人目の犠牲者
アフロのヅラを被ったDJ。車中でリバースしたときにヅラへゲロゲロ。そういう活用方法があるのか…笑
そしてリバースしてからのキスはなかなかの鬼畜。こいつはヤられても仕方ないかも。笑
認知症?の母親が最高。殺されて血だまりに横たわる息子をみて「そこには漂白剤が必要ね」多分死んでることに気付いてないんだろうけど、息子より床の心配かい!みたいな。

・良いイスね コレってどこで買えるの?
オフィスで殺人を犯した後に被害者の座っているイスをクルクルさせながら放つ言葉。これは渾身のギャグと受け取った。笑

【bad】
・計画性のなさ
普通にクライミング仲間のとこを訪れては殺すといった、行き当たりばったりの犯行。コナン君も必要ないほど直ぐに事件解決しそうなのに、何故か捕まらない。あるあるの警察無能パターン。

・夫の描写がほぼ皆無
設定的には夫はクライミング仲間に切り捨てられて死んだことになってるけど、その描写がないから真実かどうかも分からず感情移入が出来ない。

【所感】
熟女妊婦が淡々と殺人を犯していくだけの何の捻りもないストーリーだけど、ネタとしては面白かった。

22#073
WDIshii

WDIshiiの感想・評価

1.0
最愛の夫を山岳事故で亡くし、それを知った日に妊娠していることも知った主人公のルース。お腹の子供の声に従い、事故関係者を次々と殺していくという、ホラーに近い作品。同情すべきエピソードは全くなく、狂気以外何もないと自分は感じた。得るものがなく、観なければよかったと思う。

このレビューはネタバレを含みます

あのさあ、毎度言ってるんだけど
妊婦の演技がなってないのよ。
おかしいでしょうが臨月の妊婦の動きではない!!

まあいいわ、少しも面白くないので腹立ちました。
一本調子でテンポ悪くて長く感じる。
赤ちゃんいるならあの動きはない、早く終わってくれーと何度も思いました。
ザ・熟女って感じ。
冒頭5分くらいは面白いと思ったけど、その後は同じことの繰り返しで飽きる。
てか、こんなんすぐ捕まるやろ。
旦那が死んだときの描写をもっと詳しく知りたかった。
天

天の感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

「ダンナとはラブラブやねん❤️もうすぐ赤ちゃんも生まれるねん🤰幸せやったのに…クライミング中にダンナを文字通り切り捨てた奴らが許せへん… お腹の赤ちゃんも殺れ!って言うてるし素人やけど殺ったるで!(ꐦʘ言ʘ)」という、思い込みの激し過ぎる妊婦による復讐劇っぽい話。

予告編はこちら👇
https://youtu.be/06MS9bR2p-c


○アマプラのレーティングは推薦年齢対象G(全年齢)でした。
主人公は妊婦のルース、夫の名前はマット。
○ルースが安アパートでお菓子食べながら観ていた映画が1934年の「情熱なき犯罪」の冒頭シーンで、めちゃくちゃ胎教に悪そう。
https://youtu.be/T3v1YnvCLnQ
○ルースは臨月近い妊婦なのに太ってるだけだとハゲを誤魔化せるのすごい。そのハゲがゲロ吐いたその口でキスしてきたのに、殺すチャンスを窺って我慢したルースの根性もっとすごい。

○1人目…爬虫類ショップの店長ザベック、首をナイフでサクッと。
2人目…ハゲのDJダン、ቻンቻンをナイフでサクッと。
3人目…会社の偉い人っぽい女性エラに面接の体で近付き首をナイフでサクッと。
4人目(未遂)…クライミング🧗‍♂️指導者のトムに体験したいと近付くも、主人公の異様な空気を察知したトムにレッスンを断られ一旦退却。お腹の胎児から「ちゃんと殺れや!」と怒られる。
5&6人目…ザックという男の自宅へ行き頭を鈍器でガンッと。ザックの帰宅を待つ間親切にしてくれた同居人ジョシュまで口封じ。
7人目…スポーツ好きの女性レンの家へ行き、寄附のお願い名目で無理矢理家に上がり込みナイフでサクッと。しかし警察に通報されてたので危なかった。
4人目(再度未遂)…ハロウィンパーティーに行くため、漫画「ドラゴンヘッド」のノブオみたいなメイクをするルース。パーティーでトムを見つけて襲い掛かるも「彼は君と別れたがってた、君らの関係はとっくに破綻していた」と現実を突き付けられ、お産も始まって復讐ならず。

病院に運ばれて帝王切開したルース。そのままフラフラと外へ出て行き、夫が墜落死した海辺の崖へ。するとそこにはハロウィンパーティーで殺し損ねたトムも来ており、お互いに見つめ合い故人を偲ぶ… 的な空気からの唐突なルースの「ウォオオッ!」という万歳ポーズからの威嚇シーンで ーー終ーー

は?(;꒪⌓꒪)ナンダソレ…
帝王切開してすぐにそんな激しい動きはどう考えても無理でしょう!
ラストのトムも含めると7人もの人がルースの被害妄想や幻覚•幻聴の犠牲になってます。なんちゅーハタ迷惑な女(;`=ω=)





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
《アマプラよりあらすじ転載》

主人公はルース。彼女は娘の出産を間近に控えていたのだが、最愛の夫が山岳事故で亡くなるという悲劇に見舞われることとなる。悲観に暮れるルースだったが、彼女はある時自分の膨らんだお腹から声が聞こえることに気づく。「PREVENGE」はその題名の通り、妊娠中の女性が愛する人を殺した相手に復讐するという内容で頗るシンプルで頗る奇妙な映画だ。まるで神から啓示を受け取るかのようにお腹の赤ちゃんからの声に従ってクソ野郎共の腹にナイフをブチ刺しクソ野郎共の頸動脈をブチ切っていく・・・。
>|

あなたにおすすめの記事