島だって夢を見るの作品情報・感想・評価

「島だって夢を見る」に投稿された感想・評価

カモメ

カモメの感想・評価

3.2
島おこしドタバタコメディ。

○香川県の離島「浮島」は定期船も少なく海上タクシーを使っても一万円以上もかかる辺鄙な島。「浮島」に行く定期船を逃したことで、おじさんとお遍路を巡る若者が海上タクシーに乗り合う。「おじさん」は藤崎といい、大企業でバリバリ働き定年を迎え故郷の「浮島」に帰ろうと思い立ったのだ。無事浮島に到着した二人だったが、寂れた浮島に愕然とする藤崎。
現状を憂いだ藤崎は、島中を巻き込んだ島おこしを始める。

島興しなのになぜ「うどん」を選んだのだろうか。島特有のものじゃないんだね・・・・・・と思いましたが『フラガール』なども"おこし系"映画って名産品じゃない突拍子も無いものを使ったりしているので、香川県舞台=うどんっていうのは、あながちおかしくないですし、離島だからといって特別な名産品があるわけじゃないってのはリアリティがあるのかも。

本編は確かに面白いんですが、全体的に掘り下げが浅く、その結果ご都合主義になっているのが残念でした。
ファン

ファンの感想・評価

5.0
可愛いおじさまたちが島のために大奮闘するストーリーがすごく面白かった!!
岡本玲ちゃんのコメディ映画と同じ監督だったから観てみようと軽い気持ちで観ましたが、よく出来た映画!何度も観たい!
香川県の離島「浮島」(実際に島は存在しないと思うが…)の再生をかけて"うどんバーガー"に取り組む人たちの物語。

わかりやすいストーリーですが、一生懸命取り組む姿やラストにかけてどんでん返しがあったりして楽しく観れた!

穏やかな島の風景と島起こしに関わる人のコメディ要素もあり、気楽に観れる作品です。