エターナルの作品情報・感想・評価・動画配信

「エターナル」に投稿された感想・評価

【マユゲ犬チチ🐶】
どーゆーこと?
どーゆーこと??
そーゆーことかいっ!的な作品。

自分は鈍感なので真相に気付くのは遅かったなぁ。。。

とにかくおとなしいイ・ビョンホン。
台本メッチャ薄いんちゃうん?って思うくらい。

佇むイ・ビョンホン。
見つめるイ・ビョンホン。
座るイ・ビョンホン。
歩くイ・ビョンホン。
などなど…
サイレント・ イ・ビョンホンを満喫出来ます。

ジャンル的には感動サスペンスのくくりかも…悪くない。

にしてもポスターの
~映画史上に残る衝撃のラスト~
はハードル上げすぎ。
それより
~映画史上に残る喋らないイ・ビョンホン~
の方が食い付きいいと思うよ😉
イ・ビョンホンのラヴサスペンス....
前から見たかったやつ

違和感≒伏線≒衝撃のラスト≒そうなるとオチは....
てなことで早々にオチが分かってしまったのだが、空気感漂うイ・ビョンホンもたまにはいいよね👍🏻
でもってドロドロしない韓国映画もたまには"佳き"だよね🙋🏻‍♀️
みぃ猫

みぃ猫の感想・評価

3.7
切ない。切なすぎるぅ…😭



大手証券会社支店長のカン・ジェフンは不良債権事件により全てを失う。
喪失感に打ちひしがれた彼はオーストラリアに留学している妻子の元を訪れると、そこには妻の隣に寄り添う見知らぬ白人男性がいた…と言うお話。


ラスト15分の展開ですべてが明らかにされる。
でも、その瞬間切なさしか残らない😭😭😭


漠然と違和感があるな…と引っ掛かっていたモノが全て伏線だった💦

ポメラニアンのチチに「付いて来るな!家に帰れ!」と地面を力一杯踏み付けて威圧したもの…

妻子に声を掛けなかった理由も…

クリスの妻との会話も…

全てそう言うことだったのか…と


妻の裏切りだと思っていたのはボタンの掛け違いからの誤解だった😢
帰国を延期したのも全ては夫と一緒に暮らす為の準備。
もし妻が帰国の延期理由をきちんと夫に話していたら…
こんな結末にはならなかったかもしれない。


イ・ビョンホンssiの悲哀に満ちた演技が秀悦です。


このラストは賛否両論に分かれると思いますが、この結末はご自身で確かめて欲しい。
そして、ご鑑賞の際は前情報無しでトライしてください。
Harigane

Hariganeの感想・評価

3.6
hiroponさんのレビューで気になってた作品、鑑賞しました✨

<あらすじ>
証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)だが、莫大な不良債権を出して経営破綻してしまう。
ジェフンには子供の教育の為に妻スジン(コン・ヒョジン)と息子を2年間シドニーに行かせたままにしており、ジェフンは妻と息子のもとに行くことを決意する・・・

<感想>
"韓国史上に残る衝撃のラスト"の謳い文句、そしてイ・ビョンホン主演となれば観ないわけにはいかないです!

始めに、この作品を観る時は何も前情報を入れずに純粋な気持ちで観る事をお勧めします🤭
(ここから先のレビューは見なくてもOKです)

ここから先に書くことは極力ネタバレは避けますが、この映画を観る時には出来るだけ勘ぐらないようにお願いします🙏💦

終始静かな雰囲気の中進んでいくストーリー。
ジェフンの取る怪しい行動の数々。
それの示すものとは💫

ネタバレになるので詳しくは言えませんが、この展開には、きっと『あれ』を思い出す方も多いんじゃないかな。
それにしてもイ・ビョンホンの表情は素晴らしかったなぁ✨

自分は途中で気付いてしまったのがちょっと悔やまれますが、それでもこの脚本は大好物です😋

「下りる時には見えた 上る時には見えなかったその花」
冒頭のこのメッセージ。観終わった後に、初めてこの意味が分かりました🌟
ターノ

ターノの感想・評価

3.0
衝撃のラストって言うほどでもなかったけど綺麗な映像が多かったしよかった
犬かわいい
パール

パールの感想・評価

3.7
前情報なしの
真っ白な心で鑑賞したので
ラスト15分号泣しちゃいました。

途中ところどころ違和感あったのですが
概ねラストを想定できない性格のため
衝撃でした。切ないです。

最近イビョンホン祭
どんな人間ドラマになるんだろうと見入っていたら終盤の展開は予想外。
勘の鋭い方は途中で気がついていたんだろうけれど、鈍感な俺ちゃんは少しビビった。

結末は賛否別れます。
妻スジンの行為を肯定する人、非難する人の割合はどんなもんだろう。
彼女の不貞を責めずに己に非を向け、認め許容するに至ったジェフンの心境はいたたまれない。
感動しつつも余韻は複雑だった。
これは是非観て頂きたいかな。
大手証券会社で支店長を務める主人公は、子どもの英才教育のため妻と息子をオーストラリアに残し、韓国で一人暮らしをしながら仕事に励んでいた。
そんな中、彼が勤める証券会社が経営破綻してしまう。
収入も社会的地位も信用もすべて失い、顧客に謝罪し続ける毎日。失意の中主人公は家族のいるオーストラリアへ向かうが…。



雰囲気がよかったです。台詞は最低限、具体的な解説や説明はないけれど、主人公演じるイ・ビョンホンの演技で主人公の悩みや葛藤が伝わりました。

静かで情緒的な映画を観たい人にお薦めです。事前情報入れない方がいいです。
※以下ネタバレ要素あり









オチは内側施錠の話あたりでうっすら予想。橋で話しかけてた人は死んでいて(工事の人が自殺するとお金かかると言ったのは前例あるから?)、近所のお婆さんは死んでるか霊が見える人でしょうか。作中主人公が話しかける人物がかなり限定しているのが、さりげなく工夫されているなーと、思いました。

最後なぜタスマニア?と思ったら、最初の動画に繋がり、切ない気持ちになりました。

ポメラニアンが可愛かったです。
2021-44
LILAC

LILACの感想・評価

-
ここのところ、星を付けられない映画が続きます。
この作品、イ・ビョンホンさんの演技も、ストーリーも素晴らしい。
作品中に流れるピアノの旋律もまた、とても美しく、主人公の心の中の切なさを表現していると思います。

オーストリアの景色を捉えたカメラワークもとても良く、主人公ジェフンの妻スジンが、バイオリニストとして、交響楽団の試験を受けに行くシーンの青い空、雲、オペラハウスの階段と白いワンピース、ハイヒールのシーンは、心を奪われるものでした。

さてこの映画、実は私はラストシーンを見ておりません。
見られなくて。
怖くて。
重くて。
おそらくそうなのだろうなと、察しのつくラストは、今の私の心には重過ぎて、受け入れられないなと。

ネタバレも少しお勉強してからご覧になった方が良い方もいらっしゃるのかもと、あえてこのコロナ禍の戦争のような今、命が簡単に奪われる今、書かせて頂きました。
妻と子供の生活をストーキングする夫がひたすら気持ち悪い‼️😱😱😱

2年間オーストラリアで英語を学んで来い!
と妻子を放り出したまま放ったらかしに。

妻は同じ年の子供を持つ気の合うパートナーを見つけ、バイオリンの仕事のオーディションも受けて新しい生活に向けて輝いていたのに…😓

衝撃の結末っていうか、とにかく奥さんがかわいそう💦
もしも妻と子供のためにやむ無く単身赴任で頑張ってる愛情豊かなお父さん、という設定なら印象が全く違うものになっていたと思います😅
>|