エターナルの作品情報・感想・評価

「エターナル」に投稿された感想・評価

kojiメン

kojiメンの感想・評価

1.2
これは、俺のジャンルやなかった。最近韓国映画良作続きだッタから、カナシかた!
ゆかぴ

ゆかぴの感想・評価

4.0
なぜ会おうとしないのか
ずっとうずうずしたけど
ラストのシーンが衝撃過ぎて
うずうずしてたのが
納得出来た。
イビォンホンの映画全部好き。
はずれがないし
演技力もはやりいいし
会話があまり無く
静かな映画だったけど
行動一つ一つで
役の心が入ってきた。

このレビューはネタバレを含みます

B.H.様(吹替はもちろん阪口周平様)が愛しすぎて…切なく心苦しかった…

一つ一つの心情が読み取れる表情の細やかさなど本当に素晴らしかった

しっとりと静かなラブサスペンス?ヒューマンミステリー?でした

まず眼鏡、メガネキャラ好きにはたまらない素朴な感じが素敵
そして黒のスーツと髪型、前半は冴えない感じがするのに後半はラフなオーストラリアの中で際立って目立つ
あとうるうると涙溢れる綺麗な瞳
悲しき男泣き
哀愁漂う姿は堪らない
寝ている息子の頭を撫でながら語りかけるところは父性にきゅうぅぅうぅんとした

話はシッ◯ス・◯ンス。本人は分かってるけど"新感染"のソヒちゃんが可哀想に自分の現状を知らない役
奥さんも息子も可哀想だし、隣人のクリス家族も可哀想、あとチチ…
まぁ全体的に不憫な人が多い映画だった…

いろんな伏線があるので一度観た後にまた観かえしてみると、あぁこういうことだったんだ…ってなると思います
オチが読めるけど良作だった韓国映画

・感想

パッケージには『映画史上に残る衝撃のラスト』と書かれているものの、実際にはオチが中盤から、あるいは勘がいい人には前半の最初あたりで読めそうな映画ではありました。

そもそも、突っこんでしまうとなんでジェフンがずっとスーツ姿であり、なんで携帯を忘れて手ぶらでオーストラリアまで行ってるの?となっていき、後半では
スジンの友人のオーストラリア人クリスにも気付かれないのだから、もしかしたらジェフンって〇〇って思ったら予想通りのオチでした。

内容は新鋭監督の作品でありながら健闘している方で、イ・ビョンホンの表情を淡々と見せながらクラシカルな音楽に乗せて表現していて、静かではあるんだけど映画としては非常に見ていて見応えはありました。

真面目な映画なんだけど、ちょっと笑ったのはジェフンがスジンの家に入った際に何故か愛犬のチチが太眉をつけて登場していて、部屋に飾ってあった家族写真にも太眉がつけられていて、かといって
次のシーンに出てくるジェフンの息子ジヌンにも太眉がつけられていたのでオーストラリアで何流行ってんだよ!と思った。オーストラリアで加藤諒か井上咲楽が流行ってるの?と突っこみたくなった。

それで、イ・ビョンホン演じるジェフンの役柄が可哀想なんだけど、ソヒ演じるジヌンも可哀想。ワーキングホリデーでまんまと柄の悪い韓国人に騙されて酷い目に遭い、かといって自分が死んだことも自覚していないなんて『えっ?』って思った。結局、オーストラリア警察がジヌンを殺した犯人を見つけてほしいなぁと思う。

内容は切なくてしっかりと伏線回収をしたのでまあまあ良かったのだが、クリスの妻であるステラが本当はこうなってたからクリスがスジンと同居して生活してるというのは分かったものの、せっかくジェフンが〇〇ということになっているのにハーバーブリッジの作業員や隣人のおばあちゃんが果たしてなんでジェフンに話しかけることができるのか?という理由が描かれてなかったので伏線回収していなかったのでモヤモヤ感が残った。(それを匂わせる描写はあるんだけど、具体的な描写が欲しかった。)あと、ラストで後半からずっとジヌンとジェフンと一緒にいてたスジンの愛犬のチチがジェフンの目の前から去っていったのでなんならチチはクリスのところに戻してあげた方が救いがあったんじゃないの?と思った。なんせ、チチがクリスがいないような場所でウロウロしても果たして救いがあるの?と思ってしまう。

2度3度観てて、ますます切ないと感じてしまう映画だったのですが、ラストに登場人物がこうするべきだったんじゃないかなぁと少し物足りないと感じてしまう韓国映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

仕事一筋の真面目な証券マンの主人公、会社の不祥事に現場責任者としてバッシングに耐える。妻子は良かれと思い海外の別居生活。独り帰宅の自宅で酒と精神科の処方薬を煽る。
う~ん、この時点でオチが見えてしまうが、あんまりじゃないかの思いに最後まで見入る。最後に救いはあるのか・・

観る前にオチが見えてしまう宣伝文句や予告編。
でも、こちらも緊張の仕事から解き放たれてひたすらボンヤリしたいと思って本作を手に取ったので、それには充分に応えてくれた。

韓国はクリスチャンが多いと聞くが、成仏という考え方はあるのかな(・・;)
Tacos

Tacosの感想・評価

4.0
なんとなく見始めた作品。

毎日を大切に、周りの人を大事にしていこうと思わせる切ない映画。
イジョンホンの疲れた静かな表情が、豊かに感情を表している。

穏やかに流れ、強い刺激の少ない映画だが、日々何が大切なのかを振り返る機会になる良作品。
うめ

うめの感想・評価

3.4
役者さんの頑張りにオマケでこのスコア。

内容に触れてしまうと、これから観る方の楽しみを損なう怖れがあるので…
とかいうと、またハードルを上げてしまうかもしれませんが。

はっきり言って
消化不良でした!
なんか…
うん…
いろんな意味で誰の行動も納得できんかった。

そもそも、こういうティストって
フランスとかにまかせておけばいいと思う。
南米とかスペイン風にしっとり仕上げもいいかな。
韓国映画は
もっと熱くていい。
それを期待して、みんな観ているのだから。
mamiKO

mamiKOの感想・評価

3.0
世にも奇妙な物語的な
短くて観やすかった
眉毛貼っちゃう子ども可愛かった
大切な人のそばにいないとね
気持ちはちゃんと伝えてないとね
megu

meguの感想・評価

3.3
表紙があまりにも期待させる文句だよね。
ちょっと期待しずきたかな。
イ・ビョンホンの目つきは、ずっとなんかやる目つきでヒヤヒヤしてました。
サスペンスなの?サスペンスじゃないのね…
と、終わりの方まで静かにストーリーが進むもんだから結末知りたくてウズウズ。
オチを知りたくないから
どの映画も何も考えずに見ます。
感がいい方やラスト予想したくなっちゃう人には、オチはわかるかもね〜🙄
kiko

kikoの感想・評価

3.0
中盤までは、何故直接妻&現地の彼っぽい男と対峙しないのかイライラ。こりゃとんだB級ドラマをつかまされた❢と思ったが…。あーそーそーなのねと。オチがついて良かったけど‥このオチは…シャラマンオチだろーー 
>|