エターナルの作品情報・感想・評価

エターナル2016年製作の映画)

싱글라이더/A Single Rider

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:97分

3.4

あらすじ

証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は、オーストラリアに住む妻スジン(コン・ヒョジン)と息子と離れて暮らしているが、安定した職と家族にも恵まれ、それなりに成功した人生を送っていた。しかし不良債権事件によりジェフンはすべてを失う。失意の中、ジェフンは家族との約束を果たすためオーストラリアへと向かうが、やっと会えた妻と子にはオーストラリア人男性の影がちらついていた。ショックを受け…

証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は、オーストラリアに住む妻スジン(コン・ヒョジン)と息子と離れて暮らしているが、安定した職と家族にも恵まれ、それなりに成功した人生を送っていた。しかし不良債権事件によりジェフンはすべてを失う。失意の中、ジェフンは家族との約束を果たすためオーストラリアへと向かうが、やっと会えた妻と子にはオーストラリア人男性の影がちらついていた。ショックを受けたジェフンは、密かにその場を去り、妻子たちの秘密を探り始める。

「エターナル」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます


実はビョン様と大好きなコン・ヒョジンが夫婦役という理由だけで鑑賞。
なので過分な期待はしないで鑑賞。

初めからビョン様演じる主人公の
不安や苦悩、憤りを短いシーンで
上手いこと表現している。

なんかのー
表情が素晴らしい。
人間苦しいとどんな顔になる?
を表現してて
韓流スター・イ、ビョンホンの
華やかさとかオーラは
まったくもって出てないが…
スリムでハンサムなエリートが
急降下しているにしか見えない(^_^*)

夫婦のこれまでの関係性や
妻に対しての後ろめたさで
今の生活を探ろうとする動き。
抑揚がなく静かなトーンだからこそ
あまり違和感なくスーッと
入ってくる。


ストーリーはゆっくりであまり抑揚が無いから飽きてしまう方もいると
思いますが…

伏線を丁寧に張っている。

勘がいい人はすぐ気がついちゃうと
思いますので情報入れずの鑑賞が
いいと思います。

私自身はチョイチョイ
心の頭部が傾げるのだけど…
確信が持てなかったので
充分伏線回収に楽しめました。

スーパーアイドル・ソヒが
新感線に引き続き、
頑張って女優してます。

相変わらずスタイルば抜群ですが
ブスカワで学生の様に
若く見える。

そんなに上手くはないんだけど…
女優になりたいソヒの真摯な気持ちが伝わってきて…
ブスなんだけど(ファン方ごめんなさい)素材で勝負する潔さに
つい応援したくなるのよね(^_^*)
余談ですいません。

どんなに苦しくても…
自分の意思じゃなくて
亡くなったとしても…
苦悩から解放されない事。

苦しくても大切ななにか…
それがあるなら生きるが正解。
いまその大切ななにかが無いなら
見つかるまで諦めちゃダメだ。
なんて事を思い浮かべる。

隣のオージーの病床にいる妻との
掛け合いや飼い犬・チチとのシーンなど…伏線回収時にキュンとする切なさや哀しみも多様。

静かな作品、
独特のセリフ回しとか好き。

ファンタジー好きとしては
ラストのヒョジンの
トイレのシーン。
夫への複雑な想いが溢れ出てで…
愛について考えさせられた。
万人ウケはしないけど
ビョン様の小技だけでも
楽しめます。
ひろ

ひろの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

しんどいわ〜(´-`)全てを失った感が凄い!流石ビョンホン様、いい表情してる。エターナルは人によっては心残りの念だし、或いは最後のプレゼントなのかもしれない。こんなに辛いのに最後は何故か爽快感、ロケ地とビョンホン様と犬の絵がとても良かった(*゚▽゚*)
naonyan

naonyanの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

あまりにも??なことが多かったので、途中でこの映画のキモの部分はわかってしまった。でも、わかったからこそ納得して最後まで見られたと思う。なかなか面白かったです。
職と家族、全てを失った男の話

イ・ビョンホンは韓国スターで1番好きな人だから観ない訳がない

始まりからずっとストーカーみたいな事してるから

ん?って感じだったけど

ラストで謎が解けました

そういう事だったのかと納得

終わり方は好きだけど、途中似た様なシーンばかりで退屈

ハ・ジョンウいつ出た?(笑)
IPPO

IPPOの感想・評価

3.7
大人のためのヒューマンミステリー。

舞台はほぼ全編オーストラリア。
韓国語と英語を半々で味わえる。全編通してセリフが少なめのせいか、英語も韓国語も耳馴染みが良い。

一見すると色の無い役。誰でも出来そうだけど、ビョンホン氏がこの役をやってくれてありがとう、と思った。

ワンコと息子が本当に可愛かった。
明るいストーリーではないけど、かといって絶望感だけが残るわけじゃない。そんなまとめ方が上手い。
こういった
タイミングのずれた
想いのすれ違いは、切ない。

色々と遅すぎたね、、
衝撃のラストと聞くと、なんかヒントがあると思い見逃さないように身構えて観ちゃいます。
いろいろなシチュエーションになにか違和感があり、まさかオチはあれかな?と思ったら、それでした。
イ・ビョンホンの終始、覇気のない演技も納得です。
淡々と進んで行くストーリーに、ハッとさせられた構図。地味ながら良作。
えりこ

えりこの感想・評価

3.4
イ・ビョンホンとコン・ヒョジン共演というだけでクリップし、前知識一切無しで鑑賞。
こんな切なくて悲しいビョンホンさんは久しぶりに見たな…
昔すごく好きで、今はライトなファンなので作品をたまに観るくらいなのですが、こういう役柄は珍しい。
そして!
前知識なしのせいもあるかと思いますが、相変わらず私は終盤まで例の衝撃のオチに気付きませんでした!レビュー拝見していたら、皆さん結構気付いておられたので私がバカなんだろうなぁ…( ; ; )
オチが分かった後に色々思い返すと切ないですね。チチが可愛かった。
ビョンペンの友達にはお勧めできないと言われたんだけど、私はわりと好きでした。二流俳優だと面白くない話がビョンホンだと細やかな表現で面白くなる。彼はチャンドンゴンやウォンビンと違ってすごくアジア的な顔立ちなのもいいと思ってます。
>|