シークレット・ロードの作品情報・感想・評価・動画配信

「シークレット・ロード」に投稿された感想・評価

ロビンウィリアムズが亡くなった年の話というのもあって、ただでさえ悲しい話なのに輪をかけて悲しかった。
もやし

もやしの感想・評価

4.7
ロビン・ウィリアムズ最後の主演作。
味わいのある良い映画。こんなに評価が低い意味がわからん。


今までずっと堅実に生きてきた男が思い付きで男娼を買ったことによって起こる波風。


やっぱり一度嘘をつくとどんどん崩れてくね。

一番言えるのは体売ってる人にガチ恋するとろくなことないっすよねという改めての教訓。相手が好きになってくれたんなら別だけど。
足を洗わせたいとか考え始めるともう駄目ね。



この男娼演じてる人は確かに妙にセクシーやわ。

主人公はまるで初恋のようなピュアさ。
運命だとか言い始めてこりゃあもう駄目だと…

完全な迷惑客。初めは割り切った付き合いだと心がけてても知らない内にハマってる。



奥さんとは本当に深い心の繋がりがあったけど、恋愛感情ばかりはどうしようもない。
奥さん本当に良い奥さん。ちょっと気の毒だったかな。どうしようもないことではあるけど。


人生は新しい道の選択の連続だ、みたいな爽やかなオチだったけど、現実でのロビン・ウィリアムズが取った選択は自殺だったと考えるととても複雑。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
何故今だったのか…
先が見えてきたから?
若い彼との関係も
ちょっと嫌だったかな
何十年も夫婦で
奥さん可哀想だよ…😔
inu

inuの感想・評価

1.5
同性愛者であることを秘して生きてきた主人公。
プロットだけでエピソードが足りず、物足りなかった。
夫婦関係のぶった斬り感は残念。
そこに深いものがたくさんあると思うのに…
ロビンウィリアムズの映画を全部みたくて
事前情報なしで鑑賞
色んな思いを抱えてるのはわかる
奥さんの気持ちを考えると、、、
のんchan

のんchanの感想・評価

4.1
ロビン・ウィリアムズの遺作ではないが、最後に公開された作品‼️
とても繊細なストーリー💫

往年にゲイであることをカミングアウトしたロビンにとっては、同性愛作品で自らのキャリアの最後を飾ったことに特別な意味があったのかな?

地味で重めだけど、キャストそれぞれの熱演で、主人公に限らず、妻の立場、同性の友達、触れ合う人たちそれぞれの立場に添ったり、その人の経験に於いて共感しながら観ることが出来る良作だった⭐️(平均スコアに惑わされないで❗️)


ノーラン(ロビン)は60歳の銀行マン。妻ジョイ(キャシー・ベイカー)と2人暮らし。熟年夫婦にありがちな寝室は別。でもそれぞれを思い合って暮らしている。
大学時代からの旧友ウィンストン(ボブ・オデンカーク)とは週1のランチは欠かさない。
人並みに幸せそうに見えるが、ノーランは家族にも言えない秘密を持っていた。それは少年時代から自分がゲイと自覚していること...
ある日、運転中に若者が目の前に現れ轢きそうになる。心配するとレオ(ロベルト・アギーレ)という若者は男娼だった。それがキッカケで恋愛とも友情とも付かない関係になる。


ロビンは眉に白髪もあったが、瞳が純粋でまだ少年のようでもあり、あの優しい眼差しは誰もが信用したくなる。
愚直で不器用な真面目さ、父親の介護、熟年離婚、友情、若さと老い、勇気...60歳から自分に正直に生きる道を選択する...

人生に起こるであろう多くの出来事をロビン・ウィリアムズと言う名優の演技で魅せ、存在感にはひたすら圧倒される。

亡くなられてもう8年も経つのですね🙏
ご存命であれば70歳。パーキンソン病とレビー小体型認知症に罹患していた苦痛からだったのか?
私たち観る者にとっては、いつまでも出演作品を鑑賞し楽しませてもらえますね。佳き作品でした💫
海水

海水の感想・評価

-
「ロビン・ウィリアムズ最後の主演映画」が何本もあるなあ。
ロビンが最後に患っていた病気のせいで、最初のシーンは思わずメイキングかと思ってしまった。親友が酔っ払ってからむ感じがリアル過ぎて、ボブ・オデンカークと気が付かなかった。さすが上手だなあ。
男女に関わらず、イケナイ関係ってやっぱりハマるよね~。でもやっぱり最後のシーンは、もうちょっとちゃんと写して欲しかったです。
あと、旅行行きたい時は一人でもさっさと行くべきだな、と思いました!わたしも息子に春休み旅行を断られたばかりなので!一人旅するか!
12歳で目覚めて60歳まで耐えてきた人生を歩んだノーランも気の毒やけど、夫を愛し続けた奥さんも気の毒や。
navi

naviの感想・評価

3.5
なるほどなぁ……
現実的なセクシュアリティって簡単にハッピーエンドとはならないよなぁ……
自分を偽って生きることと晩年の再スタートについて考えさせられた。主人公がその後どうなったかはどうでもいいことなのかもしれない
>|

あなたにおすすめの記事