シークレット・ロードの作品情報・感想・評価

シークレット・ロード2014年製作の映画)

Boulevard

製作国:

上映時間:88分

2.9

あらすじ

2014年8月に亡くなった名優、ロビン・ウィリアムズの最後の主演作。社会的な成功を収め、妻とも良好な関係を続けている初老の男・ノーラン。幸せだが平凡な毎日に飽き飽きしていた彼は、ある青年との出会いによって人生を大きく変えることになる。

「シークレット・ロード」に投稿された感想・評価

私の大好きな俳優ロビンウィリアムズの最期の作品。
でも、もしロビンウィリアムズじゃなかったら評価は大きく変わっていたと思います。
同性愛を扱っている作品ですが、同性愛じゃなくても観る人によって別のテーマが代入できると思います。
"仲の良い夫婦"の会話の中に生じる妙な距離感が印象的で、時間が経つにつれどんどんまとわりついてくるような緊張感が充満してきて少し休ませてほしいくらいでした。
本当の自分を上手く出せない、押し殺してしまうような人はより重たくズッシリくる映画です。
人々を笑顔にしてくれていたロビンウィリアムズ自身も、心の奥底ではあんな葛藤をして毎日を生きていたのでしょうか。

「ブレイキングバッド」でソウルグッドマンを演じていたボブ・オデンカークが主人公ノーランに親身な友人役として出演していますが、彼が関わると主人公が軒並み傍若無人になって夫婦関係が崩れていきますね。
自分を偽り現実逃避し続けたのだろうか
友も社会も当然妻も理解するには受け入れ難くやすやすとはいかないだろうな

もしも私が…
もしも私がそうならば、今を捨てて自分の本質と向かい合えるだろうか?
答えはきっと「Yes」
長い間の苦悩と押し込まれた感情とが解放されるならば「今」の方がカゲロウのごとく弱くすぐにも崩れ去るだろう

幸せと安定は全くの別物だと私は思う、幸せの形は人それぞれだし時によっても変わるだろう
空腹である時、寂しい時、たまらなく歯が痛い時とかね~

最後の4つの内の1つ
いつまでも彼と共に映画を観続けたいと
この映画の最後の彼の笑顔がとても生き生きしていたのに…
santasan

santasanの感想・評価

2.8
レオがよかったのか、誰でもよかったのか。いまの生活が偽りだと悟っただけなのか。何がしたかったのか。今ひとつピンとこなかった。ロビン・ウィリアムズの最後の主演作品として見るといろいろと考える部分もあるが…。
Karin

Karinの感想・評価

3.8
ちょっと退屈で、なんども寝て巻き戻してを繰り返しながら見てしまった。
ロビンウィリアムズの最後の作品って事で鑑賞したんだけど。ふむ…ふむふむ…結局みんなの気持ちを理解できないまま終わってしまいました。どうしたかったんだ?結果みんな本当の自分になれたのか?むむむむ…。
話自体は面白かったんですが、結局奥様が可愛そうだわよ。ウワベダケノフウフって…そんなこと言われたらぶっ飛ばす!ぜってぇ~ぶっ飛ばす!アタシはアンタのなんなのよぉ~ぱんちぃ~!(-`ェ´-怒)

H29.09.17 鑑賞
KIKUCHI

KIKUCHIの感想・評価

3.7
静かな映画だが、退屈はしなかった。
音楽が綺麗で、レオの葛藤する表情が美しかった。
HANNA

HANNAの感想・評価

3.0
大好きなロビンウィリアムズの遺作…

ご冥福をお祈りします。
ジャケットがロビンウィリアムズだから観た。

退屈映画。
今まで見てきた映画の中でダントツで????な映画だった。

説明がない。この映画がロビンウィリアムズの最後の主演作品だなんて、、

だんだんと狂気に満ちていく老人の姿が怖い。

主人公が何をしたいのかわからないままに話が終わった。
せめて、幼少期でのビーチの想い出ぐらいは説明が欲しかった。
きっと主人公のその後の人生を形作った重要な出来事があったんだろうから、必要な描写だったと思う。

レオを更生させてくれたら、まだ希望がある映画だなとも思うし、主人公が離婚し銀行員も辞めて新しい一歩を踏み出していく映画にしても、そこまでのシーンは描かれずに映画は終わってしまう。

彼が本当に行きたかった人生って何?ずっと抑圧してきた、本当の自分を偽って生きてきて、やっと解放されたのに、ラストに肝心の解放の部分が描かれてません。

この暗い老人の話を1時間半も見せられて、このモヤモヤは一体どうしたら良いんでしょうwせめて人生を謳歌するような主人公のシーンは見たかった。

あぁ、それとも離婚もしてないし仕事も辞めてないのかな???
本当に説明がないのでわかりませんw

病院で看護師に隠れて父親に炭酸ジュースを飲ませるシーンは、本当にこの主人公人生に退屈してるんだなってよく伝わるシーンでとても良かったです。
maipoyox

maipoyoxの感想・評価

3.2
ロビンウィリアムズの悲壮感といったら…淡々と進むストーリーだけどずっしりくるものがあります。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

10代で同性しか愛せないことに気づき、それをひたすら隠し生きてきたノーラン。彼の日常生活は 全て義務。子供として、夫として、男として。人生の終わりが見えてくると 人間はジタバタしてしまう。彼は このまま偽りの姿で死にたくなかったのだろう。ただ 至極真面目に生きてしまったせいで免疫がなく 狡くもなれない。偽りの生活の最悪な終焉。彼の妻も居心地の良さに甘え過ぎていて お互いにいい意味で利用していた感がある。納得できないのは ノーランが告白した時の父親の態度。自分の子供なら どんな時でも味方になって欲しかった。あ、そんなオヤジじゃないから 親子関係がダメだったのか笑、残念。
>|