シークレット・ロードの作品情報・感想・評価

シークレット・ロード2014年製作の映画)

Boulevard

製作国:

上映時間:88分

2.9

あらすじ

2014年8月に亡くなった名優、ロビン・ウィリアムズの最後の主演作。社会的な成功を収め、妻とも良好な関係を続けている初老の男・ノーラン。幸せだが平凡な毎日に飽き飽きしていた彼は、ある青年との出会いによって人生を大きく変えることになる。

「シークレット・ロード」に投稿された感想・評価

lunamica

lunamicaの感想・評価

3.0
ロビン・ウィリアムズはこういう狂気を演じると本当に映える。
いろいろな場面でいろいろな人物にイライラした。
好きなことをするために頑張ろうよ、と登場人物一人一人に言いたい。
emedia

emediaの感想・評価

3.4
銀行では昇進の打診を受けるノーラン
年老いた父親の病状悪化に戸惑う夜
ある男娼(レオ)と出逢う・・
体に触れ合うことのない浮気が始まる
親子ほども年齢差のあるレオに
ノーランの心は癒されていくが
徐々に真の気持ちと葛藤することになる

60歳の息子が病床の父にカミングアウト
何とも言えない表情になる父親

どこまで離れたらいいの?
妻(ジョイ)の問いかけに答えはない
うわべだけの結婚というものは
「愛している」の言葉で成り立っている

あの日・・知らない道に車を走らせた
人生も同じようなものだ


ロビン・ウィリアムズが
かなり抑えた深い演技です
007

007の感想・評価

4.4
自分に嘘はつけない
新しい知らない道だとしても選択して進まなければ道は開けないということを考えさせられた
NAO

NAOの感想・評価

3.0
物語は静かに進んで行くが、ノーランの心の中は暴れ馬のように激しく、荒れ狂っていたのかなぁ。

それまでの人生を取り返そうとしていたのだろう。。

観終わったあとも切なさが残る作品。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
大好きなロビン・ウィリアムズ、最後の主演作。という事で鑑賞。
私の大好きな俳優ロビンウィリアムズの最期の作品。
でも、もしロビンウィリアムズじゃなかったら評価は大きく変わっていたと思います。
同性愛を扱っている作品ですが、同性愛じゃなくても観る人によって別のテーマが代入できると思います。
"仲の良い夫婦"の会話の中に生じる妙な距離感が印象的で、時間が経つにつれどんどんまとわりついてくるような緊張感が充満してきて少し休ませてほしいくらいでした。
本当の自分を上手く出せない、押し殺してしまうような人はより重たくズッシリくる映画です。
人々を笑顔にしてくれていたロビンウィリアムズ自身も、心の奥底ではあんな葛藤をして毎日を生きていたのでしょうか。

「ブレイキングバッド」でソウルグッドマンを演じていたボブ・オデンカークが主人公ノーランに親身な友人役として出演していますが、彼が関わると主人公が軒並み傍若無人になって夫婦関係が崩れていきますね。
自分を偽り現実逃避し続けたのだろうか
友も社会も当然妻も理解するには受け入れ難くやすやすとはいかないだろうな

もしも私が…
もしも私がそうならば、今を捨てて自分の本質と向かい合えるだろうか?
答えはきっと「Yes」
長い間の苦悩と押し込まれた感情とが解放されるならば「今」の方がカゲロウのごとく弱くすぐにも崩れ去るだろう

幸せと安定は全くの別物だと私は思う、幸せの形は人それぞれだし時によっても変わるだろう
空腹である時、寂しい時、たまらなく歯が痛い時とかね~

最後の4つの内の1つ
いつまでも彼と共に映画を観続けたいと
この映画の最後の彼の笑顔がとても生き生きしていたのに…
santasan

santasanの感想・評価

2.8
レオがよかったのか、誰でもよかったのか。いまの生活が偽りだと悟っただけなのか。何がしたかったのか。今ひとつピンとこなかった。ロビン・ウィリアムズの最後の主演作品として見るといろいろと考える部分もあるが…。
Karin

Karinの感想・評価

3.8
ちょっと退屈で、なんども寝て巻き戻してを繰り返しながら見てしまった。
ロビンウィリアムズの最後の作品って事で鑑賞したんだけど。ふむ…ふむふむ…結局みんなの気持ちを理解できないまま終わってしまいました。どうしたかったんだ?結果みんな本当の自分になれたのか?むむむむ…。
話自体は面白かったんですが、結局奥様が可愛そうだわよ。ウワベダケノフウフって…そんなこと言われたらぶっ飛ばす!ぜってぇ~ぶっ飛ばす!アタシはアンタのなんなのよぉ~ぱんちぃ~!(-`ェ´-怒)

H29.09.17 鑑賞
KIKUCHI

KIKUCHIの感想・評価

3.7
静かな映画だが、退屈はしなかった。
音楽が綺麗で、レオの葛藤する表情が美しかった。
>|