ラスト・クライム 華麗なる復讐の作品情報・感想・評価・動画配信

「ラスト・クライム 華麗なる復讐」に投稿された感想・評価

fkr

fkrの感想・評価

3.5
@CS/BS 面白い。ジャンレノの犯罪コメディ。小さくまとまってるけど見続けられる。
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

2.7
少し設定が雑な感じがしたけどSNSしながらでも十分理解出来る作品
theocats

theocatsの感想・評価

1.0
コメディ調なのはまぁいいとしても、一体誰がこの映画を楽しめるのだろう?とキツネにつままれたような気分。
楽しめた方は大変な幸せ者だと思います。
タイトルからはもっとシリアスなクライムアクションを想像したが、ずいぶん軽いノリのドB級だった。
ジャン・レノが出がちなヤツね。

着物をガウンがわりにするとか日本のウイスキーがなんちゃらとかラストシーンで次のターゲットを日本にするとか
ちょっと日本にジャン・レノのファンがいるからって調子に乗ってないか?
ファンだけどさ!
こんなので日本人が喜ぶと思うなよな。
やるなら日本の描写ぐらいちゃんとしろ。なんだよそのメイク。
ファンなんだけどさ!!

しかしジャン・レノ、おじいさんになったなぁ。調べたらもう70過ぎのお爺ちゃんなんだな。この映画の頃は68歳ぐらいか。
なんかね、こういうチープなものに起用されがちって、フランスではどういう扱いなのか、心配になってしまいますわ。
そこそこファンなので。
うーむ。私的には楽しめるシーンがなく、また、何ともモヤモヤする作品でした

娘役のリーム・ケリシとカミーユ・シャムーをそれぞれ、キャラが違う2人にしたのは良いですが、結局カミーユ・シャムーがメインになり、余り対比を感じなかったのは物足りないですね

また、どうせならルパンと不二子みたいな騙し合いだったら、もっと楽しめたんでしょうね

2021年5月28日 34作目
the cinema 字幕 録画
torakoa

torakoaの感想・評価

2.5
ストラディバリウスを盗み出したら相棒の裏切りに遭って亡き者にされた(ことになってるけど生還した)ジャン・レノが、元相棒を出し抜くべく娘二人を呼び寄せ、初対面同士の三人が組んでドタバタ雑に繰り広げるコンゲームってな話。多分。

話は割とぐだぐだ気味できれいにまとまってる訳でもない。何か煮え切らないというか散漫というか、うーん、それでいいのか?な場面が散見し、何だかモヤモヤする。コメディに期待して観てみたけど、あんまり笑えはしなかった。

ジャン・レノが年寄りをなめるなと言って始める踊りが、肩のフケでも払ってるみたいな動きで何だそりゃwってなったとこは微妙にいたたまれない感じがご愛嬌でちょっと笑ったけど。何かを巻く系の動きも面白かわいかった。
踊りがあんまり……なのはしょうがないとして、多分この人苦手意識と照れがあって素が出てしまってる感じがいたたまれない気持ちになるんだと思う。まあそこが面白かわいいと思う人もいるはずなので、ファンの方はどうぞ。

下の娘のほう見たことあるなと思ったら『シティハンター』に出てたっぽい。リーム・ケリシさんφ(.. )
彼女に交換条件持ちかけてくるユーロポールのイケメンは監督やら脚本やらやってる作品もあるらしい。アレクシス・ミシャリクさんφ(.. ) 『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』というやつがより観たくなった。ソフト化を待ってみる。
元相棒の人どっかで見たような気がしたが出演作ひとつも観てないようなので誰かに似てるだけだった模様。多分色んな人に似てる顔立ち。何となく胡散臭い色気がある。パスカル・ドゥモロンさんφ(.. ) 他の出演作ちょっと観てみたい。
バイオリニスト憧れのバイオリン🎻ストラディバリウスを大胆な詐欺で盗み出しに成功した主人公パトリック(ジャン・レノ)
しかし、仲間に裏切られて眠らされたまま車ごと海に沈められ殺されかける。
一命を取り留めたパトリックが裏切りの復讐に、生き別れていた母親違いの娘二人を呼び寄せて売却益の強奪計画を実行する。

基本ドタバタ劇ではあるが、土壇場での大どんでん返しが起こりそうな気配を出しつつ、よくわからんロマンスも含めて邦題サブタイトルにある通りの「華麗なる復讐」ってか。

サスペンスっぽいタイトルとジャケットに騙されましたね…フランスコメディ映画です。
ぽち

ぽちの感想・評価

3.0
軽いタッチのクライムもので、シャン・レノ目的だけで観てもそれなりに楽しめる。

しかしスッキリしないストーリーは今ひとつ。
原因はクライムものの中でもコン・ムービーと呼ばれる騙し合いをメインとしたストーリーに父娘を持ってきたことだろう。

これが男女だと騙し騙されも駆け引きの内で楽しいのだが、親子、特に父娘はその関係がまったく似合わない。
世の親父たちの娘に対する幻想を壊してはいけない。新しさを狙った「コンムービーを父娘で」が裏目に出たようだ。

娘2人のキャラの違いを引き立たせたかった気持ちは分かるのだが、姉キャロル役のカミーユ・シャムーの使い方がかなりイタイ。
ハッカーとしてだけ活躍すればよかったのだが、なぜかキャロリーン役のリーム・ケリシと張り合って「私も化けるときれいでしょ」ってパートを作ったのだが・・・・・・・・
いや、無理でしょ。
おまけに悪役がキャロルの方が気に入るってありえねぇ~

そして最大の物足りなさはジャンが丸メガネをかけていない事。
さかなくんと同じで、実はジャン・レノの本体は丸メガネだということに監督は気付くべきだ。

などと馬鹿話は良いとして、作品はジャン中心に観るとそれなりに楽しめる。
sou

souの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャケット詐欺で笑う。
こんなカッコ良さげな内容ではなくてドタバタコメディ。
ジャンレノと組んでストラディヴァリウスを盗んだ男がジャンレノを裏切り、ジャンレノは性格が正反対の娘二人と組んでストラディヴァリウス盗み返そうとする話。

娘二人若い人にして年齢下げて孫設定とかの方が良かった気がする。
若い子のミスなら許されるけどまあまあいい歳の人がミス何回もしてるの見るのしんどいし姉の活躍の場が多い割に魅力がなくて辛かった。
ずっと会ってなくて音信不通の父親に協力しようと思うか?
敵の男含め役者中年しかいない。

ジャンレノの変装とダンスが可愛かったけどそれ以外はあまり楽しめなかった。
ウヰスキーとかロマンの来てた羽織っぽい服とか最後のカタコトの「キレイ」とか謎の日本推しが気になった。
さき

さきの感想・評価

4.0
コメディで楽しく見れて良かった!ギヨームがよく分からなかったー
>|

あなたにおすすめの記事