ラスト・クライム 華麗なる復讐の作品情報・感想・評価

ラスト・クライム 華麗なる復讐2017年製作の映画)

Mes trésors/Family Heist

上映日:2017年09月25日

製作国:

上映時間:91分

2.9

あらすじ

20億円相当のバイオリン【ストラディバリウス】を見事盗んだ天才泥棒のパトリック。しかし、相棒に裏切られバイオリンを奪われてしまう。復讐と奪還計画のため一度も会ったことのない娘キャロラインとキャロルを呼び寄せることに。美貌を武器に色仕掛けで難関を突破していくキャロライン、そして暗号解読のプロ・キャロル。初めて会う父に戸惑う娘たちだったが、狙う獲物のデカさに即刻参戦を決める。3人の計画は完璧に見えた…

20億円相当のバイオリン【ストラディバリウス】を見事盗んだ天才泥棒のパトリック。しかし、相棒に裏切られバイオリンを奪われてしまう。復讐と奪還計画のため一度も会ったことのない娘キャロラインとキャロルを呼び寄せることに。美貌を武器に色仕掛けで難関を突破していくキャロライン、そして暗号解読のプロ・キャロル。初めて会う父に戸惑う娘たちだったが、狙う獲物のデカさに即刻参戦を決める。3人の計画は完璧に見えたが・・・!?

「ラスト・クライム 華麗なる復讐」に投稿された感想・評価

犯罪コメディ。ジャン・レノが優しそうなおじいちゃんになってました。はじまってスグ嫌な予感がした。ライトでオシャレなコメディを作りたかったんだろうけど......すべてが安っぽい。見なきゃよかった。90分くらいです。
NickQ

NickQの感想・評価

2.8
ジャンレノがおじいちゃんになっており、時代を感じました(;´Д`)。
Member

Memberの感想・評価

-
10/9/2017 備忘録。娯楽映画。サントラ良い。
うみ

うみの感想・評価

-
泥棒で詐欺師な父親と異母姉妹。離れている心の距離が段々と近付いて、本当の親子になっていく様子が、クスッと笑えて、ホンワカな映画。
ストーリー的には復讐劇だけど、コメディー色の強い、安心して観られる映画でした。
はやて

はやての感想・評価

4.5
ジャン・レノの新作にこの設定でドタバタコメディ演出!!最後にもう一捻りあれば今年ベストレベルだった・・・
ベビドラがアメリカンハードロックだとするならばこちらはヨーロピアンクラシック!
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
J.レノ扮する泥棒稼業の父親を挟んだ、異母姉妹になる娘二人の張り合いや、周囲まで巻き込んだドタバタは可笑しく家族の間のコメディ色が強い。敵役パスカル・ドゥモロンの吸引力、愉しい音楽も好み。
疎遠だった親子が父親のある計画のために再会し、裏切られた相棒から1500万ユーロを奪うという物語。
華麗なる(?)騙しのテクニックを駆使するというよりもパパと娘が失った時間を右往左往しながら埋めていくという点に主観をおいているためか、むしろ娘達のコスプレしか印象がないという感じ。むしろ、当の娘達がせめて20代……せめて20代後半だったらパパとの確執も理解できなくもなかったんだけど……。
リーム・ケリシもカミール・シャムーも悪くはナイんだけど……イヤ確かに、ジャン・レノの年齢考えると妥当な線なんだけど……。
ha7ta6

ha7ta6の感想・評価

3.0
音楽が効果的。
ジャン・レノさん、ちょっとムリしてる感が…。
ラスト、何故に日本人の扮装?
ジャンレノが主人公のコメディ映画ってどっかしらのシーンに日本関連のネタが出てくる
なんだこの軽さ、盗っ人ものですが最後まで軽ーい。ふわふわせんべいか綿あめみたいな、コメディでないようでコメディタッチ。ジャンレノ好きだけどこれは一度見たらもういいです。
>|