スクランブルの作品情報・感想・評価・動画配信

「スクランブル」に投稿された感想・評価

橋の上からトラックに飛びのって
落っこちそうになるって
他にやり方ないのかよ
R

Rの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

自宅で。

2017年のアメリカの作品。

監督は「トランジット」のアントニオ・ネグレ。

あらすじ

高級クラシックカー専門の強盗、フォスター兄弟(スコット・イーストウッド「キャッシュトラック」、フレディ・ソープ)は今回も世界に2台しかない37年型ブガッティをオークション会場からの搬入中に強奪することに成功するが、落札したのが強欲なマフィアのボス、モリエール(シモン・アブカリアン「パリのどこかで、あなたと」)だったために兄弟は捕らえられてしまう。命を助けることと引き換えに敵対するマフィアのボス、クレンプ(クレーメンス・シック「ステラ-真昼の誘拐-」)の所有する62年型フェラーリを強奪しなければならなくなった兄弟は仲間たちを集め、強奪計画を企てるが…。

Netflixにて。パッケージからもわかる通り、「カーアクション」の「ケイパーもの(チーム強奪もの)」というと、どうしても真っ先に頭に浮かぶのはご存知「ワイスピ」シリーズ。確か公開時もワイスピの公開の陰でひっそりと公開してたり、主人公のアンドリューを演じているクリント・イーストウッドの息子のスコットは「ワイスピ」にも出てたりと作り手も2匹目のどじょうを狙ったのかな?

ただ、ワイスピと異なるのは兄弟が狙うのは高級クラシックカーという点。ということで、冒頭からブガッティが出てきたり、マフィアのモリエールの所有物として、アルファロメオ、ダッジ6、コルベットC1.オースティンヒーレ、シェルビーコブラ、ジャガーEタイプ、BMW、ポルシェ…etc車田正美に疎い俺でも名前くらいなら聞いたことがある超有名カーが揃い踏みで好きな人は見ているだけで楽しいのではないだろうか。

ただそんな超高級クラシックカーよりもなによりも、多分大概の人にとってはヒロイン役であの「007」シリーズで一気に知名度とファンを増やしたであろうあのアナ・デ・アルマス(「ナイト・ウォッチャー」)が出ているという点に尽きるだろう。今作では実行グループではないもののハッカー?としてチームをサポート、また劇中では水着姿も堪能できる!!うーん、セクシー!!

いい女といい車が揃えば、ワイスピくらい面白い!!…とは思ったんだけど、お話部分に関しては個人的にはかなりイマイチ!!

まずケイパーものといえばの仲間集めのパートなんだけど、アナちゃんともう1人のかわい子ちゃんデヴィン役のゲイア・ウェイス(TUBE チューブ 死の脱出」)は良いとして、あとは数合わせとばかりに太っちょのボマーと外国人のモブ数人って適当すぎる…。

あと肝腎要のケイパーシーンもなかなか本筋に行くまで遅くて、遂に始まってもワイスピのぶっ飛んだ展開に慣れちゃってる身からすると地味…。ちょっとしたどんでん返しもあるんだけど、まぁ予想がつく範囲内だったし、これだったらワイスピの方が予算以外の面でも軍配は上がるかなぁ。

ワイスピと差別化を図るならば、そこら辺もう少し工夫しても良さそうなのに、これならワイスピ観れば良いやってなっちゃう。結局はアルマス目当てという以外ではあんまり記憶に残らない作品でした。
決して避けることの出来ない『ワイルド・スピード』シリーズとの比較を恐れず制作したことは誉めたい。
終盤のアレをやるために仲間の頭数を増やしたはいいが、その大半が名前も与えられていないモブというのはあまりにも残念。

アナ・デ・アルマスはやっぱり可愛い。
chika

chikaの感想・評価

3.4
アナデアルマス観たさで!
車かっこいいけど後半のレースは車好き向け🥲
fm

fmの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

クライムアクション

「カモは自分がカモだと気付かない」

フォスター兄弟 → オークション出品車ブガッティを盗み落札者のモリエールから怒りを買ってしまい、覇権争いをしているクレンプからフェラーリを盗み出すのを条件に自分達の命と引き換えにしてほしいと提案する

兄アンドリュー ハッカーステファニー
弟ギャレット スリ師デビン 爆弾レオン

モリエール クレンプ

ステファニー=アナ・デ・アルマス
デビン=ガイア・ワイス
toilet

toiletの感想・評価

3.0
イケメンフォスター兄弟と仲間たちが車を盗むお話。
高級外車がたくさん出てくるのだけど、車の知識がないので、どれほどの貴重な車か分からないので、あまり楽しめなかった。
なので、車好きの人には良い映画だと思います。

あと、ストーリー的には可もなく不可もなくな、そんなに盛り上がる要素もなく、ラストはレースゲームかなって思ってしまった。
結局、アナ・デ・アルマスが出演しているのがとても大きい。
みぃ

みぃの感想・評価

3.0
美しいクラシックカーが見もの。
序盤、中盤は少し退屈。
個人的にあまり推せなかった。
cho

choの感想・評価

3.0
なんか普通だなぁって思ってたら、
お、おもろい展開やんけ!から、
あれ、終わっちゃうのか…でした。
ユウキ

ユウキの感想・評価

3.7
ぶんぶんぶ〜ん🚗🚖🚌
クラシックカー専門の強盗団、フォスター兄弟が今日も完璧に盗みだす。はずが、今回ばかりは相手が悪くて...

主演は『アナ・デ・アルマス』
あ、今『ノータイム・トゥ・ダイ』で話題の人だ。
他には『スコット・イーストウッド』
ん?『スコット』イーストウッド?『クリント』じゃなくて❓
調べてみると、あのクリント・イーストウッドの息子さんとのこと。初めて知った。
だけど、2ショット写真を見ただけだと孫とおじいちゃんの関係に思えてしまう笑
で、いざ今作を観てみるとメチャクチャそっくり。特に目元が、父親譲りのイケメン

結末は結構意外で、残さず全部奪い取る。全てはフォスター兄弟の手のひらの上だった。みたいな感じ。

クラシックカーの価値が分からない自分でも十分に楽しめました。
車にそこまで興味ないし、価値もわからないけど
ズラリとならぶ高級車は壮観でしたね。
カーアクションもありえないくらいド派手……
ってわけじゃないけどちゃんとカッコいい。
チームの面々のキャラをもっと知りたかったけど、
尺的に無理だろうしストーリー上必要ないか。
アナ・デ・アルマスは今作でも輝いていました。
あんな子を助手席に乗せてプロポーズしたいよね。
あ、免許持ってなかったわ←
>|

あなたにおすすめの記事