スクランブルの作品情報・感想・評価

スクランブル2017年製作の映画)

Overdrive

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

「アル・カポネが銃撃用に改造した車だ」などと、ひと目でその車の伝説を語る膨大な知識を持ち、兄のアンドリューは頭脳、弟のギャレットはメカニックを担当──それが高級クラシックカー専門の世界一の強盗団、フォスター兄弟だ。彼らにとって、どんな盗みも成功させるのは当たり前。大事なのは、誰も思いつかない〈驚愕の手口〉で、いかに美しく完璧に盗むかだ。今回もオークション会場から搬出された世界に 2 台の 37 …

「アル・カポネが銃撃用に改造した車だ」などと、ひと目でその車の伝説を語る膨大な知識を持ち、兄のアンドリューは頭脳、弟のギャレットはメカニックを担当──それが高級クラシックカー専門の世界一の強盗団、フォスター兄弟だ。彼らにとって、どんな盗みも成功させるのは当たり前。大事なのは、誰も思いつかない〈驚愕の手口〉で、いかに美しく完璧に盗むかだ。今回もオークション会場から搬出された世界に 2 台の 37 年型ブガッティを奪うはずだった。しかし、落札したのが残忍なマフィアのモリエールだったために、兄弟は囚われの身に。命が助かる条件は、敵対するマフィアのクランプが所有する 62 年型フェラーリを 1 週間で盗むこと。アンドリューの恋人で一流ハッカーのステファニー、指名手配中の天才スリの美女、火薬が恋人の爆弾オタクら寄せ集めチームで、犯罪史上最大の強奪作戦に挑むはずが、インターポールに追われ、ステファニーを人質に取られ、挙句の果てにはクランプに計画を知られてしまう。だが、実はピンチさえも兄弟の〈計画〉だった──。

「スクランブル」に投稿された感想・評価

特に強調材料ナシ。
カーチェイス、ストーリー展開とかちょっとウンザリする所があるので低評価で。
s

sの感想・評価

2.5
見せ方次第でもっと盛り上がったんじゃないかなぁと。
ロク

ロクの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

決して面白く無かった訳ではないんだけど、一言で言うとワイスピの劣化版(^◇^;)高級車専門の車泥棒とかセクシーな姉ちゃんや腕っ節の強い男など色んな奴らを集めて悪党に一泡吹かせるとかワイスピシリーズで何度も描かれてきた内容を舞台をイタリアに移して描いているだけなので新鮮味がまったく無かったのは残念でした。まぁ、ド派手なアクションと女優陣のレベルの高さは良かったですね。
悠

悠の感想・評価

-
【世界の名車、総盗り。】

Overdrive
世界に数台しかないようなレア車がわんさか出てくるので、とっても安全運転なカーチェイス。傷をつけないように、ぶつかりそうになったら避ける笑

恋人役はノックノックの金髪のかわいい子。髪の色が黒くなってもかわいい。
ただ、天才ハッカーなはずなのにどうしても頭良さそうに見えないのね…
兄弟がクレバーなのだから彼女はただただ愛嬌あってかわいいだけの足を引っ張る子でも十分だった気がしました。
Nimet

Nimetの感想・評価

3.3
好みの車があんまり出てこなかったけれど、まんまと騙されちゃったりして楽しく観られた。
主役がクリントイーストウッドの息子とは知らなかった。
たぶ

たぶの感想・評価

3.7
見終わったあと真っ先にキャストチェックして
あの美女二人を追った。
ワイスピよりもシンプル。
余

余の感想・評価

-
記録
なんも考えずスッキリしたい時にはいいと思う。
車のアップとエンジン音かかる演出?は好きだった。
お兄ちゃんより弟派かな
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.5
原題は、”Overdrive”で、「暴走すること」を意味するのだろうけど、邦題は「緊急発進」を意味する「スクランブル」で少し違和感を感じました。これは、原題通りに「オーバードライブ」でも良かったのではないか?(と思っていたら、既に同じ邦題の作品がありました。すみません) 単なる車泥棒の話だと思っていましたが、実は、往年のクラシックカーの展示会的な作品で、それをクリント・イーストウッドのご子息が疾走させていました。私は、車好きというわけではないのですが、ファンにとっては垂涎ものでしょうね。カー・アクションもそこそこ見せ場があり、楽しめました。しかし、あれだけの名車があったので、事故や傷に対する車両保険の加入が大変だったのではと感じるのは私だけでしょうか?
スー

スーの感想・評価

2.0
突っ込みどころが満載で、最初の強奪シーンも既視感あるものの、スマートじゃなくてズコッて感じ。。

景観や車、役者はよかった、かな。
>|