バック・トゥ・ザ・フューチャーの作品情報・感想・評価

バック・トゥ・ザ・フューチャー1985年製作の映画)

BACK TO THE FUTURE

上映日:1985年12月07日

製作国:

上映時間:116分

4.2

あらすじ

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に投稿された感想・評価

映画が好きになっただけでは無く、確実に人生を変えた一番の作品!

エンターテイメントの教科書みたいな存在で、キャラクター、ストーリー、伏線、新鮮さ、懐かしさ、音楽、スピード、、、
どれも最高!


現実の2015年は映画の状態まではいかなかったけど、あと30年待てば…


好き過ぎて、感情論ばっかりになってしった
内容の良さは他の人がちゃんと書いてるので割愛


死ぬまでには絶対デロリアン買う!
ボム5

ボム5の感想・評価

5.0
シリーズ1
いく

いくの感想・評価

4.3
男はみんな好き。
ワクワクさせてくれる映画。
「どうやらお袋さんは君にイカれたようだ」


このセリフ最高😂笑


BTTFはアドベンチャーなのかと思いきや、まさかのラブコメ💓
さすがにBTTFでタイムトラベルするのは知っていたので、「BTTFってタイムトラベルして何すんの?」ってところに期待していたのですが、BTTF PART1はタイムトラベルにまつわるお話に終始していた印象です。アドベンチャーはBTTF PART2以降のお楽しみ...って感じでしょうか?


ただBTTFでのラブコメのクオリティは高く、笑えるシーンも多かったのは良かったです😊


またBTTFの魅力はキャラクターにあるのでしょうね。

情に厚い主人公の≪マーティ≫(けっこうイケメン!)
奇天烈な発明ばかりだけど、夢に一直線な姿が素敵な≪ドク≫
140km/hのスピードと1.21ジゴワットの電力で時空を超える≪デロリアン≫
ただのジャイアン。Just Look Like Giant。≪ビフ≫
頭ブっとんでる系ヤ××ンママ≪ロレイン≫

ぼくは特にお父さんがお気に入りですね!
現代のヘタレっぷりが見事にそのまんまな≪1955's Father≫のヘタレ具合がキュートでたまらんです💓
「ダメンズ」を好きになってしまう女子の気持ちがなんとなくわかりましたよ笑


あ、やべ初稿で書くのうっかりしたので追記しとくと、伏線回収の気持ちよさ、脚本の妙は素晴らしかったです!!
どんでん返し系とか伏線回収好きなサスペンス脳の方にはかなりオススメできると思います!😎





はい。BTTF言いたいだけの感想はこの辺にしときます笑
こっから少し真面目な話。

よ〜〜〜〜〜やく観ました。BTTF🕗
私の不徳の致す所で今更ながらの鑑賞と相成りましたことをお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

さて、映画界には観ていないと映画好きを謳えないどころか、人権すら与えられないような超有名映画が存在しております。
そやつらのせいで言われなき迫害を受けたという経験、みなさまにもあるのではないでしょうか??

迫害はだいたい『 ゛』からはじまります。
Fワードならぬ『 ゛ワード』です。
※発音はわかりません...

「え゛!?まだ観てないの?」
「え゛!?なんで観てないの?」
「え゛!?あれめっ↑ちゃ↓面白いのに!」
「あ゛れ観てないで映画は語れないよ!」
「あ゛んた映画ばかり観てないでたまには外で運動しなさい!」
「お゛昼ご飯出来たわよー!!」
「な゛んかい呼んだら部屋から出てくるの!!」
「み゛そ汁冷めるわよー!!」
「ラ゛ーメンのびるわよー!!」




...
......
.........
............うっせーーー😡😡😡🌋🌋🌋


...はい。
とまあ、このような『 ゛ワード』が飛んでくる恐ろしい映画たちを仮に『 ゛映画』といたしましょう。
※発音はわかりません...


今回はそんな恐ろしい映画村を賢く生き抜き村民権を得るために、
数々の迫害を耐え抜いてきたわたくしが独学で編み出した『 ゛映画』の見分け方をこっそり伝授したいと思います☝️


💡『 ゛映画』の見分け方その①「続編ありがち」

既得権益層は、普段迫害している弱者の反逆を恐れ、簡単に迫害の構図が崩れないように、有名映画をすぐシリーズ化しやがります。

BTTFもまさに三部作!
三部作ならまだ可愛いもんです。
『男はつらいよ』にいたってはもう観るのがつらいよ。。


💡『 ゛映画』の見分け方その②「省略しがち」

BTTFが正にそう!いや、BTTFって何やねん!!!😡

BackとFutureはまだ良いけど、ToとかTheとかOfとか「てにをは」をイニシャルにすんのやめろ!わからんなる!😡

MCU DCEU SW 007 MIなどなど。
ターミネーターなんてT1文字!
日本語でもハリポタとかアナ雪とかやたら省略されがち!


よくよく考えてみると、このFilmarksというアプリ。
映画鑑賞歴がリスト化され迫害の対象かどうかが白日の下に晒される恐ろしいアプリなのでは...

Clipに『 ゛映画』を入れてしまったら一環の終わり...

Mark増やす→リストを埋める→観てないことをごまかすしかないのか...

というわけで、今日も明日も元気に映画いっぱい観ようっと!
uuuuua

uuuuuaの感想・評価

-
さいごないた
やぎ

やぎの感想・評価

4.1
何度もみた
とても面白い作品。
特に一作目主人公がギターを弾き会場が唖然とする中「君たちにはまだ早かったかな」と行って走り去るシーンが1番好き。
sleepygoat

sleepygoatの感想・評価

3.0
歩いてたらたまにドクみたいな人おるよなぁ
MOMOLIONS

MOMOLIONSの感想・評価

4.4
日曜日の午後、ツタヤに何か見るものないか物色しに出かけた。結局、新作以外は大して発掘もできず、これなら家帰って既存のビデオ見ようと、棚をザッピングして久しぶりに見た。
 Jフォックスは病気になるまで、割と気に入って見ていて、摩天楼は〜やカジュアリティーズなども見たがなんと言っても、この三部作があればこそ、マイケルJフォックスここにあり。である。
 タッパが無いせいか、可愛い顔してるけど、2枚目にはならず?コメディ中心になったのか、そこら辺はあんまり詳しくは無いけど、この映画のマイケルもコミカルで、殺人シーンなども最初から全く血の気がなく、コメディのワンシーンとしてインプットされるのである。
 オースティンパワーズも同じように殺人シーンが全く血の気がなく、あれも不思議に感じたけど、タイムトラベルとコメディの融合したSFアクションコメディと言ったところか。(オースティンもねw)

結局そのあと、3部作全部をザッピングしてしまった(笑)
>|