ターミネーター2の作品情報・感想・評価

ターミネーター21991年製作の映画)

Terminator 2: Judgment Day

上映日:1991年08月24日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ターミネーター2」に投稿された感想・評価

とも

ともの感想・評価

3.9
前作でか弱い女子大生やったサラコナーがムキムキ美女になってる笑笑
めちゃめちゃかっこいい
Lie

Lieの感想・評価

4.5
うん、何回観ても良い!
父親が居なかったジョンにとって父親のような存在になるT-800。という関係が良くて良くて…(父子関係に弱い)

・ライフルを片手で回して装填するという最高にカッコイイ技を習った映画
・T-1000が銃撃されたときの効果音と動きが好き
・犬には「分かる」
・フロッピーの時代(しみじみ)
・観るたびにジョンの美少年さに驚く(笑)
・ターミネーターって敵味方に関わらずしぶといからおもしろいのだよね
ayako

ayakoの感想・評価

3.9
1と比べると技術と面白さがかなりレベルアップ!

イケメンなのにママ、ママってのがやっぱり10歳やねんなー

独創的だと思われたいからって何でも作っていいわけやない
中国のクローン実験にも通ずるかなあ

このレビューはネタバレを含みます

ジョンが美しい
t800に悪口教えてる時、サラが口出さないのがカッコいい
「人間がなぜ泣くかわかった」に泣き、サラの最後のセリフに毎回ハッとさせられる
何回続編作っても、超えることが出来ない作品。
2のせいで、何を作っても酷評されますよね。

2年前くらいに3Dで鑑賞できて、もうこれが最後かと思ってたら、もう一度見れたのでめちゃくちゃ嬉しかったです。

まず、この映画のキャストが最高にカッコいいです。ロバートパトリックのサングラスは、世界で1番似合う人じゃないですか。本田圭佑も似合いますが、こっちに軍配をあげます。

そして、エドワードファーロング、美男子すぎます。日本でも初めてのHのcmでお馴染みです。

最後はシュワちゃん。このシュワちゃんのサングラスにハーレーは憧れます。外国人って良いなーって思える着こなしです。

この映画の良いところは、映像革命と言っても過言じゃないのに、実写で撮れる所は実際に撮っていうところなんですよね。
その使い分けが上手だからここまで迫力が出るんだと思います。

ラストシーンは、超名シーン。👍はカッコ良すぎる。

劇場では、両サイドの人がずっと笑ってて、若干迷惑でした笑
サラコナーがT-1000に銃で何発も撃つとこ笑うシーンじゃないですよね⁉︎
Yuki

Yukiの感想・評価

-
これがかの有名なターミネーター2か、、!て感じ
そりゃ愛されるなあて思った
でも1の方が好きかも
ドラマ感あったからかなあ

このレビューはネタバレを含みます

過去鑑賞記録です。

中学生の頃にVHSで観てから、おそらく計3〜4回は観ていますね。
11月16日(土)に、久々に地上波で放送されますから、これを機に記録します。

前のレビューが『人生の特等席』ですから、ロバート・パトリック出演作が続きました。

「今作を観てアクション映画に興味を持った」という声もよく耳にします。👂


自分も今作『ターミネーター2』はもちろん好きですけど、それこそ好きな人はもう何十回も観てるような人もいますから、そういう人に比べるとまだまだです。😥


ゲームの『ストリートファイター』同様に、1作目をした事は無いけど、2作目は大好きという人もいますね。
もし、全世界の映画ファンで「好きな続編映画」総選挙をしたら、今作はかなり上位だと思います。


※今回も結末までネタバレします。未見の方は読まない方が良いでしょう。
あと、熱烈な『ターミネーター2』ファンにとって、あまり気分の良くない意見も出ます。予めご了承下さい。🙇🏻‍♂️


🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶🕶

【基本的にはタイムトラベル映画のシリーズ化には否定派です】⏰

1作目よりも2作目の方が好きな作品は自分も何本かありますけど、基本的にはこの手の「タイムトラベルもの」は続編を作るのが難しい題材だと思うんです。
とはいえ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー:PART2』なんかは、(.少なくとも自分は)そんなに違和感を感じなかったので、断言は出来ませんけどね…。😥



今作の方が前作『ターミネーター(1作目)』よりもワクワクして好きですけど、ストーリーの問題で「完璧な映画だ!🙌」と言えないのも正直なところです。



👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️👮‍♀️

【どうも気に入らないポイント】


❶ジョン・コナーが将来の世界を救うリーダーになるとは思えない。😡

「エドワード・ファーロングが美少年で愛着が湧く」って言う人もいますが、美少年かもしれませんけど、自分は単なる悪ガキだと思います。

少なくとも真面目な好少年ではありませんし、普通はそういうエリートがリーダーになるべきでしょう。


❷なんで、前作では敵だったシュワルツェネッガーが、今作では味方になって未来からやってくるのか分からない。🤷🏻‍♂️

実際にサラ・コナーもびっくりしてましたけどね。😱

それにずっと気になっていましたけど、未来からターミネーターがもっと昔に送り込まれてもいいんじゃないでしょうか❓

だから今作でタイムマシンのルールが分かりづらくなった気がします。



❸T-800は、確かに人を殺してはいないけど、多くの人がかなりの被害を受けてる。🦵

揚げ足を取るようですけど、自分には

「人を殺さなければ、いくら傷つけてもいい」

って欺瞞にも感じました。💢

サラ・コナーの

「人の体には約200本の骨があるのよ。1本ぐらいなによ。」(骨の正確な本数は忘れましたが…)🦴

みたいな一言が今作を物語っています。

「人類滅亡を回避するためには、多少の犠牲は仕方がない」って割り切った考え方なんでしょうが、ちょっと今の自分とは価値観が違いますね。😥


❹サラ・コナーにしても、確か、ダイソンと言う今作のキーマンとなる男が、彼を殺せるのに子供がいたから殺さなかったですね。
でも結局、彼は死んじゃいます…。
残された遺族が可哀想です。😢

🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣🛣

【ベタに好きなポイント】

①とにかくロバート・パトリック演じる液体金属ターミネーターのT-1,000が強いし、怖いし、しぶとい。

まず序盤の追跡シーンからワクワクします。
ジョン・コナーもシュワルツェネッガーのT-800が来るまでは

「俺、こんなトラックに追い回されるほど悪いことしたか?」

ってビックリしたでしょうね…😱。

「ダダンダンダダン」の電車に乗ってるみたいなテーマソングが印象的ですが🚃、追跡シーンの金属音みたいな音楽も不気味で耳に残ります🔪。


②そして、「地獄で会おうぜ ベイビー」🔫の時にT-1000がもう死んだと思いきや、また蘇るくだりは、「えぇ〜。もういいよ。死んでくれよ。」ってうんざりします。😩


『エイリアン2』といい、ジェームス・キャメロン監督作品に出て来る敵は本当にしぶといです。それが作品の面白さ・ワクワク感にもつながってます。


ただ、ハリウッド映画の映像技術はどんどん進化していますから、現代の中学生とか高校生が今作を観てもワクワクするでしょうかね❓🤔

そこはちょっと意見を聞いてみたいところです。


③ヒト型ロボット:ボブおじさんと不良少年ジョン・コナーの心の交流。


サラ・コナーが2人の戯れる姿を見て

「人間よりロボットの方が良い父親替わりになるわ」

みたいにしんみり考えていましたが、それってすごく悲しいことですね…。😔



④ラストシーンは、観ている自分も泣いちゃう。😢
道路の車線とリンダ・ハミルトンの語りで物語が終わるのも渋くていいですね。🛣


ただ、テレビで観るとラストの感動の余韻に浸る間も無く「来週の土曜プレミアムは〜」みたいな次回予告になるので、感動が一気に冷めます。⤵️



それとは別に、

やっぱり続編を作ると、「どうせ続編でもシュワちゃん出てるじゃん😅」ってなっちゃいますから、その分、感動も少なくなる気もします。

『3』も『4』も『新起動』も、それぞれ良い部分もありますけど、やっぱりシリーズ化せずに(終わらせて)欲しかったです。
それこそ、『ターミネーター』です。👍
モカ

モカの感想・評価

4.0
噂に違わぬ大名作でした。ここぞというときの見開き大ゴマばーん!的で巧みな演出が満載。
前作のヒットで予算倍増。CGIの技術も上がり(液体金属のアイデアは監督の作品アビスから流用)監督の演出や編集技術も上がり全体的にクオリティが上がっているのに1の面白さには到達出来ていないと個人的に思う。ただ核爆発のシーンは本当に素晴らしく恐ろしい。核の恐怖を教えるために学校の教材にするべき。
みぃ

みぃの感想・評価

3.8
1作目ではごく普通の女性で守られる側だったサラが、今作では屈強な女戦士に。
懸垂で魅せた腕の筋肉、羨ましい。
ジョンもまた美形な少年で、言うことなし。
何十年たっても色褪せることのない納得の内容。
>|