JAWS/ジョーズの作品情報・感想・評価・動画配信

JAWS/ジョーズ1975年製作の映画)

Jaws

上映日:1975年12月06日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.6

『JAWS/ジョーズ』に投稿された感想・評価

りお

りおの感想・評価

4.2
なんの捻りもない生き物だからこその怖さ。
おもろいシーンもいっぱいあった。
じろう

じろうの感想・評価

3.5
サメの迫力と血の量で、食い付くように観てしまった。最後のシーンがかなり素敵。
やっぱりデブの存在って映画ではキーマンになるり、デブは世界を救うと感じた。
ただ、私は絶対にデブになりたくない。
hamami

hamamiの感想・評価

3.6
思ったよりグロい、、絶対死ぬと思った人案の定死ぬからおもろい
最後あ、これで終わりなんやってなった笑
ストーリー:4
映像:4
演出:4.5
メッセージ性:3.5
革新性:4.5
こつ

こつの感想・評価

4.0
幼少期のトラウマ映画🦈🎞
今見ても結構怖い😭
🦈の姿なしで怖がらせるのがうまい。
麺類

麺類の感想・評価

3.5
思てる倍の尺ある。

長い。こんな長かったかこの映画…ってなる。

パブリックイメージとしての、海水浴場でパチャパチャ遊んでたらサメが来て阿鼻叫喚ってシーンは前半だけ。後半は船で沖に出てひたすらハンティング。

結構しっかりパニックホラー。サメのおっかなさがこれでもかと描写されている。人体の欠損や流血も割と見せてくる。

サメがマジでしつこい。何戦するんだ。もういいだろって何度思ったことか。サメこえ〜とは思うけど、如何せん飽きるんよな。わかったわかった…ってなる。

このレビューはネタバレを含みます

スピルバーグ作品は分かりやすい演出が魅力だと感じる。だから大衆受けするんだろうなと思う。クイントが広島の原爆を運んだインディアナポリス号の思い出を語るシーンが印象的だった。陽気で粗暴な男がトラウマを怯えつつも吐露している。最後のジョーズとの決戦が夜か昼かよく分からない。空に特に物語と関係のない宇宙船が飛んでいるシーンを見つけたため、軽く調べてみたところ、次回作の「未知との遭遇」で宇宙人を扱うため、スピルバーグが我慢できずにぶっ込んだらしいことが分かった。やりたい放題だと思った。
Mikit

Mikitの感想・評価

3.4
初めてちゃんと観たー!
最初から最後まで飽きることなく惹きつけられてあっという間の2時間だった。
序盤の“楽しいビーチがサメでパニックに”ってゆうイメージしかなかったけど、サメ退治しに行くのがメインなんやな。
最後の最後に1人やられてしまったのはビックリしたけど、サメが大変リアルでクライマックスは圧倒されました。
ところどころ、あ、ユニバ!ってなって楽しかった
ま

まの感想・評価

4.5
やっぱり名作は本当観てて飽きないし、すんごいワクワクする

どうやってサメを倒すのかハラハラしながら観てた。本当食い入るように観てた。

音楽、展開全てが最高です。
Akari

Akariの感想・評価

2.5
面白かった〜
古いからこそまあまあなグロさ笑
サメってあんなに頭いいんか、、
>|

あなたにおすすめの記事