恋しくての作品情報・感想・評価・動画配信

「恋しくて」に投稿された感想・評価

大好きな80年代青春映画の名作です。ジョン・ヒューズらしい音楽とスクールカースト。王道なんだけど何回も観たくなっちゃいます。どうしてもワッツの立場で観てしまうので、ホント切なくて応援したくなるんですけど、ラストのキースの心変わり?というか、初めて大切な人だったと気がつく描写がもう少し丁寧だったらな…といつも思っちゃいます。いくらなんでもこれはアマンダ可哀想って…。その辺りは同スタッフの名作「プリティ・イン・ピンク」の方が好みです。あとタイプの異なる二人のヒロインがとても可愛いので、それだけでも観てて幸せになれます。
葉柏

葉柏の感想・評価

3.5
最高にベタなラブコメ。
「僕の未来が似合うよ」なんて名ゼリフ!
本命だとしても初デートに大学費を充てるのはヤバイ。
bttfのお母さんじゃん!の印象が強すぎた
展開は読めるんだけど
セオリーに沿いすぎて逆に勉強になった
ジョンヒューズ脚本ならなんでも好きです!
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

4.2
地味な高校生キース(エリック・ストルツ)は唯一の親友が幼馴染のワッツ(メアリー・スチュアート・マスターソン)だったが、密かに美人のアマンダ(リー・トンプソン)に恋をしていた。ある日、キースはアマンダとパーティへ。密かにキースを想うワッツだったが、当日の運転手としてキースを応援することにする。

猛烈に好き!な青春ラブコメ映画。
設定も展開もバカバカしいけど、その爽やかさと出演者の魅力にハマった。と言っても、9割方メアリー・スチュアート・マスターソンなんだけど。笑

彼女はその後あまり作品に恵まれず、面白かったのは「フライド・グリーン・トマト」「妹の恋人」くらい。演技が単調なのが理由のような気はするが、ちょっと残念だ。
それでもこの映画の姿は忘れられないものがある。ボーイッシュで秘めた想いを隠し続ける女の子の役で、ショートヘアがばっちり似合い、ドラムをたたく姿や斜に構えて挑発的なスラングを放つ姿が最高だ。

同じ年代に作られたブラットパックの青春映画とは少し違う路線だが、青春映画が好きなら新鮮に楽しめるはず。
意外とおすすめの一本だ。

他にも、当時のみんなの憧れリー・トンプソンや、やっぱりコメディの似合わないエリック・ストルツの姿も楽しめるが、スキンヘッドの不良を演じているのが後に「ガタカ」「シン・レッド・ライン」「ザ・シューター/極大射程」で顔を見せるイライアス・コティーズなのにびっくりだ。
Shizka

Shizkaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

リー・トンプソンが見たかった。ロレイン・ベインズが見たかった。ただそれだけだった、はずだった。

ニヤニヤしてしまう、モテない男のぶっ飛んだ発想。なんだあのデート、プロポーズでもすんのかよw 学費一年分のピアスをファーストデートで、、この童貞めw

ニヤニヤしつつもさて、どんな結末を迎えるのか興味深々で見ていたんだけど、最後にパーティにあのギャングたちがくるのはわかるじゃん? あの人たちしか事態を収集できないからね。ガチバトルで終わった方がカッコいいけど、あれもひとつの決着かもしれん。うーん。そうかもしれん。

それよりもあの結末よ! なんだよあれ! 今になって大事な人に気づくとかおかしくない? 手も握ったことのない童貞ならあのガレージのキスでもう「あれ、この子好きかも」と傾くんじゃないの? 

しかもですよ、マドンナ、リー。たしかに面の皮で彼をデートに誘ったんだろうけど、「やっぱこいつじゃーねーわ」と思ったのか? いやあ、いやあ、キスしといて? 「わたしを真面目に愛してくれる人はいないんだわ」と怒りそうなものじゃない? なんかおかしくない?

対して幼なじみの彼女はカッコ良かったよ。男泣きだよ。黙って去っていく後ろ姿がいじらしくて、たしかにこういうのも青春なんだよねーと思ったよ。でもピアス? 受け取るの!? 男は童貞だからしゃーない。ダイヤはダイヤじゃん、と思ってもまあ童貞だししゃーない。無神経でも童貞だからしゃーない。

女の子! 受け取るな! それはお前のために買ったものじゃないんだぞ? しかも試着済みだぞ? 

ラストのどんでん返しとはよく聞く言葉だが、これは、、これは、、あー!!と叫びたくなるような、今までのニヤニヤがどんでん返しされた感。

いや、あれはおかしい。いや、おかしい。
ジョン・ヒューズ脚本、ハワード・ドイッチ監督、はい、『プリティ・イン・ピンク』の再来ですね、同じ世界観、同じ高校か?という感じです。スクールカーストがしっかりしてまんな。ユーモアがないと『BTTF』を降板させられた可哀想なエリック・ストルツはキリッとカチッとした印象ですが案外野暮ったいです。そんな下町のガススタでバイトするエリックが学園のマドンナ、リー・トンプソンに懸命にアタックする話ですがそこはジョン・ヒューズ。実は主人公は幼馴染みの男勝りなロックギャル、メアリー・スチュアート・マスターソンちゃんなのです。ファッションとは裏腹なピュアなメアリーをみんな応援するワケです。高校生の北村一輝みたいなクレイグ・シェイファーも良いですが、ハミ出し者のハゲ不良のエリアス・コーティーズが全部持ってくというどのキャラもクセがあって素晴らしいです。
2021.3.2.
DVD
ゑ

ゑの感想・評価

-
母に勧められて鑑賞
超王道三角関係!
スタイリング全部かわいい!
コサージュみんな付けてて素敵

健気なワッツ 可愛すぎてる
キスの練習して赤くなっちゃうとことか!
練り香水付けるとことか!
妬いて急ブレーキたくさんするとことか!
ワッツにばっか感情移入しちゃった〜
好きな人の恋路を見守るなんて苦しいぞ〜
いま自分が上手くいってないから、やたらと泣いてしまったなぁ
男なんてクソだな!と肩を叩いて慰め合いたいシクシク

かなり好きだったなぁ
お気に入り!私もトムボーイになりたい
自分の気持ちを隠しながら、幼馴染の男の子の恋を応援するボーイッシュなメアリー・スチューアート・マスターソンの魅力が炸裂してます✨

少女漫画の王道なストーリー展開でもうキュンキュン❤️

エリック・ストルツの若いときってなんか妙にマイケル・J・フォックスのイメージが付きまとうんだけと、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の降板騒動のせいだったのか。
たしかにストルツは影のあるイケメンだからマーティ役は違うよな...
この映画はせつない感じでハマってた❗

個人的にはスキンヘッドの彼とワッツがファッションや音楽的にお似合いだと思ったんだけどな。
うわぁ青春だぁ!いつも強がってる子が素直になったときの破壊力…この時代のファッションもめっちゃ素敵
むー

むーの感想・評価

3.8
10本目

まさかのスキンヘッドいいやつ。
キャラ一番すきだわ〜
素敵だけどなんか切なかった
80ガールズのヘアが可愛い
>|