バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3の作品情報・感想・評価

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART31990年製作の映画)

BACK TO THE FUTURE PART III

製作国:

上映時間:119分

4.1

「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」に投稿された感想・評価

べーる

べーるの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2でドクが1885の西部に飛ばされてしまった。マーティ派1975?に取り残された。過去にいるドクからの手紙によって、マーティーは帰れることに。自分帰れたら助けなくていいって言われたけど...ドクの墓を見つけてどくをたすけに!1885には着いたけど、ガス欠、かえれねぇ!
結局汽車利用して帰るけど
西部劇展開、まさかのドクのラブストーリー的展開、激アツ。
やっとこのシリーズを観終わる事が出来ました👀
映画結構観てるのになぜback to the future観たことないのといわれ続けていつか観ようと思ってはや四年。長かったけど確かに面白かった!
イーストウッドのくだりとか思わずにやりとしてしまうこのシリーズ。個人的に昔の金曜ロードショーでやっていた映画系は字幕より吹き替えで観たいので今作も吹き替えで観ました👀純粋に楽しめました👀
個人的に最後にドクがいうセリフ響きました
momo

momoの感想・評価

4.5
今回もお決まりの!
ドクも幸せにってよかった
未来は白紙になり自分で作るのか
え?!機関車?!?!そこはデロリアンであれ!!!!!と思ったけど、終わり方はスッキリしててよかった
NAOKI

NAOKIの感想・評価

4.0
さて飯屋のゼンさんとの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」談義もこのパート3で完結です😁💦

パート2と平行して作られた本作はなんと西部劇!なんと主役はほとんどドクです。
「ゼンさん…おれはもう何も言わないよ…ゼンさんから一言…決めて」

「クリント・イーストウッドは鉄板…ということで」

「くっそー上手いな💦」

「クリント・イーストウッド渓谷ってほんとにあるらしいぜ」

ゼンさん…あんまり流行ってない飯屋の大将…ずっとやってろよ😁💦
当時、少年だった俺にとって、ドクとクララのジジババ恋愛シーケンスは唯一の退屈部分だった。


オープニングのタイムスリップシーン、

マーティが前方の壁に書かれたインディアンの絵を指差して、

「このまま走っていくと、あのインディアンにぶつかるんじゃないの?」

なんて本当に丁寧に振るよなあ(笑)


ラストのドクが「お前はクビだ」の文字が消えたFAX用紙を手にしたジェニファーに向かって、

「君たちの未来は何も決まってないということだよ」

という台詞。なんか今聴くと、ジーンときてしまったなあ。


なんだかんだハッピーエンドの映画って、素敵よね。。。


因みに、ジェニファー役の女優は、Part1と2の女優とは別人の人が演じてる訳だけど、意外と気にならないもんよね。
銀四郎

銀四郎の感想・評価

4.1
シリーズラスト。久しぶりの再鑑賞。
今回は、ドクのストーリー。でもほんとよく出来ている。パート2の悲惨な未来になってしまう出来事の回避まできちんと描いて、すべてがハッピーエンドの娯楽作品として、最高のシリーズ!
mana

manaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドクと離れるの寂しいなと思ったけど、幸せそうにしてたからよかった♡
レンタル・配信)@Amazonプライム。2018/9 1本目の鑑賞(2018年83本目の鑑賞)。最後のドクの「自分の未来は自分で作るものだ」。これに何度励まされたことか。一番のお気に入りの作品です。
Lie

Lieの感想・評価

-
個人的にバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズで一番好き。タイムスリップものの作品がここまで定番ネタのならないのは凄い。最後のドクの台詞は名言。
>|