ドラムラインの作品情報・感想・評価

「ドラムライン」に投稿された感想・評価

saya

sayaの感想・評価

4.0
ストーリーとしてはありふれていますが、吹奏楽経験者、マーチング経験者、音楽好きにはたまらない感じです。

当時マーチングをやっていたのでこれを見てめちゃくちゃかっこいいな!と思ったのを覚えています。なんならストーリーより演奏シーンの方が覚えている感じ。

音楽好きなら見てほしい作品です。
マーチングバンドを経験していたり、ドラムをかじった事のある人間なら、それだけで高得点がつきそうなくらい圧巻の演奏シーン。

アメリカの一流大学ともなればこれだけのレベルになるのだろうと感動する。

ストーリー自体はシンプルで、よくあるサクセスストーリーだが、そこに素晴らしい音楽が入ることで一気に話が締まり、見応えのある内容に変わるというのも音楽の持つ偉大な力だろう。

特に有名なキャストが出演しているわけではないが、ゾーイ・サルダナが素晴らしい。アバターのネイティリやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのガモーラとはまた全然違ったキャラクターで、今作で(今作の方が先?)幅の広さを見せつけた。
すず

すずの感想・評価

3.9
音楽が鳴ると心も踊るんだな、と実感。
ありふれたストーリー、でもそれが面白くないわけがない。
ちょっと家庭の事情がわかりづらいところもあったけど、それは創造力でカバーできる。

ラインバンドの面白さとすごさを知れた。
ArcherK

ArcherKの感想・評価

4.5
ストーリーは大したことないけど、ドラムラインのスピード感とかリズム感が好きな人にはたまらない。超カッコいい。ストーリーは大したことない。
rey

reyの感想・評価

2.5
脚本△
演出○
役者△
音楽△
コメント
音楽系の新鮮さはある。話は普通。
Ayazo

Ayazoの感想・評価

3.5
個人的隠れた名作、ドラムライン。
マーチングバンドにおいてパーカッションが、そしてスネアドラムがいかにカッコいいかをおしえてくれる作品。しかしストーリーは結構陳腐というか、あるあるというか、想像できてしまうだけに万人ウケしないところが残念なところ。私のようにマーチングバンドでスネア経験者は死ぬほど興奮して観れる映画であることは間違いない。しかしながらあの片方の肩だけで、しかも柔らかいベルトでスネアを持ち歩くのはさぞ不安定で、男性にしかできないよなぁと思ってしまう。白いスティックは最高にかっこいいよね。私も本番では指定された木目丸出しのやつ使ってたけど、練習用に白いスティック持ってたなあ。高かったからリムショットとかはできんくて、本当の本当に練習用だった。そんな個人的思い出にも浸れる映画。


「じゃあ一人で叩いてろ。観客が聞くのはひとつのバンドだ。」
misaki

misakiの感想・評価

3.8
あ〜ほんとうに鳥肌が終始止まらない。なぜ自分はドラム、マーチングやらなかったんだってめちゃくちゃ後悔する。挫折を味わいながらも仲間と打ち解けていく姿、全てのシーンが最高、なんて言ったらいいんだろう、ほんとうに最高!!マーチングバンドの集団の迫力あるパフォーマンス見てると勝手にみてる自分も手も足も体も動いてみていた。みているだけで心踊って鳥肌立って、自分もマーチング部員の一人になってしまう。それほどのめり込んでしまう最高の映画!
SHONO

SHONOの感想・評価

5.0
初めて見たときから10年ぐらいたったけどずっとかっこよくて、ヒップホップを聞くようになったきっかけだし、まじで70回ぐらいはみてると思うけど、本当に最高
何回観ても飽きないし新しい発見があるし、この時のニックキャノンは本当にかっこよすぎるしやっぱり最高大好き やっとDVD買った
お米

お米の感想・評価

2.0
もうちょっとしっかり映画作ったら、かなりの名作映画になっただろうに。
もったいない。

たしかこの頃は
南部、中西部のヒップホップが異常に流行っていたから
内容もこんな感じになってしまったのか、、

というか、、、

ミスティカルとかピティパブロとか、、、
懐かし!
ミスティカルの、あの曲を壮大なバンドで聴けてカッコよかった。
Nakazato

Nakazatoの感想・評価

3.7
ヒップホップ要素もあり
80年代の音楽もいっぱいあり、
楽しめた!
>|