バーレスクの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

バーレスク2010年製作の映画)

Burlesque

上映日:2010年12月18日

製作国:

上映時間:120分

あらすじ

「バーレスク」に投稿された感想・評価

宮

宮の感想・評価

5.0
嫌がらせのおかげで歌うシーン、展開は分かったけど鳥肌がやばかった
めっちゃくちゃ幸せになって泣いた
ジャックにまじで惚れるて〜
ゑ

ゑの感想・評価

-
超最高、、、
パフォーマンスが美しすぎる、、
衣装もかわいいし、、、、、
踊りてぇ、、、、、、、、、、、
ありそうでないもの、バーレスクにようこそ
魅惑のパフォーマンスに酔いしれる
母と子を思わせる2人が衝突したり、讃え合ったり、テンポもいい
評価が高いだけはあった
結果、情報の勝利
調べが足りなかっただけじゃ
"…家に戻りたい"

"おかえり。"

【STORY】
 音楽と妖艶なダンスが持ち味のクラブ「バーレスク」。
 経営者テスは店を他人に売り渡したくないが、裏では借金に圧迫されていた。
 そこへやってきた孤独な田舎娘アリは、持ち前の度胸と才能でバーレスクを変えていく!


【一言まとめ】
●圧巻の歌!ダンス!衣装!
●"家族" の絆とテスの抱擁力
●1人1人の選択が、周りの行く先を大きく変える


【感想】
 以前CSか何かで観た時は中学生くらいだった気が。内容はあまり覚えていませんでしたが、所々のインパクトだけは残ってました。
 今回zoom感想会のお題になって改めて観て、めちゃくちゃ楽しかったです。

 煌びやかな衣装とメイク❗️ダイナミックなショーの演出❗️そして最強の歌とダンス❗️どこまでも圧巻です‼️

 曲によって歌い方も声自体も大変身するアリ(クリスティーナ・アギレラ)の底知れぬ魅力にやられっぱなし。
 堂々とカリスマ性を発揮するテス(シェール)も、曲数は少ないですが圧倒的ですね。


 最近『ハスラーズ(2019)』で感じたちょっとした既視感は今作だったと思い出しました。
 店全体が "家族" として成り立っているのが素敵で、そこに母親役として君臨するテスの抱擁力がものすごい。
 メイクを教えてくれるシーンで惚れました。

 決して "悪人" は登場しない今作。それぞれが自分のやりたい事のために動いているだけ。
 よくしてくれる人達の中で、誰を信じ誰を選ぶか。1人の選択が様々な人の未来を左右するのはどんな分野でも変わらない大切な教訓な気がします。

"全員の利益を考えてるのに、どうして悪者扱いする?"
"違うの。あなたを好きににれないだけ"

という会話が好き。

---
観た回数:2回
直近の鑑賞:Netflix(20.08.06)
いもこ

いもこの感想・評価

4.5
いい!
めちゃくちゃ踊りたくなる‼︎
女の体をうまく魅せて踊ってるのがすごくかっこいい。
音楽も最高だし、ロサンゼルスにいってこういうお店でお酒飲みたいなって思いました。
やっぱりロサンゼルスって夢いっぱいで憧れる
鯖

鯖の感想・評価

5.0
アリの歌唱力がすごい
ダンスも魅力的で、夢中でみた

ミュージカル映画好きにはたまらない作品
キジ

キジの感想・評価

3.8
最近やっとミュージカル映画との接し方がわかってきた
アギレラ シェール 何物与えられてるんだ
この映画のクリスティーナ・アギレラ可愛すぎる。曲もめちゃ良いです。
IKENOUCHI

IKENOUCHIの感想・評価

5.0
ミュージカル好きには特にオススメの映画!

ストーリー性や、世界観は少しプラダを着た悪魔と似ているなと感じるけれど、この映画の見どころは、とにかく歌とダンスがカッコいい!
ストーリーもそうだけれど、歌とダンスを見るだけでも、すごく見応えのある映画だと感じた。

個人的にはアリとジャックのやり取りが好き!
だいぶ昔に友達にオススメされてたけどホントよかった!
煌びやかなステージと衣装、強いオンナ達、素敵なボーイ…全部ワクワクしたなぁ
テスカッコよすぎた。やっぱマダムになった時にあのカッコ良さ出したいよなぁ🤤
>|