3D彼女 リアルガールの作品情報・感想・評価

3D彼女 リアルガール2018年製作の映画)

上映日:2018年09月14日

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

「3D彼女 リアルガール」に投稿された感想・評価

kyoko23

kyoko23の感想・評価

2.8
ストーリーはちょっと無理ある感じしたけど、マンガ原作だしと割り切って楽しめた。期待してなかったからか笑えるところも多くて面白かった。
オタクのセリフが長くて早くて難しそうで、俳優さんたち凄いなと思った。
中条あやみ可愛い。
何がどうしてこうなった???



①原作が漫画なのに、何故エンディングの絵柄が違うのか( ´△`)

あれはあれで可愛かったけど。

②映画作る人だか売る人は、美人さんにウェディングドレス着せて走らせるの好きねー。

すごい冷めるからやめて。
とっても美しかったけど~~~

③多少(←ここ大事!)原作と変わるのは、2時間に納める為には仕方ない。
でも原作に無いシーンに時間割くのやめれ。

どのキャラも中途半端だったー(;´Д⊂)

④原作はわりと普通に少女マンガなのに、
どこでどうなってラノベ風になったのかしらー?

なんか違うのよね(´ε ` )
もっと伊東くんや綾戸さんと喋らせたらいいのに、エゾミチが出過ぎよ。



一般の皆さま的には、こういう方が需要あるのかな。
でも、それなら「3D彼女」じゃなくていいじゃん?
原作好きでー、あやみちゃんも好きでー、あやみちゃんなら実写化も歓迎♡だったのにさー、
原作の世界観ぶち壊すんなら違うタイトルでやればいいのよっ!!p(`ε´q)ブーブー
中条あゆみ目的で。アニメ版も観てたし。
キャスト陣のアンサンブルが安定してるからなんだかんだ観れる。そこすら出来てない映画があること考えれば全然アリ。佐野勇斗のオタク特有の早口。イケテるヤツが出て来て数秒でちゃんとイヤな感じするのも良い。なんだよ「誰だっけ、千葉ロッテ」(うる覚え)って笑。上白石妹も姉同様良い芝居。泣きのところの声にならない感じ凄い。それにしても中条あゆみよ。顔ちっちゃい。脚なげえ。芝居は上手くはないけど愛嬌あって良ヒロインだった。
ただ毎度のことながら杜撰な構成っぷり。脳内嫁と現実においてやりとりをしている描写ありながら(両親が部屋の外からやりとりをしているところを聞いて引くシーン)ありながらクライマックスに筒井が部屋出た後に存在しているところとかリアリティラインをちゃんと考えてないところめっちゃ気になった。というか前時代的な否定的なオタク論脳内嫁に言わせちゃうところとか考えても「オタク」という題材マジメに扱うつもりないんだろうな。アイアンマンパロで「顔を見せなきゃ強気になれるぞ」(うる覚え)的なこと言わせちゃったりするところとか普通に不快だわ。筒井自身もコテージでの「リア充空間にはいれん!」と言って屋内に戻る件とかオタク云々以前にそりゃ嫌われるわ!「実は優しいのよ❤」じゃねえよ。オタクこんな感じだろと言いたいのか。竹内力と濱田マリとかいう毎度の賑やかし枠はいい加減やめろ。少女マンガのラブストーリー物自体は別に嫌っているわけではないので面白いヤツそろそろおねがいします。
期待してなかっただけに面白かった。オチや展開は読めてしまうし、2Dとのやり取りに「あ、こっち系か」と若干構えましたが、すぐに受け入れられました。中条さんがすごくかわいい。
ふ

ふの感想・評価

3.8
予告の時点から泣きそうだったけど、本編めちゃめちゃ泣いた
私もオタクと恋したいな笑
ピュアで、真っ直ぐで、純粋に泣ける話だった
Nyamath

Nyamathの感想・評価

3.7
思いのほか良かった!
佐野&中条 どちらも大OK
後半の展開もあたしゃ好きだね
出だしは、家で見てたら恥ずかしくなって間違いなくやめちゃうような、ハイテンションかつ変過ぎる展開。暴走する佐野くんとあくまでも孤高の美しさをほこる中条さんに引きずられるように、みているこっちもあわれアホの世界へ。周囲にドS の須藤先輩とか超絶猫耳男子(初映画とは思えません)とか竹内力(今回は意外とキレイめ)などいいキャラを配置しているし、ロケ地になじみがあるし、でノリノリ鑑賞。
後半は、佐野くんがスキルアップしてモテモテ状態。ありがちな鞘当て展開になり、みなさんのおっしゃる通り映画のテンションが下がってくるが、いつまでもヲタいじりしてても仕方ないので、これはこれでアリ、だと思う。ただし、えぞみちの語る二次元論は共感できず。三浦貴大に至っては言ってることわけわからないので、一瞬でも納得してはいけなかったよつっつん。笑
そういえば、いろはは変わったって言うけど、昔はどうだったんだろう(原作未読)。あれだけの美少女、どこでどうしてたって目立つし。あまり学校に通ってなかったのかな。
コロ

コロの感想・評価

3.4
途中までとっても面白かったんだけど…

ストーリーにおいてけぼりにされたし、なによりあの医者が嫌い
夏

夏の感想・評価

1.2

このレビューはネタバレを含みます

構成がクズ。面白みのカケラもない。
伊藤君にみんなが「ハロウィン」って言いながら近づいて来る所から急に、あり得ないほど現実味がなくなる。
一番大事に描いて欲しいシーンが一番雑に描かれてて、そのシーンまでに積み上げた期待感が全て壊れた。

ただ、役者さんの演技はすごく良かった。そこに惹かれて泣いたり笑ったりした。特にメイン2人の内側の感情が良かった。
れい

れいの感想・評価

3.5
評判がそこそこ良かったのと「ちはやふる」の佐野勇斗君が主演ということで鑑賞。前半はコメディタッチで良かったけど、後半のハロウィンからの場面はどうなのかな?いかにも学芸会的な乗りに冷めてしまった。ラストも安易な感じがした。アニメの声優は神田沙也加だったのにはビックリ!これは流石!
>|