フォロイングの作品情報・感想・評価

フォロイング2017年製作の映画)

Ghost House

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:100分

2.5

あらすじ

旅行でタイのバンコクを訪れたジュリーとジムのカップルは、幸せな時を過ごしていた。その夜、同じホテルに滞在していたロバートから、霊が祀られた祠を見に行こうと誘われる。気が乗らないジムだったが、ジュリーは興味津々で怪しい森の中へと入っていく。森の奥に佇む祠には像が置かれており、ジュリーは吸い寄せられるように像を手に取ってしまう。その瞬間、ジュリーは気を失い、ロバートは二人を置き去りにして逃げてしまう…

旅行でタイのバンコクを訪れたジュリーとジムのカップルは、幸せな時を過ごしていた。その夜、同じホテルに滞在していたロバートから、霊が祀られた祠を見に行こうと誘われる。気が乗らないジムだったが、ジュリーは興味津々で怪しい森の中へと入っていく。森の奥に佇む祠には像が置かれており、ジュリーは吸い寄せられるように像を手に取ってしまう。その瞬間、ジュリーは気を失い、ロバートは二人を置き去りにして逃げてしまう。ジムは、現地ガイドのゴゴの協力でなんとか森から抜け出すが、ジュリーの容態はますます悪くなっていく。ゴゴはその様子を見て、「早くここから離れないといけない」と言うが―。

「フォロイング」に投稿された感想・評価

うさこ

うさこの感想・評価

3.0
ジャケットに書いてあるうたいもんく。ダメでしょ(笑) 笑わせに入ってんじゃん!と思って見てみたら「ビクッ!」ってなるシーン多いし、ツッコミどころ多いし意外と面白い(笑)

タイに行ったときゴーストハウス(祠)に全く気づかなかったからもったいないことしたなぁ。

しかし何故に一気にババァになったのか。
いやいや
思っていたよりもはるかにおっかない作品でした 笑
婆さんや、
突然出てくるのだけはやめてください、心臓にきますので 笑

タイ バンコクへ旅行に訪れたカップル、
プロポーズも成功し婚約に、
が幸せいっぱいの2人に迫る邪悪な影
ーーきっかけは宿泊先のホテルのロビーで出くわした2人の英国人男性、
そやつらにうまいことそそのかされて
悟った時にはすでに時遅し
ーー婚約者で、愛する彼女が
恐ろしい怨霊に取り憑かれてしまっていた…

さて、まずはとある言い伝えをご紹介
ーーむかし 1人の日本人女性が
タイ人とめでたく結婚した
彼女は彼と一緒になるため悲しみをこらえ
自分の国と家族を捨ててきた
彼を愛していたからこそ

だが ある日のこと
男は使用人だった若い娘と浮気をしてしまう
それを知った妻は
激怒して家に火をつける
全員を焼き殺すつもりで

男と愛人はどうにか脱出できたのだが
妻の方は逃げ遅れて
火に巻かれて命を落としてしまった
その死に様ときたらとてもひどいもので

その後
妻は悲しい幽霊となったそう。
タイでは彼女のことをこう呼ぶ
ー”ワタべ”と…


”ワタベ”がやってくる〜
”ワタベ”がやってくる〜
彼女を敬い、彼女のために建てられた祠にいたずらをしちゃったら
”ワタベ”がやってくる〜
”ワタベ”は綺麗な若い女性が大っ嫌い

取り憑かれてしまったら猶予は3日間、
共感呪術、すなわち彼女の身代わりを見つけるか〜
本物の呪術師に除霊を依頼するか〜
さもなくば
”ワタベ”が彼女の魂を奪いに
やってくる〜

”ワタベ”に苦しめられる旅行者の女性を
スカウト・テイラー=コンプトンが演じてます。
多数のホラー映画作品に携わっているだけあって
さすがの安定感でした。
yucca

yuccaの感想・評価

2.3
イット・フォローズと勘違いして録画予約
よく見たらフォロイングじゃないかい!!
ジャケットの字体が似過ぎだなあと思ったら
案の定、ニューセレクト(アルバトロス)作品笑
ややこしいから邦題はゴーストハウスでいいよ
それか「ゴーストハウス-祠-」にしてくれ。
評価も低いし見るの迷ったけれど、
プロデューサー一緒なら見るかあと。
結果、全然怖くはなかったけど...
タイの文化的なのが知れて良かったかな
ただ、設定、別に日本人じゃなくても。
突っ込みどころ満載だが、ゴゴは良い人だ。
あーだこーだ実況中継しながら観ると中々に面白い
ツッコミどころしかないんだもん
サヴァーイ
akrutm

akrutmの感想・評価

2.0
ババアが憑いて来るってチャッチコピーが凄いけれど、確かにババアが憑いてきます。しかもワタベという名前の日本人のババアが。でも演じているのはおそらく中国人だけど。それにしても、なぜ日本人にしたのだろうか。タイでもお化けと言うと日本を連想するのかな。でも、せめて first name で呼んであげようよ。

それから気になったのは、ババアに憑かれる女性ジュリーの背中の入れ墨。何か文章のようなものが書いてあるんだけど、ババアと関係あるのかどうかがずっと気になってしまった。

ストーリーはまあこんなものかという感じ。はじめから霊媒師のところに行けば、などどいうコメントは野暮。まあ、話のネタとしては見てよかったかもしれませんが、怖くはありません。音でびっくりさせるのは反則。(でも、緊急地震速報の警報音が一番びっくりしたけど。)
NAVY

NAVYの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

意外におもろいやないかーいΣ🥂

霊のおばあさんと、霊能者のおばあさん、同一人物説www

指のくだり、絶対来ると思ったー🤣🤣
フラグ立ってたもんねー序盤に😅

あの彼氏には初め、腹立たしさを覚えたw
なんで、彼女いるのにさっき知り合ったばかりの男とストリップ行くんだよw
しかも5分だけだからって、逆に何しに行くのだ??

ゴゴは良い奴だったなぁ
英国人と絡みあるのかと思ったけど意外になかったね?
あの英国人のロバートは、自分の彼女を呪いから解放するためにジュリー達を騙した、ってところは理解出来るけど、ビリーは何故?
めっちゃリスクあるしw

しかし、出てくる霊も内容も日本びいきと言うか、貞子と動き似てたね😅

あと、思ったのがセルラーって映画にも何となく雰囲気が似てた気がする(・3・)

祠のものを勝手に持ち帰るのはやめましょうd(>ω<。)ネッ!!

最後の終わり方は、も、もしやこの映画をシリーズ化させたいのね💦

まぁ、頑張り次第では出来るでしょう
(めっちゃ上からw)
ちょっと見てみたい((o(。>ω<。)o))
フラグをフル装備した白人カップルがタイ旅行でバチ当たり。バンコクを舞台に、土着的呪いものとジャパニーズホラーの祟りものを強引に合体させた感じ。ヒロインがやたら悲鳴あげて騒ぐのも、律儀に除霊?するのも、ドッキリ音楽がうるさいのもジャパニーズホラーっぽいような。まあそもそものイメージや発想が安易だし、襲ってくるのは日本の幽霊でタイじゃないし。
なぜか日本の霊がスパークするホラー。
基本に忠実な感じの作り。

ああいう霊はなぜ、うがー うがー と目の前に出てくるだけで相手を襲わなくなる時間があるのだろうか……と思うかもしれない。
タイ旅行へやって来た米国人が現地の幽霊に呪われる…が、幽霊はなんと日本人。
何か色々ごっちゃごちゃだったがハリウッド版の呪怨のようなものだと思えばアリっちゃアリ。さすが日本人の霊なだけあって呪い方は陰湿。そこは結構好きなんだけど、ちょっとタイに長く居すぎたせいか怖がらせ方がビックリ系ばかりで飽きる。
ババア扱いされてるものの、それほどババアでもないので気の毒。最後の方は幽霊ってより妖怪。
ゴゴとリノが良い奴なので和む。
『ばばあの罠だぁー!!』ばばあが出てくる度にシソンヌの傑作コント"ばばあの罠"のセリフが頭をよぎる。

あちらは傑作だけど、こちらはオーソドックスなホラー映画で新鮮味がないし、似たようなホラー演出に少し飽きてしまった。
>|