フォロイングの作品情報・感想・評価

フォロイング2017年製作の映画)

Ghost House

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:100分

2.5

あらすじ

旅行でタイのバンコクを訪れたジュリーとジムのカップルは、幸せな時を過ごしていた。その夜、同じホテルに滞在していたロバートから、霊が祀られた祠を見に行こうと誘われる。気が乗らないジムだったが、ジュリーは興味津々で怪しい森の中へと入っていく。森の奥に佇む祠には像が置かれており、ジュリーは吸い寄せられるように像を手に取ってしまう。その瞬間、ジュリーは気を失い、ロバートは二人を置き去りにして逃げてしまう…

旅行でタイのバンコクを訪れたジュリーとジムのカップルは、幸せな時を過ごしていた。その夜、同じホテルに滞在していたロバートから、霊が祀られた祠を見に行こうと誘われる。気が乗らないジムだったが、ジュリーは興味津々で怪しい森の中へと入っていく。森の奥に佇む祠には像が置かれており、ジュリーは吸い寄せられるように像を手に取ってしまう。その瞬間、ジュリーは気を失い、ロバートは二人を置き去りにして逃げてしまう。ジムは、現地ガイドのゴゴの協力でなんとか森から抜け出すが、ジュリーの容態はますます悪くなっていく。ゴゴはその様子を見て、「早くここから離れないといけない」と言うが―。

「フォロイング」に投稿された感想・評価

ぜんぜん怖くないけどちょっとおもろかった!
ババアが憑いて来るって書いてるけど、思ってたよりついてこない。まさかのババアが日本人やって笑った😉
ゴゴめっちゃいいやつ!
horahuki

horahukiの感想・評価

2.9
MDGP2017の一作。
劇場に行きたかったんですけど、時間が合わず諦めました…。でも正直そんなに面白くはなかったので見に行かなくて正解だったかもです(笑)

内容は、ジャケ通りババアにずっと狙われるというもの。呪いの連鎖や死までの期限、呪いの原因を探るストーリー展開等、『リング』に影響受けてそうな作品でした。

あらすじ…
タイ旅行中のカップル。運よく気の良いガイドを見つけて楽しく過ごしていた。宿で海外からの旅行者らしき男2人組に話しかけられ意気投合したので、神の家(神棚みたいなやつ)がたくさんある山奥へと一緒に遊びに来た。そこは墓地のような異様な空間。主人公カップルはそこに置き去りにされてしまい、なぜかババアがついてくるようになり…という話。

タイのエキゾチックな雰囲気がとっても好みでした。普通の営みを続ける人々。でも、霊的な存在がすぐそばにいることを感じさせる神具が至る所に置かれている。その独特な世界観は、タイという国だからこそ。不気味な雰囲気は抜群です。

ただ恐怖演出が…。煽り文句の通り、ババアが何回も脅かしにくるんですけど、なんの捻りもないビックリ箱演出なうえに、ほとんど同じことを繰り返してるだけ。しかも脅かすだけで何もしないという…。

同じような恐怖シーンを何回も繰り返されるとどうしても飽きちゃうんですよね。恐怖シーンを繰り返すのであれば、ちょっとした違和感から始まって徐々に脅威が忍び寄って来るような、日常が少しずつ侵食されていく演出の方が好み。ただ繰り返すだけだと、「何回も現れてるのになんで何もしないの?」ってなっちゃう。本作は初手から全力だからついていけませんでした。

異国の雰囲気が良かっただけでなく、神の家という神具が与える不気味な印象、誰にも助けを求められない異国だからこその孤独感、不条理な呪い等、素材や設定がとても良いので、演出や見せ方に足を引っ張られたもったいない作品だと思いました。
途中からちょっとババアの登場シーンがワンパターン化してきて、飽きてきた。それでもびびったシーンはまぁまぁあった。
たらこ

たらこの感想・評価

2.0
ん・・・迷ってのレンタルでしたが、やっぱり嫌な予感は的中でした。
後半、ごめんなさい寝てしまいました。
異国の地であまりに無防備なバカップルがババアの霊に取り憑かれるお話。
男は役に立たないし、女は寝たり起きたりしてるだけだし、ババアは驚かせ方がワンパターンだし、どこまで行ってもなにもおもしろいことが起こらない残念作。
婚約者の命と引き換えに指詰めを迫られた男が「そこまでしなくてもなんとかでけるやろ」とゴネるシーンだけが小者感あふれててよかった。
ゴゴ、かわいい。
mairiz

mairizの感想・評価

2.0
ゴゴ、いいやつ!
ババアVSババアで、ババアが勝ちました

怖くはないけど、暇潰しには………まあ………


なんにしても、あんだけ献身的な彼氏がいてよかったねえと言いたくなります。おっパブ行ってたけど。
MARURU

MARURUの感想・評価

1.0
B級映画だと思って借りたのですが、かなりクソ映画でした。

借りなくていいと思います。
新作料金で借りるんじゃなかった(;ω;)

イットフォローズとスペルとJホラーをごちゃ混ぜにしていいところを絞った残りカスみたいな作品だった。

現代がゴーストハウスなのに、なんでフォロイングって名前なんだろう。イットフォローズにわざと似せて借りさせる商法なのかな?と思いきやプロデューサーがイットフォローズと同じ人だったんだ〜。

イットフォローズもそんなにだったのに、なんでこれ借りちゃったんだろ…。
バンコクを訪れたジムとジュリー、空港の出口で地元のゴゴというドライバーを雇いタイを観光する、というところから始まる「日本人の女性と結婚したんだ」ってお話

ん〜、まぁ、面白いんじゃないかなぁ、怖いか?って言われるとワタシ的にはそうでもないんだけど、ホラー映画としては別に映像的には特段瑕疵もないし、西欧人が思い描くアジア感も満載、けど、病院そんな暗くないだろ!病室で処置する時もすげぇ暗いし、いやいや、もう少し明るくしないと手元も見えないだろ!

シナリオは主役2人の頼る除霊師がボス→中ボス→大ボスみたいな感じでほぼ『おつかいクエスト』状態、最初から大ボス出せ!ってツッコミたくなるから、もう少し頑張って欲しいかなぁ

フォロイングしてくるババア霊の名はワタベ!どの方面にも浅いウンチクしか語れない中途半端な存在なのに佐々木希と結婚したアンジャッシュの児嶋じゃない方と一緒の名前、・・・すいません、書きたかっただけです

主役の女性のオッパイ見せ有り、まぁまぁ貧乳
タイにはあの類の祠がたくさんあるんかな?
とりあえずワタベこわいっす。
>|