金玉満堂(きんぎょくまんどう)/決戦!炎の料理人の作品情報・感想・評価

「金玉満堂(きんぎょくまんどう)/決戦!炎の料理人」に投稿された感想・評価

じょり

じょりの感想・評価

3.3
①調理シーンが魅惑的なため、今すぐ多少本格的な中華料理店に行き、普段注文しないし読めないメニューを攻めたくなる度 90%
②現在ならコンプライアンスに引っかかってしまう食材についての心配に対する話の中でのフォロー度 95%
③どんなふざけたことをやってもカッコいい張國榮や、おかしなヘアスタイルであっても不思議と似合ってかわいい袁詠儀に無意味な嫉妬度 97%

…④山口百恵推し度 100%

飯テロ作品。ちょっと高級な中華料理店なんて元日に開いてないんですよ。お正月には鑑賞しない方がよかったかも、、、
香港系ドタバタコメディを通して満漢全席とは何かを学び賢くなった気がしました👍
多少アクションシーンもあるけど、基本的にはコメディと言っていいと思う。赤髪のアニタユンが可愛くて懐かしい。

後半はほとんど3番勝負の料理場面で観客としてはちょっと置き去りにされた感がある。悪役がもっと狡猾で主人公側の妨害をするような展開があっても良かったのではと思う。
何も考えずさらっと見られます(*^ω^*)
でもでも、レスリーの、帽子とグラサンが可愛いチンピラ姿、赤ちゃんコスプレ笑、コック姿などなどいろんな楽しい姿も見れちゃう(*´︶`*)★
そしてそんな役なのに、たまにドキッとさせる目をするのも彼ならでは..♪

そしてアニタユンさんめっちゃ可愛いです!!
赤い髪のときはあんまりと思ってたのに、黒髪を見て、はっちゃけ演技を見て、すごく好きになりました♪
目がぱっちりしてて、表情豊かですごく可愛いんです、和の服も髪型もとても似合っていて。

暇な人、元気になりたい人にいいと思います★笑
n

nの感想・評価

3.9
ドラ息子のレスリー様やファンキーなアニタ・ユンも可愛いけど、何より料理人姿のチウ・マンチェクが!!無駄に素敵!!
『ブレード/刀』の仇敵コンビが料理対決してるの笑う。同じ年の映画なんですね。
パーフェクトな料理映画。
張國榮....袁咏怡……山口百恵....1994年の夜、あなたの後ろに赤髪で.....
好きやわ!
aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
愛おしいくらい好きな作品。レスリーもゆんれんれんもとにかく愛おしい。
伊豆の踊子のパロディは何回見ても最高。
ツイ・ハークのギャグセンスはこの頃が最高だったんでしょうか....。
ラストのオチは涙が出るくらい好きです。
映画っていいな〜って思わせてくれる名作。
原題:金玉満堂
英題: The Chinese Feast

香港の旧正月映画って何でこんなバカみたいで豪華で楽しくてハッピーで素敵なんだろう!
レスリーのコメディは何だかほっこりするし、赤髪パンキッシュなアニタ・ユンは可愛いし、ケニー・ビーがすげえカッコいい。
ウィン・ツァオ(チウ・マンチェク)とかホン・ヤンヤン(ワンチャイシリーズの鬼脚の人)とかアクションバリバリな人も出てる(アクション殆どないけどw)、さすがツイ・ハーク作品。
ローウェル・ローの音楽も素敵。
食神もそうだけど、香港のグルメ映画は出てくる料理がどれも美味しそうで異常にお腹空くから夜中に見ちゃ絶対ダメだよね、、

冒頭のベタな巨大魚との格闘シーンとか、伊豆の踊子のくだりとか腹抱えて笑った(笑)。あとアニタ・ユンの歌の破壊力w
全体的にはドタバタコメディながら時折シリアスな場面もあり、その中に垣間見れるレスリーを筆頭としたキャストの真面目な表情のギャップが◎

そしてラストシーンから自然にクランクアップ、打ち上げに入っていく流れね(笑)
よしだ

よしだの感想・評価

4.0
ずっと観たかった作品の一つ。香港映画らしいストーリー展開と赤髪のアニタ・ユンが可愛くて、気楽に楽しめるいい映画だった
これが香港映画なのか(笑)!とにかくストーリーはめちゃくちゃでツッコミ出したらキリがないですが何だか憎めない映画です。アニタ・ユンがかわいい!赤髪とか似合う人まあなかなかいないと思いますがかわいかったです。黒髪も披露してますがだいぶ印象が変わりますね。先日途中までしか観れなかった『食神』にも言えるけど徹底してバカっぽくて軽い映画を作れるってそれはすごい力がいると思った。
ソウ

ソウの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


面白くて笑顔になれる映画だった〜。みんな、可愛すぎる。
金玉満堂って、最初絶対あの読み方しちゃうよね(笑)

ヤクザ稼業がいやになってカナダの百恵を追いかけるべく料理人になりたいサン。
店を継ぐのを嫌がってやりたい放題の赤髪のウェイ。緑の口紅が強烈だった。
仕事を選んで奥さんがでていってしまってから堕落した生活を送ってるすごい料理人のリウ・キッド。
敵のお店の満漢楼にサンを紹介した、ライバル店陸羽楼の主ボウだったり。
支配人のおっちゃんオウはいるだけで面白いし。
敵のウォンはあの料理をするときのなんとも言えない顔(笑)得意気(笑)

みんながみんな良いキャラしてて、楽しくみれたし、感情移入しすぎて、リウ・キッドと奥さんがご飯食べるシーンで涙(笑)
円満にリウ・キッド復帰!かと思ったら、腕は鈍ってないのに味覚音痴になってて、それをなおそうとするボウ、無謀すぎ!!(駄洒落じゃないよ、ボウが真面目な顔で説明してやってるからあながち間違ってはないんじゃないかっておもいはじめるよ)

そんなこんなでウォンが挑んできた満漢全席を受けて立つことになる。
熊の手、像の鼻、猿の脳味噌ってすごい品だなあ。料理作ってる時のあのかわいらしい音楽すごい和む。
それにしても唯一の日本人審査員、松竹大五郎先生。雪山にいるような心持ちになる方です(笑)しかも審議の決定権があるすごいお方みたい。

猿の脳味噌もボウが真面目な顔して運んでくるから、もう(笑)てかボウは満漢全席のメンバーにはいってるのか!?そんなの気にせん。

サンとウェイのふたりが最高にかわいかった!あの料理完成したときのあの踊り。おんぶあったり。ちゅっちゅあったりと。ウェイは赤髪と黒髪だとだいぶ雰囲気違うし、百恵に嫉妬してたり可愛かったなあ。サンはボスの顔とは別にヘンタイ(ウェイ曰く)だったり、前髪ピンでかわいかったり、商業スーツマンお似合いだったりベビー!(笑)かわいいなあ。

大好き!くまきんさんは嫌な奴だったけど(だから満漢全席で負けたんだけど)料理してるときのあの楽しそうな顔!これ見よがしな鍋さばき!?普段着のあのカラフルシャツがよくスキンヘッドに似合ってました。対決当日のあの気合の入った服装には笑ってしまった(笑)

もう一度みたいからDVD欲しいな!!
>|