フィギュアスケート・ガールズの作品情報・感想・評価

「フィギュアスケート・ガールズ」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

3.5
とても観安くて、分かりやすい作品だった…♡

氷の上では一人でも…色々な人の「想い」を背負っているんだな…と思った…☆

でも…やっぱり…「スケートが好き」「スケートが楽しい」…本人の気持ちが一番…♡

怪我、経済面、良きコーチ、家族、ライバル…90分弱の中にしっかり描かれていた…♪

「思い切り楽しんで」
「絶対に勝つのよ」
…どちらが勝つか…分かるよね…(笑)

もう少し掘り下げて欲しい人もいたけれど…(笑)
主役は、友だちでもあり、ライバルでもある2人だから…☆

…共演者…豪華…♡

気持ちの良い、清々しい作品だった…(o^^o)
yossy

yossyの感想・評価

3.2
いやぁ、思いのほか良かった!
久しぶりの嫁セレクトレンタル
(たまに当たりを引いてくるw)

フィギュアスケートで全国大会優勝を目指す女の子の
どストレートなまでの前向きな
「Never Give Up!」な作品。

気持ちが安定していて、とにかく前向きになりたい時、頑張りたい時などにお勧め👍

気持ちいいまでに「安定の展開」を見せてくれるので、変に先読みせずに楽しめる作品だと思います。

ただ、映像がかなりテレビ的だったり
俳優陣の演技がイマイチだったりと
B級ドラマ感は否めないので
そのへんはご愛嬌といったところ。

しっかし、妹役の女の子が超可愛い!!!
後で調べてみよう💡

あと、挿入曲がかなり良かった♪
aqura

aquraの感想・評価

3.3
フィギュアスケート・ファンと、熟女ファンには、たまらない映画。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

3.0
思えば、ソルトレイクのからトリノまでの間が1番フィギュアにハマってたころだな〜〜。

長野の銀メダリストのストイコが俳優もやってるのを知らなかったのでビックリした。滑るシーンあれば良かったのにな。
ピョンチャンで金メダル取ったテッサ・バーチューも出てました。
何年か前に著名な映画評論家がTwitterで女性がマニアックな映画や音楽に興味持ち出したらそれは男の影響だ、みたいなこと言って大炎上したけど、そりゃそうだよな。
昔から自分のアンテナでそーゆーの感知して好きになる女性なんかたくさんいたわけで。

でも、仮に付き合った男の影響だとしても、その興味や嗜好がフェイクってこともないわけだし悪いことでもないと思うんだよ。
おれなんか相手が別に趣味とかこっちに水向けるようなことしてこなくてもガンガン影響受けにいくからな😀
それで視野も興味の幅も広がって精神的に豊かになったと思う。

つまりおれは正にそーゆー経緯でフィギュアスケート、そこそこマニアになったんだよ笑
安藤美姫なんかジュニアの頃から知ってたし、皇帝と言われたプルシェンコがその実力のピーク時のソルトレイクオリンピックで同門のライバルであるアレクセイ・ヤグティンに敗れて金を逃したのもオン・タイムで見てるし。
女子フィギュアも最近美人が増えたと言ってるけど、90年代のブチルスカヤほど美人は出てきてないとか、等々けっこう語れるんすよ笑

え?映画の内容?物凄く雑なスポコンだったよ。全方位にダメな笑
でも、フィギュア好きにはちょっと観る価値ある。現役から引退したのまで、本物のフィギュア・スケーターが出てるから。
特にエルビス・ストイコ。長野オリンピック銀メダリスト。出演者の中で一番が華があって演技もうまかったよ。役も本人役じゃなくて話の要になる重要な役で終始出ずっぱりなんだよ。
ダメ映画なんでプロの役者も逆によく捜してきたなってぐらいのダイコンばかりなのを差し引いてもうまく見えたよ笑

でも、せっかくストイコ起用したんなら、彼を知ってる人ならみんな思ったと思うけど、何でアクション・シーン入れなかったのかと。ストイコは空手もやっててかなりの腕前なんだよ。プログラムでも空手の演武を取り入れたりするぐらい空手愛もあるし。ブルース・リーも好きだし頼めばやってくれたはず!
女の子のスポコンだから必然性がないって思うかも知れないけど、チンピラに絡まれるシーンあるんだよ。おっ!わかってるな、これは来るぜ!と思ってたらメンチの切り合いで終わってガックリした😖
これだから心ない企画ものはいやになるよ(怒)
ルリー

ルリーの感想・評価

3.0
うすくちで良かった
出てくる人が みんな良い人
ドロドロのスポ根だと オリンピックシーズンにはしんどい
hono

honoの感想・評価

3.0
オリンピックシーズンなのでタイトルで何となく選んだけど意外と面白かった。
内容ていうよりも、滑ってるシーンが綺麗で好き。
短めなのでさらっと観れて良い。
面白かった✨
カナダ映画。フィギュアスケート友情バトル。脚本のヒネリ方が良い!正直な所、ライバル選手の存在がヒロイン以上にドラマチックで💡ヒロイン色褪せ気味😅

先日、カヌー選手がライバルに禁止薬剤を飲ませてドーピングさせる不祥事があったけれど…その競技に向き合って己の非力さと敵の強大さを知れば、ライバルに何かしたくなる気持ちも分かる。
本作ではヒロインのマティーちゃんに工作するライバルのヘザーちゃんが悪い子で!悪い子なりに頑張る姿が、とても良かった。

▼フィギュアってのは随分とお金のかかる競技らしいですね。先日TVで見た「消えた天才」では高橋大輔選手より才能も実力も有った選手が経済的理由でフィギュアを辞めた事が紹介されていました。

▼本作のマティーも母(超ミニスカ)の失業とマティー本人のケガでフィギュアを断念。
叔母を頼って向かった田舎で出会うマーキュリーコーチとヘザー。
マーキュリーコーチの計らいで子供クラスのコーチをするマティーは、ヘザーを応援する。

▼マーキュリーはマティーの実力を見抜き、リハビリに専念させてスケートリンクに復帰させる。
ヘザーは辞めたと思っていたマティーの滑りに憤る。今までの友情はスパイ行為だったの?

▼ここで脚本の良い所は…普通ならマティーに最後に演技させて、拍手喝采でエンディングのはずだけど…中盤でブッチぎりの1位になるのです(笑)
そして、その実力差を理解したライバルのヘザーが演技できなくなってしまい………。
▼分かりやすい脚本と、車屋ルイスやダーシーなど脇役も魅力的。なかなか良作でしたよ😊
lilytm

lilytmの感想・評価

3.0
テッサが出るっていうから…滑らないとは思わなかったけど…でも可愛い…いやスコットはどこ…

話はまあ予想通り的な。本物のスケーター使ってて話作ろうとしたらこうなるわなって。

でも湖もあって木々が綺麗な環境にリンクもあって、イケメンが見ててくれて、コーチはストイコなんて笑 最高すぎる。
K

Kの感想・評価

2.0
フィギュアスケートのチャンピオンを目指す15歳の少女マティは、競技中に転倒し負傷。母親が職を失ったためスケートは諦めて伯母の元で暮らすことに。

新しい学校になじめず悩んでいたマティの初めての友達は、フィギュアスケーターのヘザー。

2人の友情、フィギュアスケート人生の行方が、B級映画感満載で描かれるが、長野オリンピックの男子シングル銀メダリストであるエルビス・ストイコ、バンクーバーオリンピックのアイスダンス金メダリストであるテッサ・バーチュら本物のスケーターも出演するなど、それなりにこだわって作られている。

スケートのシーンにはうっとり。
>|