リンガー! 替え玉★選手権の作品情報・感想・評価・動画配信

「リンガー! 替え玉★選手権」に投稿された感想・評価

SNL

SNLの感想・評価

3.5
2008年に書いたブログのコピーです。
(文章内にとてもいい映画でしたとあるから4かなと思うのですが、なんと、観たこと覚えてないので3、5にしました。また観なければ、、)

リンガー! 替え玉★選手権


のっぴきならない事情でお金が必要になったスティーブ(ノックスビル)。
悪いおじさんにそそのかされて、障害者オリンピックに出て、賭けスポーツで設けようと。。。

自分の意見を書くのがとても難しい、と感じるテーマ。ハンディキャップピープル。

誰もがそう思って、触れないようにするところを、
ファレリー兄弟が「メリーに首ったけ」で思いっきり登場させたのは、ものすごくびっくりした。
その後も、「愛しのローズマリー」でも、特別な人たちは、脇役に登場して
とうとう「ふたりにクギづけ」では、主人公にした。

「ミスターダマー」、大好きな映画だが、トテモ不謹慎(死んだインコを目の見えない少年に売りつけ、絶滅寸前の守るべきふくろうをシャンペンの栓で一撃殺鳥)。
その映画を作ったファレリー兄弟なので、一線を越えるか超えないかの冒険を楽しむ人たちだなぁって思っていたのだが、タブーに挑戦しているのではないということが



で「リンガー!」の批評ページを見て、わかった。
抜粋「プロデューサーを務めるボビー&ピーターのファレリー兄弟の名前に注目してみてほしい。かつて彼らは自分の作品を見た障がい者の友人から、「なぜ映画には僕らみたいな登場人物が出てこないんだい」と問われ、それ以来自作に積極的にそうした人々を登場させてきた。決してタブーとして避けることなく、メインテーマとして美化することもしない。優遇もしなければ差別もしないという立場で扱ってきた。 」

今回ファレリー兄弟はプロデューサー。

前田さんの批評を全部読んで欲しいが、またもや抜粋すると
「特別待遇はせず、笑いのネタにまでして初めて見えてくる非差別の重要さというものもある」

リンガー!替え玉★選手権 リンガー!替え玉★選手権
(2008/09/05)
ジョニー・ノックスヴィルブライアン・コックス

商品詳細を見る

***************
この映画の内容、批評は、「面白かった」だけにしておく。
出演者情報

ジョニー・ノックスビル
MIB2で肩に自分の顔を生やした役で、初めて見て、MTVの糞番組ジャッカスで注目。
今回演じるのは、ものすごくいい人!!!
johnnytottoo.jpg
胸に「Madison」ってタトゥーしてて、ジョニーノックスビルのマディソンTシャツっていうのがココで売ってます。

ギャンブラーの悪い叔父さんは、X-MEN2やボーン・スプレマシーで悪役やってたブライアン・コックス
リン役のKatherine Heigl は、私は見てないTVシリーズロズウェルに出ているらしい。

そして、特別な人々である、友達たち!!!
グレン役のJed Rees は、ギャラクシークエスト(超お勧め!!)のタコ星人!!!
トーマス役のBill Chottも、ギャラクシークエストにファン役でちょい出演しているらしい。今度チェックしよう。
同室のビリー役Edward Barbanellは、ダウン症の俳優さん。

。。。と、ビリー以外は、本当の特別な人々ではなく、演じているのでした。

そして、ジミー役のLeonard Flowersは???
IMDBのリンガーのページでは、(ネタバレなので白抜き)「ジミーも本当は「詐欺」だった」というオチを予想した人がいっぱいいたよう。
で、ジミーの正体は?と、メッセージボードで話題になっていた。真偽のほどはわからないが、ジミー役の人は、本当のスペシャルオリンピック出場者らしい。アスペルガー症候群ではないかという書き込みがあった。

撮影には7年かかったらしい。
そして、2004年公開予定だったのだが、studio executives からpushed back されてアメリカ公開は2005年に遅れた。そして、日本公開は2007年。

<追加>
夫と一緒に見ようと思ってたのだが、あらすじをきいて、夫が「「ボラット」みたいな不快な映画はイヤだ」というので、平日昼に一人で見た。
良い映画だと思ったので、今日夫に見せた。
夫の評価も「とてもいい映画」だということでした!
***************

最後に、ファレリー兄弟の大好きな映画2本

キャメロン・ディアスが可愛い。そして、ベンステイラー、マット・ディロン、リー・エバンス(マウスハント)が出てる。
メリーに首ったけ (ベストヒット・セレクション) メリーに首ったけ (ベストヒット・セレクション)
(2007/11/21)
キャメロン・ディアス

商品詳細を見る


ジム・キャリーはミスター・ダマーは、超お勧めコメディ!!!!
ジム・キャリーはMr.ダマー ジム・キャリーはMr.ダマー
(2008/05/02)
ジム・キャリー、

商品詳細を見る

ミスターダマーのコンビ、ハリーとロイドが学校でどう出会ったか?っていうのがこの映画。
監督も違うし、面白くないけど、、、一応ファレリー兄弟が脚本書いてる。そして、ジム・キャリーとジェフダニエルズの若いころを演じる二人はとても頑張ってる。
新 Mr.ダマー ハリーとロイド、コンビ結成! 新 Mr.ダマー ハリーとロイド、コンビ結成!
(2007/06/08)
エリック・クリスチャン・オルセンデレク・リチャードソン

商品詳細を見る


そして、この映画。。。。なに、コレ。
アマゾンで「ダマー」で検索して発見。
ハリー役のジェフ・ダニエルズが1997年に出演した映画。ファレリー兄弟とも、ダマーとも、何も関係ない。ひどいなぁ。「リンガー」並みの詐欺だね。
シャーリーズ・セロンが出ているらしい。私はみたことないので面白いかどうか不明。
Mr.ダマー2 1/2 Mr.ダマー2 1/2
(2008/05/14)
フィル・マーシャル

商品詳細を見る
b

bの感想・評価

3.0
知的発達障害という謎の言葉が生まれている
知識が無いから笑える
しを

しをの感想・評価

4.2
最高。こういう捻くれたなかで光るやさしさがだいすきだ!ジミー!って叫ぶのマジでティミー案件。サウスパークと一緒!!!
「ジャッカス」で馬の精子とか飲んでたジョニー・ノックスビル主演映画。
発達障害者のふりをしてスペシャルオリンピックスで稼ごうとするとんでもない話。
OWL

OWLの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


レインマンやフォレストガンプを見て勉強するのも笑いどころなのかな

表彰式のシーンで手話通訳者が映っていたけどスペシャルオリンピックだからなのかオリンピックでは一般的なのか…


What time is it when you have to go to the dentist?
Tooth hurty.(2:30)

字幕
歯医者に行く時間は?
6:48(ムシバ)

このレビューはネタバレを含みます

大学の課題で鑑賞

まぁ、いい映画
だけど、見る人によっちゃ嫌かも
障がいをとり扱うのって難しいだろうし、意図もわからんではないが

あさ~~
デイビッドは歯並びがすごい良さそうな容姿してるけど悪かったぜ。
【「ははーん、お前ケンジョーシャだろう」と差別される】
 えー、まぁなんというか、主人公は諸般の事情で知的障がい者になりすまし、知的障がい者のためのスポーツイベント、スペシャルオリンピックスに出場してチャンピオンを負かして金儲けしようとするなんていう、とんでもなくバチあたりなお話。はい、こんなプロットを考えるのはもうファレリー兄弟しかおりません(今回はプロデュースだけなんだけど)。

 心優しくものっぴきならない状況の主人公役はジョニー・ノックスヴィル。そう、あの「ジャッカス・ザ・ムービー」の大馬鹿大将。そっちの方を先に観ていたからなんだかインパクト弱ぇ。会場の宿舎で意気投合する知的障がい者役の人は、儂が愛してやまない「ギャラクシー・クエスト」でイノセントな異星人役やってた役者さん。名前わからんが、このヒト異星人とか知的障がい者とか、エキセントリックな役多いなぁ。

 知的障がい者になり切るために「アイアムサム」や「フォレストガンプ」のDVDを観て研究するシーンが可笑しい。中盤、罪の意識に苛まれて教会に懺悔に行くくだりがあるんだが、懺悔したとたん神父さんに右ストレートでブン殴られて表に放り投げられ、挙句の果ては中指おっ立てられてやんの。大爆笑。ただ、監督を他人に任せているせいかいよいよハートウォーミング色が高まり、毒が薄まってきたように感ずる。もう少し「メリーに首ったけ」の頃のような不謹慎ネタを連発してくれるともっとよかったのに。

 何度も申し上げている通り、ファレリー映画の真髄は非差別。お笑いのネタにするのは健常者も障がい者も差別しない。障がい者の中にもハナモチならない嫌なやつはいるし、差別に心痛め涙する健常者もいる。よりよく生きたいと願う気持ちにはなんの区別も差別も存在しないのだ。映画のデキとしてはちとヌルいので☆☆☆としておこう。
犬

犬の感想・評価

3.0
俳優

知的発達障害者になりすましてスペシャルオリンピックスに不正出場しようと企む青年の姿を描いたコメディ

少し不謹慎
あまり笑えなかった

いい話なのか
強烈でした
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.5
ブラックコメディ界の巨匠ファレリー兄弟にジョニー・ノックスヴィルが主演したブラックコメディ。

障がい者のふりをして障がい者の大会に出て賞金を稼ぐというプロットがまずやばい。その分どうなるのかかなりそそられるんだけどちゃんとそこにもドラマを加えてファレリー兄弟らしくブラックながらも話をうまくまとめている。

ジョニーが神父に事実を打ち明けるシーンが一番好き。 おバカ映画に見えて意外と真面目なおバカ映画でした。
>|