仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判の作品情報・感想・評価

「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」に投稿された感想・評価

Neal

Nealの感想・評価

4.6
「アマゾンズ」の続編として完全にしっくりくるかというと微妙だけど、単体の「ライダー」映画としては個人的に愛おしい作品になった。約3年間積み重ねてきた「アマゾンズ」が一体どういうものだったかを初見さんに知ってもらうのには絶好のチャンスになる映画。

とあるタブーを行うことで、あるものを確立させるあたりはどこか宗教観を感じた。胸糞要素、厳しい現実要素は健在だったけど、確かに小林靖子さん(プライムオリジナルのシーズン1・2のメインライター。今作は監修として参加。)は書かないであろうアマゾンズワールドが展開。各キャラが犯した「罪」によって人間、アマゾン、仮面ライダーが完成される、このあたりの流れが精神的にエグい。でも面白い!流石、高橋悠也さん。

キャストの演技は本当に素晴らしかった。製作陣も一丸となって過酷な現場に魂を投じているのが伝わってきた。悠と仁の肉弾戦もいいシーンだったよ...もはや子供はポカーンだろうけどw 今後も応援したくなるメンバーばかりだった。

「アマゾンズ」の完結編と考えると確かにスケールは少々物足りないという意見も否めない。そもそも単体で終われないくらい壮大だから。ただ、番外編、単体物と捉えるなら。本来の「仮面ライダーに牙を取り戻す」という使命は果たし切った。フィルムにも焼き付けた。「アマゾンズ」もこの映画でついに「仮面ライダー」として無事着地した、そのように自分は思うけどいかがでしょうか?

高橋さん、石田監督、ぜひともまたライダーに関わってください!m(__)m
Inomod

Inomodの感想・評価

4.7
映画という限られた時間の中で“悠が仮面ライダーになるまでの物語”を描ききってくれた。ネオアルファがカッコいいのなんのって。
満足しました。完結編、脚本に高橋悠也の起用はびっくりだったけどタイバニ、ルパン、エグゼイドとどんどん腕を上げる高橋の筆を再確認。

Amazon配信版ではやたら飛び散る血液と肉片が多く、表層的なグロ(※もちろんそれだけじゃないけど)が印象的だったけど、今回の「アマゾン牧場」は児童虐待・売春すら連想させるモチーフの数々に面食らった。そこで試される人としてアマゾンとしての矜持、彼らの決断と齎される結末がアツく哀しい。気合の入った生身アクション良し、相変わらず不気味極まったBGMも良し。

※脚本家・高橋悠也の悪癖として「劇中示唆される計画やシステムがどうにも腑に落ちない」というものがあるが、残念ながらそれは今回にも存在した。だが、シーズン1から今までの流れを意識した骨太の構成、喉奥から台詞を絞り出すようなキャストらの快演の印象のが強く、そこまで気にはならなかった。脚本のガバが登場人物の熱量で感じずらくなる…というのはTVシリーズ(脚本小林靖子)でもあったけど、この点が解消されればもっと物語として飲み込みやすくなったものとは思う。まぁそれも含めての仮面ライダーアマゾンズという認識のもと、最後まで楽しく観させていただきました
MATSUDA

MATSUDAの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

物凄く考えさせられる内容!
ムクが食べられた仲間の死体を見て生きたい、と思ったシーン…牛や豚などの家畜も屠殺される時、抵抗したり涙を流したりする事があるというのを聞いた事があったのでそういうのを表してるのかも…って思えました。また人間側もせめての救いとして「食べられる事が幸せ」と教えていたのではなく結局はただのエゴだった事が御堂の豹変から分かります
アクション面は、仁が上半身裸で変身したりバイオレントスラッシュでネオアルファの腕を切断したり胸をブチ抜いて殺したりする所から原点(アルファ)を感じて仮面ライダーアマゾンへのリスペクトを感じました!
またそれに対して最後に生き残った悠は文字通りの最後(オメガ)のアマゾンになったとも言えて趣を感じました!
ビジュアル面ではネオアルファの武器がチェーンソーに機関銃というこれまたG3を感じざるを得ないけど音や見た目がその比にならないくらい殺傷的で好きでした!
あと映画のスクリーンの効果なのかアルファの赤がすごくカッコよくて綺麗な赤に見えました!
ただ悪かった点として水沢本部長が結局何してたのさってところがちょっと気になりました。
この作品は現代社会に対しての仮面ライダーを使った急角度で過激な「食育」としても観れるし、ただのシーズン1、2の完結編ではなく独立した作品として観れると思います!
DD佐藤

DD佐藤の感想・評価

3.5
amazonの為のアマゾン。
企画として劇場版まで来れたこと
そして生の描き方は面白かった。
かくわ

かくわの感想・評価

3.8
season1,2を通して様々な形態の“アマゾン“が登場し、本作では草食のアマゾンが登場。

深い。弱肉強食の世界。

欲張らず、アルファとオメガの対立の構図にしたのは正解だと思う。

ラストシーン見て、あぁやっぱ仮面ライダーだと思った。

ヒロインの女の子、クレジット見るまでずっと芦田愛菜だと思っていたのは内緒w

2018-075
c

cの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず、の感想。

一期二期での命のやり取りがあって、生きたいのに生きられないひとたちがいて、からの『なんでそんな生きようとするんですか?』が非常に良い。

『知ってます』『ひとのために生きるのが幸福です』

マモちゃんやちひろの叫びが崩壊して、アマゾンズだなぁと思った。



しかしストーリーは、いきなり悠が追い詰められてたり、美月も逃がすにしても彼女も馬鹿正直にしない子だと思うし、御堂のベルトや森のアマゾンにもっと強く疑問持たない? とか、仁さんが拘束された経緯知りたいなぁとか、わりと起承転結の承過ぎ? くらいからすべてが始まる。
飲み会行ったら乾杯後30分くらい経ってたかんじ。


完結編なのに悠と仁さん以外の要素が強いし、橘局長そこまでアマゾンビジネスにしたいの? ただの意地でしかなくないか。


黒崎さんが強すぎてなんか安心した。
み

みの感想・評価

3.5
つけ忘れ。1ヶ月以上経っちゃった。

ドラマシリーズからの世界観をよく引き継いでいるとは思うけれど、脚本家の力って大きいね、ここまでの設定を急に手放しにされた感がちょっと否めなかった。
シーズン通して描きつづけてきた、「生」に対する問いかけの一貫性は見事。「生きる」とは、「人間らしさ」とは一体なんなのか……まさか仮面ライダーにこの問いを渡されるとは、このシリーズに出会うまで1mmも思っていなかったです。テーマの奥深さを失わずに締めてくれてありがとう。エグさはシーズン2がMAX。
たつ

たつの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり、映画でやる意味はどうしてもなかったように思えました。

終盤に突っ込みどころが多い。
これまで一度も、自然発生型の変身アイテムであった事はないのに、最後のハルカの旧ドライバーはどこから出てきてん!!!

映画の100分という時間の中で持ち出すには新展開は足らない。


動画配信の終結方法が映画であることに批判はないけど、もう少しこれまでのストーリーと、余韻の残す終わり方をしてくれてれば良かったのでは?

なんともなぁとなりました。
ウチワ

ウチワの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

仁さんの最後が見れたのはよかったですが、話の全ての元凶である水澤母と会長が制裁をくらってないのでカタルシスに欠けます(水澤母が橘局長糾弾してるけど言うこと全部ブーメランなのもはや高度なギャグなのでは?)
全体的に解決してないことも多いのでラストという感じがしないのも良くなかったです
>|