サマーフィルムの作品情報・感想・評価

「サマーフィルム」に投稿された感想・評価

まろ

まろの感想・評価

-

これまず、あらすじの文章がめちゃめちゃいい
―それが『サマーフィルム』夏の映画というもの―

気張らずにさらっと観れるのに、何か大事な事が少しずつ隠されてそうでニクいね
ロードムービーとジャンルされる映画なんて『イントゥーザワイルド』以来じゃないかな
この手の映画特有の開放感だとか、自由そしてその怖さだとか、それらの匂いがたまらない
旅の物語なんていうとどうしても壮大じゃないと秤が釣り合わないように思ってたけど、とてもいいですねこれっぽっちな時間のささやかな父子のたび

知りたがりな少年の大人びた好奇心
生まれ育った環境なのでしょうか、どこか思案顔が多い男の子
イルカの映画のシーン、男の子の瞳、知的な好奇心は宇宙的に、広大な世界に繋がるね
父の目線にリンクさせられるとは、この映画、また見たいぞ
大雨にうたれた土の匂いが漂う窓際で寝そべりながら観る『サマーフィルム』はなんとなく退屈だけど、少年とお父さんのつかの間の楽しみを共有できてこんな昼下がりも良いな〜と思った。何もしない、を全力でしているよ〜〜〜。ドキュメンタリーっぽい作風。お父さんの闇と子供の明るさがちょうどいい具合にサンドイッチされていて、現実と希望の狭間にいるみたい。
tkmsten

tkmstenの感想・評価

3.8
今朝近所でリュック&帽子姿の小さな男の子とすれ違った。後ろから"ワン、ワンワン"って大声が聞こえたので振り返ると、大声でワンワンやっているのはその少年だった。近くにとまっているカラスをその声で威嚇しているらしい。
こどもって生き物は見ていてほんと面白い。

この映画はオトンの友人と少年の他愛ない瞬間の切り取り方がすごく良かった。

恋人の話とか、映画のラストシーンの解釈とか、対等に仲良しな子どもと大人から出てくる会話は面白い。

最初10分は寝そうだったけど、寝なくてよかったなと思う。

ちなみに本作はシナリオなしで撮った映画らしい。この監督、現在長編を撮ってるとの事なので是非観たい。

ボロボロ麦わら帽、でっかいカサブタ、ださいクラブが気になった笑
あ~~~~ 少年とお父さんとなぜかお父さんの友達と3日間のドライブ。
パパのお友達と少年があああああああ!!!!
この脆くもやさしい愛情の行き来がよい…。
最後の感じだとパパとママは別れてるのかな…おっさん二人がママのとこに送り届けたみたいな。

↑2018年のフランス映画祭オンライン上映でフランス語のままみたので怪しいですが、覚書き。
mono

monoの感想・評価

3.5
もう、すんごいお洒落で
大好きなタイプなのに寝てモータよね。
ラスト寝ちゃったよぅ
差し引いても3.5です。
こゆの好きよ
chaooon

chaooonの感想・評価

3.0
夏の終わり、母親に息子を送り届けるために、父親とその友人のフィリップの3人の3日間のロードムービー🚙

ゆるっと観てたら、最初父親と友人の区別がついてなかった💦

父親はなんだか息子への執着もあまり見られず、好き勝手やってて、母親の前でだけいい父親ぶってる感じがしちゃったなぁ。

大人は色々言い訳とか事情を抱えてる。
子供の見えない部分の大人の不完全さが際立ってる感じがしたな。

でも子供にとってはそんなこと関係なくて。
一緒に食べたあったまったメロン🍈
せがんでやってもらった肩車✨

子供の時に大人のお兄さんとかお姉さんに遊んでもらうのってワクワクして、お別れは楽しかった分だけ離れがたかったなぁ✨✨
また遊んでって約束しても、結局それきりで、なんだか懐かしい感覚を思い出した☀️
hamburger3

hamburger3の感想・評価

2.9
フランス版ロードムービー…と言っても特別何も起きない…退屈…だけどそれがリアル。
友人と息子の交流は男の子のあるある。
最後はちょっと切ない。
ACE

ACEの感想・評価

3.5
何も特別なことは起きない
しかしそれが最高に良い
こんな夏誰しもが経験したことあるはず
she

sheの感想・評価

-

「俺には挨拶はなしか?」
夏って来る前は早く来て早く早くーってわくわくするのに、いざ来ると暑くてだるくてやっぱり早く終われって思うし、終わりが近付きそして終わったらすぐにまた恋しくなる。
何かと似てるな。
何かと。
今年ももうすぐ夏が来る。
なむ

なむの感想・評価

2.7
・なんとなく期待できない爽やかすぎる作品かと思ってたらそんなことなかった
・スカした感じはなくて凄く日常でよかった
・寒さも暖かさも感じた
>|

あなたにおすすめの記事