SOMEWHEREの作品情報・感想・評価

「SOMEWHERE」に投稿された感想・評価

Hirona

Hironaの感想・評価

3.7
天気のいい休みの日、
お昼ごはんを食べたあと見るのにピッタリでした
coro

coroの感想・評価

4.0
再視聴

淡々と流れる映像も、それにまとわる音楽も、ぐるぐるぐるぐる回る空虚な日々も、そして勿論プールのふたりも… 全てが好み。
エル・ファニングの透明感
agumon

agumonの感想・評価

2.0
水中ファニングがお気に入り。このシーンは1分もないけど完璧。幼い声だからちっちゃい頃は声と顔がしっくりくるね
色んな様子のファニングが観れるが、父ちゃんの元で過ごすただの何の個性も光らないガキンチョなのが難点
ストーリーはクソつまんねえ上に退屈なので気にせずに観よう。なんてことのない無音の長いワンシーンを繋げて作ってるタイプ。5秒送り等の機能がついたDVDプレーヤーでガンガン飛ばしながら観よう!!
SUPER8の方が断然おすすめ
kogacola

kogacolaの感想・評価

3.6
空虚。でも優雅。
美しいホテル、美しい景色。生活は優雅で見惚れる。
しかし、空虚。セリフは少ないが画で表してる。
コッポラ色はどこか乾いていて、心境によく合っていた。
SOMEWHERE、タイトルも良い。
フェラーリでひたすら直進するシーンがいくつか出てきた。
とにかく、何処かへ。空虚から抜け出すドライブに見える。
4

4の感想・評価

4.8
映像が美しい。空っぽな父が距離を測りながら娘と関わる中で、自分と向き合い歩み出して行く
ayumi

ayumiの感想・評価

3.9
空っぽな夏

好きなリズム、世界、空気感




以下、小ネタバレあり

平原/Ferrari 360 modena /ギプス/シャトーマーモント/ポールダンス/双子/SUV/11歳/アクリル氷/記者発表/箱馬/パンケーキ/イタリア/スイート/授賞式/インタビュー/ジェラート/女/エッグベネディクト/Wii/KISS/T.REX/テニス/ナブラチロワ/シャラポワ/プール/バンパイヤ/ヘリコプター/キャンプ/マッサージ師/一本道/警告音/笑み/Bryan Ferry/Smoke Gets In Your Eyes


脚本はソフィアコッポラがスティーブンドーフを主役に据えてアテ書き

撮影に入る前、スティーブンドーフはエルファニングの学校の送り迎えをしていたとかで

親娘の醸し出す空気が自然すぎ…

エルファニングはいわゆる「子役」だろうとタカをくくっていたソフィアコッポラが面接後に起用しただけあって鬼うまい、そして鬼可愛い

ジョニーみたいなタイミングで寝てみたい…

宝くじ当たったらフェラーリかな!と思ってはみたものの、吉野家の駐車場で浮いちゃうのはやだな…こういうちょっとした不自由さ、この作品に通じるところなんだろうなと

ベニチオデルトロのカメオっぷり、よかった

3枚絞りのボケ玉に思わず二度見
Roku

Rokuの感想・評価

3.8
地位も名声も金も手にした1人の俳優。しかし、どことなく物憂げな表情、スポーツカーを走らせてみても、綺麗で美しいストリッパーを呼んでみても、酒を飲んでとタバコをふかしても、それは拭いきることができなかったー。

マルコの頭の中をそのまま写したような、空っぽな映画。だからなのかクロエの初々しいしさとか若々しさとかが映えていた。

退屈だけど、徐々に表情を取り戻すマルコを追ってくと結構面白い。

ただ退屈、、、。
うーんどうでしょう〜〜
映画見てない人でもどこかで見たことがある有名な水中シーンはやはりとっても素敵。エルファニングの魅力100パーセント。

あとは眠い。私にはあのおいたんの気持ち1ミリも分からない。
なぜ突然泣き出したのかも分からない。
まぁ私もたまに仕事から帰ってきて訳もなく泣いたりするけど。
コッポラは恵まれた環境の中孤独に育ったのはよーく分かった。
CK

CKの感想・評価

3.1
曇りガラス+恵まれた人たちの日常=ソフィア・コッポラ
淡い色彩、憂鬱な時の流れが「ロストイントランスレーション」にそっくり。良くも悪くも自分色が強い監督。
キャストはよかった。
水中のシーンのエルファニングがみんながいちばんすきなエルファニングでしょ
>|