下鴨ボーイズドントクライの作品情報・感想・評価・動画配信

「下鴨ボーイズドントクライ」に投稿された感想・評価

いくこ

いくこの感想・評価

2.5
携帯で彼女のムービーを撮るのは良くない。苦しい。
タイムトラベルするとは意外だった。
バレーボウイズがいっぱい聴けてお耳が幸せ。
就活しないバンドマン✖︎タイムトラベル✖︎浮気阻止

彼女が浮気をしていなかったとてあんたらは別れてたよと誰しも思うよね。笑
陽

陽の感想・評価

3.0
22歳 節目の歳
やだな〜私ももうその年齢を通過してしまったのか
大学4年になっても好きなことを追い求めて現実を見られない彼と、大人になることを自覚し就職活動をする彼女。
まさしく青春時代を反映した作品だと思う。女性の方が現実的だし成長が早いだけに、何やってんだよ、頑張れと下鴨男子に言いたくなる。
カヨ

カヨの感想・評価

-
愛しの下鴨が全部詰まっていた
過去は変えられないけどいつかまた思い出を重ねていけたらいいな
バレーボウイズはやっぱり良いね、京都の大学生に戻りたいよ
栗田

栗田の感想・評価

5.0
映画自体はくっっっさいしさっっっぶいけどバレーボウイズは最高よ このスコアはバレーボウイズの曲に対するスコアです!
Kento

Kentoの感想・評価

-

彼女と別れた主人公がタイムリープ!!

と言ってもそこまでSF色が強い訳でもなく
二人の過去を振り返ると言ったような感じ

音楽が良かったです

対称的な二人の考え方
彼女の思いも分かるけどあの言葉は重いよ…
とも思います(笑)
同じ都会の街並みでも京都のそれ見た後やと東京は薄汚くてイケねぇや……スンスン

彼女の大学生活の終わりと共に僕らは別れた、あの時の彼女の浮気を止められれば、見て見ぬふりしなければ、未だに僕らは終わってなかったに違いねぇ!よ〜し……タイムリープしてやり直してやんよ!って話

ムーラボ2018のん!
ムーラボ2018と言えば歴代のムーラボん中でも「書くが、まま」「普通は走り出す」「無限ファンデーション」「暁闇」「日本製造」「左様なら」、特別招待の「クレイジーアイランド」「隣人の行方」好きな作品ばかりのマシンボーイ的歴代ムーラボベストな年なんやが!まだ観てないんがU-NEXTにあったから観てみたよ

タイムリープものは苦手なマシンボーイも本作は全然嫌味なタイムリープやなくて見やすかった、タイムリープものって総じて時間を行き来したことによって起こる矛盾なんかを弄り倒した挙句にドヤ顔するんが定番やが、本作のタイムリープは単なるテーマを表現する為の手段でしかなくて、タイムリープドヤァ!が無かったからばマシンボーイも安心して観れたよ
ただ、圧倒的な他のムーラボ2018作品に対して優れた所を見い出せたかといえばそんな事もなく、まぁ悪くないよね、程度に留まったんは如何ともし難い

まぁ本作の恋愛映画としてここ良かった!とこをあえて挙げるとすれば、男女の違いのわかりやすさよ
出会って間もない大学1年の頃は、俺ずっと音楽やっていきたいんよね!って彼に、彼女も、絶対音楽やめないでね!
でも月日が経ち彼女は就活に忙しく、彼は相変わらずバンドバンド、彼は彼女のあの時の言葉を真に受け俺は音楽で生きていくんや!に対して彼女の、もういい加減大人になってよ…、っつ〜男女対比がさ、月並みやけど、そうなんよねぇ…男っていつまでも素直で馬鹿な子供なんよぉ、ってしみじみしたよねぇ

あと良かったとこと言えば、京都の大学生っつ〜無敵感と、ムーラボ作品ってことで音楽も悪くなかったし、なにより彼女役の女優さんの瑞々しさよ!ひゃー!フィルモグラフィみたらばお芋ちゃんと共演してる作品あるやん!観たいよぉ、観たいよぉ、ぺろぺろぺろぺろ
京都メトロ、出町柳、鴨川デルタ、
京都で過ごす学生生活は良いものだぁ。
良い方にも悪い方にも就活でやはり人は変わる。いつ大人にならないといけないか、現実を見なければいけないのか。そんなん気にしてたら面白くないんだけども…
学生の恋愛なんてそんなものかぁ。
いい思い出として、エモとして、あの頃の自分は〜、京都での思い出は〜、幸せだった。
なんて思い返せば、今を頑張ろうって思える
それでいいのかなー。
バレーボウイズの素晴らしい音楽ありがとう
ひがしにまちうるっときた。
moa

moaの感想・評価

-
分からない、、ストーリーの展開が早すぎて終始置いてけぼりだった笑
>|

あなたにおすすめの記事