ソラニンの作品情報・感想・評価・動画配信

ソラニン2010年製作の映画)

上映日:2010年04月03日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ソラニン」に投稿された感想・評価

しまだ

しまだの感想・評価

3.4
ちゃんと原作を読んだほうがいいかなって思いました。
中学時代どハマりしたアジカンのソラニンの曲の意味を何気に初めてちゃんと意識したかも
あと宮崎あおいの髪型が好き
かじつ

かじつの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

サブカル野郎なので、ラストシーンで死んだ種田のギターが聞こえてきたところで泣きました。
序盤みたいな幸せな生活した~~~~~い
将来に不安を抱えながらも夢を追いかける若者たちの姿を「ソラニン」という曲を軸に描く音楽ドラマ。

元々主題歌であるアジカンの「ソラニン」は大好きな曲でしたが、肝心の本作は今まで未見のままでした。やっとの初鑑賞でしたが見る前までのイメージ通り、良くも悪くもお決まりの物語でした。ストーリー的には目新しさは全くありません。

でもキャスティングは本当にバッチリ。宮﨑あおいの役柄は多分他の女優じゃ違和感あったんじゃないかなと思うほど、彼女が一番ハマっていたと思います。

高良健吾や桐谷健太もキャラに合っていましたし、演奏も実際に自分達で行っていてまさしく本物のバンド。サンボマスターの近藤洋一が演技している姿を見れたのもなかなか貴重。

社会人になった歳になっても恋愛と友情という絆はやはり大切で、どんな形であれ自分らしく生きることが人生において大事というのを思わせてくれます。無駄に足したり引いたりしていないので、そのままストレートに見れる作品でしょう。
儚く、脆い主人公の中に彼を想うパワフルさがすごく刺さった作品でした。


夢を追う人、応援する人、共に目指す人、巻き込まれる人。

多い情報量を明確に分かりやすく描いているのに、それぞれのセリフが刺さるしちゃんと届く。

歌の力は さすが としか言いようがないけど、頭でわかってる何倍もグッときました。
こうゆう恋愛した人はきっと強くブレずに生きていくんだろうなぁって

泣きたい時はもちろん、自分が分からなくなった時、観たい作品
kinoko

kinokoの感想・評価

3.8
歌◎

高良くんもあおいちゃんも声◎

自分のやりたいことを一生懸命やっている姿すてきだなあ
楓

楓の感想・評価

3.5
終わりに向かっていくにつれ、好きだァァってなった映画。

宮崎あおいが最強に可愛い。
ナオヤ

ナオヤの感想・評価

3.4

バンドマン🎬

ストーリーは学生時代からの夢であるバンドマン
達を描いた作品でした。大人になった3人は今でもバンドへの想いを捨てきれず、それぞれ葛藤を抱えながら過ごしていました。今作でも描かれていたように、好きなことを仕事にするって難しく、夢を叶えられる人はほんの一握りです。やっぱり夢が叶うまで追いかけ続ける人はキラキラしててカッコいいですよね✨
お粥

お粥の感想・評価

4.7
ただひたすらに切なかった。
何度でも観たい作品。

映画を観終わってから聴くソラニンは格別だし、観る前はなんとも思わなかったジャケットにもソラニン要素が詰め込まれてて涙が出てきた。

みんな幸せになってね。
3232mikan

3232mikanの感想・評価

3.8
いにお漫画の世界観がとても好きで、映画も見ないではいられなかった。

芽衣子ちゃんは漫画も映画も
いそうでいなさそうな子、そこが魅力的で可愛かった。よかった。
ビリーのバックボーンの描き方がもっと厚くてもよかったのにな、個人的にビリーが好きだからなんですが。
種田ーーー!
苦しいんだろうけど、、、
やっぱり残った方も苦しいよ。
苦しくて辛い青春。。。
くっそーーー!みんな若いよう!適当なんかじゃないよ、しっかり生きてるよ。もっと適当でもいいんだよ。
さわやかばかりが人生じゃないもんなぁ。
将来で悩む感じが若く感じる。こんな時にしかやりたいことなんてできなかったと思う。愛する人、仲間を亡くしても前へ進むところが好き。
>|