ソラニンの作品情報・感想・評価

「ソラニン」に投稿された感想・評価

KURO

KUROの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

ソラニン こんな作品だったのか と…

んー 悲しいのか 虚しいのか それを埋めるべく 歌ったのか
そもそも 殺せばいいってものでは…
死がメインテーマなのか

いや違う 種田はこの億劫でこのせちがない世の中に見限り 敢えて死を選び
それを分かっていて 平凡な日々を壊すべく 芽衣子は 種田の代わりにソラニンを歌った

これは 平々凡々と生きること=死 がメインテーマなんだ
と勝手に解釈し ラストで宮崎あおいが歌うソラニンにかわいいな が大半で 少しだけ感銘を受けた

夢は諦めなければかなう なんてのが夢かもしれなくて ほぼ大半の人は社会の歯車の如く働くしかないんだ
そんな世の中で 種田が残したこの曲を歌うことが芽衣子にとってなんだったのか
この曲や彼の存在を証明すること?
彼の代わりにバンドを続けること?
いや 彼の死を受け入れて 退屈な日常に戻るための儀式みたいなものだったのではないかと受け止めた
そう考えると ソラニンの意味あいが深くなる(ソラニン=ジャガイモの芽は毒性ではあるけど 同時に欠かせない成分でもある ないと育たないらしいね)

勝手な解釈なので いつか原作読んでみようかな と思ったり思わなかったり…
何回ソラニン聴いたか、、、

儚くて切なくて
涙が止まらなかった。
エンディングも最高。
映画館で観れて良かった!
NarumiSato

NarumiSatoの感想・評価

3.5
ソラニン観て、速攻アジカンのアルバムを揃えにツタヤ行ったんだよね。
水色のムスタングが可愛くて、一緒に楽器屋行ったり。
カラオケで染まるよと若者のすべてに続いてソラニン歌われたりしてきゅんとしたりするんだよね。
その

そのの感想・評価

3.8
観賞後マンガ読み返したら、映画よりもっとガキっぽい種田がいて、面白かった。笑

映画の方は全体的に静かな雰囲気で、種田もいささかクールだった。

どちらも面白い👍
悠

悠の感想・評価

3.4
昔見て記憶が曖昧だったので再度視聴。
作品全体の色味や街の雰囲気が好き
そして普通に泣く、とくにビリーが自転車の後ろに芽衣子を乗せて号泣するシーン。
特別上手いわけではないが宮崎あおいが歌うソラニンにはグッとくるものがある...
エンディングのムスタングはアジカンの中でも上位で好きな曲
なむら

なむらの感想・評価

4.2
役者 1
音楽 1
演出 0.7
好み 1.5

完全に中高生の時の思い出補正があるが、わざわざ自分で二回もTSUTAYAで借りに行く映画は珍しい。バンドと同棲に憧れを持たせてくれた映画。

このレビューはネタバレを含みます

以外と中だるみしてしまった
桐谷健太と宮崎あおいが二人乗りしているシーンがとても好き
原作既読。
現実と理想の狭間で揺れる等身大の若者たちを描いた浅野いにおの人気コミックを映画化。

宮崎あおいと高良健吾が、同棲カップルの切ない感じをうまく表現していると思う。あとは何といっても、ハマリすぎて主役を喰ってしまう名脇役・桐谷健太。近藤洋一(サンボマスター)の自然な演技も良かった。

原作と同じ水色のフェンダー製ムスタングを、ちゃんと使っているところも好感度大。あとは、個人的にアジカンファンということもあって、これから何度か観るだろう。
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

3.6
アジカンのソラニンは
よく聴いていたのに
映画は見たことがなかったので。

この世には残念なことに
永遠も絶対もなくて
未来は到底予知できなくて

そのなかで、

世間に流されることも
逆流して進むことも
どっちも腑に落ちなくて
どっちも自分じゃない気がして

きっとみんなそんなもんだね

生き方に正解なんてないから
人生つらいし、うんとたのしいんだね
Miki

Mikiの感想・評価

3.6
好きなことをして生きていくのは案外難しいよね、

学生のこの今の時期に見たほうがいいって言って勧めてくれた友人に感謝
>|