アイスと雨音の作品情報・感想・評価・動画配信

「アイスと雨音」に投稿された感想・評価

あい

あいの感想・評価

-
単純に、ワンカットなのがすごい
メインの女の子、目が強くてかっこよかった
だいき

だいきの感想・評価

4.2
かなり挑戦的な映画。
最初こそ混乱する構成だけど、「ここでこことここをシームレスに繋ぐのか!」と思ったら、そのライブ感というか、カメラ越しなのにリアルタイムで舞台劇を観ている様な不思議な感じがとても楽しかった。

演じているキャストも、ドキュメンタリーを観ているかの様に自然な演技をするから、邦画によくある大袈裟なわざとらしい演技が嫌いな自分からしたら、全員演技が上手くてかなり良かったように思う。
舞台のようなワンカット映画を演じているキャストがとにかくすごいことはわかった。
後半にかけて高まっていく感じもよかった!
ただ前半、この映画様式に慣れるまで受け付けなかった。
あおい

あおいの感想・評価

3.9
演劇らしい内容を映画でまとめている。

演技、リアル、虚構の横断を74分のワンカットにまとめる事で、映画のように移動しながら演劇を観ているような感覚。

若者の痛々しいセリフ回し、演技、行動力も演劇らしさを助長させている反面、途中途中のMOROHAの歌が入る事で映画としてのバランスも保ってる感じ


演劇を映画のフォーマットで観ていると思いながら観ると相当面白く感じると思います。
あかり

あかりの感想・評価

3.5
1ヶ月を74分ワンカットにはとても惹かれた。挑戦的な感じがして良かった。
MOROHAの音楽も素敵だったし、現実と劇が変わる瞬間も好き。
でも私は、一生懸命やってきたことが途中でダメになるっていう経験をしたことがないから、一歩後ろの目線で見ることしかできなかった。今悔しい思いをしている子たちにこそ、この映画に出会ってもらいたいと勝手ながらに考えた。
そして本編には関係ないけど、柚くんは日本一萌え袖パーカーが似合うのではないかと思った。
Brown

Brownの感想・評価

-

(ツイートコピペ)

全員が同時に2役を担っているのがなんとも面白く、鑑賞後に疲労感が滲むほど彼らの熱量が凄い。

淡々と話し続ける役者とその後ろで歌い演奏する2人組の存在が、一つの画面の中で静と動を表現しているのが印象深い。
伊純雛

伊純雛の感想・評価

4.5
これ、ワンカット映画よ?

演劇が盛んな下北沢で繰り広げられる
演劇のお話のワンカット映画。
ワンカットでも全然中だるみとかないし
むしろ熱量凄すぎて
終始圧倒されてました。

森田想さん本当に演技上手くて可愛い

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ好き。1週間で4回観ました。

劇の話と役者さんの話かと思いきや、カメラ目線で観てるこっち側に語りかけてきたときにゾクッときた。

特にラストの全ての世界をごちゃ混ぜにしての語り。感動?共感?みたいなよく分からない感情が出てくる。

これは完全に俺の映画でした。
taf

tafの感想・評価

-
演技がうますぎて現実を覗き見してるみたいな疲労感。トリックみたいで実験性が高い。
演劇のお話だったからか、ワンカットだったからか、映画というより演劇を見たという感覚。
松井監督もMOROHAも好きな私にとっては良かったが、賛否分かれそう。
>|