あの日々の話の作品情報・感想・評価・動画配信

「あの日々の話」に投稿された感想・評価

たいち

たいちの感想・評価

4.8
ホモソの最悪なノリ、滅べ🎶

童貞いじりとかすぐヤるヤらないの話するとかリアル過ぎてグッタリしちゃうよ

コロナ以前の楽しい大学生活を思い出して辛くなるかもと思ったけど全くそんなこと無かった……

気まずい空気感が自分もその場にいるかのように伝わってくる、これ映画館で見てたらヤバかったな

長井短は天才なのでもっと役者の仕事が増えればいいな
面白かった。
本筋は、どうでもいいくだらん話なので、観る人は選びと思う。

カラオケルーム2部屋だけで
長編を成立させる演出力には脱帽。

シナリオは決して上手いとは思わない。
クライマックスの気まずさのために用意された60分ぐらいのシーンだから。
そして、何にも解決させる気はない。
だけど、エンディングで何故か爽快感はある。

俳優の見た目は、大学生には見えない。
けど演技の上手い人じゃないとこの物語成立しないと思うので、仕方ないよなぁーという思う。
ほとんど30代に見える。

なので、しばらくサークルのOBの集まりの話かと思った。
飲み込み辛かった。
Furunya

Furunyaの感想・評価

4.2
めっちゃ好き。
深夜のテンションで
変な口論になったり、
モヤモヤする雰囲気になったり
楽しいはずなのに。

楽しむ為に行くカラオケで
なぜかめんどくさいことになる
大学生のカラオケオールの不思議。

ありふれた大学生的日常を
描きながらも細部に
微妙な綻びを見せて、
日常とのズレを描いてる。

演劇ってこんな感じなのかな。
終始言いようのない不快感を覚えたんは、年齢とか環境が、まだ近しいものがあるからっぽい。「与太話」とは捉えられんかった。
大学生あるあるが詰まってて時折こちらまで気まずくなったり恥ずかしくなったりする。
サークル入ってたらもっと楽しく感じたかもしれないなぁ〰️〰️〰️
良くも悪くも「舞台作品」って感じだった。しょうもない笑いと、仲間内のはずなのに微妙に気を遣いあってるあの感じ、すげえ見覚えあるんだよなあってなる。一緒に観に行った友達は酷評してたけど、そこまで言うほど悪い作品じゃない。
トモミ

トモミの感想・評価

3.3
これは自粛生活になってすぐに観たので、集中力散漫気味だった。
でもこういうの待ってたんだ!ってくらいさらっと観れたし、オチも最高だった!
声出して笑ったもん!
玉田さんの舞台も好きだけど、映画もニクかったなぁ。一人一人のキャラが好きだった。
また映画撮ってください!
zumi

zumiの感想・評価

3.3
大学生感が満載で、
青臭いというか黒歴史感に苦笑いしつつ、
「やっぱり大学生っていいな、あの頃楽しかったな」という気持ちになった。

全然あんなタイプの学生ではなかったけど、なんとなく懐かしく思ってしまうのが不思議。。。

そして、オール明けに何か食べに行っちゃうのすごくわかる…
もう今はそんな元気も胃袋もないのが少し寂しい。
2つの部屋が絶妙にリンクしていて面白い。最高潮の気まづさが堪らない。純恋歌と巡恋歌。男たちの置かれた状況が無様過ぎて笑ってしまう。

どうしても演劇原作だと、会話や間がリアルではなく演劇っぽくなってしまうのはご愛嬌。

今度は演劇で観て見たいと思いました。
映画を見終わった後、「珠玉の与太話」のコピーが逸脱に思える。
>|