なっちゃんはまだ新宿の作品情報・感想・評価・動画配信

「なっちゃんはまだ新宿」に投稿された感想・評価

tmurata

tmurataの感想・評価

-
2017/08/12 K’s cinema Moosic lab 2017プログラムA
2017/11/20 シネマカリテ
高校生パートと社会人パートの対比。続く嫉妬、執着。好きと嫌いの狭間。
中心に居るのはなっちゃんだが、そもそもなっちゃんは存在していたのだろうか…

ライブのシーンが長く感じたのは気のせいか。
有名なのか、ちがうのか分からない映画
なんだけれど、なぜか共感できてしまう。

ちゃんと女性の感情に的を得ていて
ユニークな感じ、SF?ぽく的を得ていた。
「なっちゃん」のことばかり気にしていたら
ある日突然なっちゃんが現れる。

ビーバーみたいな2本の前歯とソフトクリーム
好きな「なっちゃん」を作り出した秋乃の思い
とは‥


あの角曲がったら2人で走って逃げよう!
仲間たちとはぐれた振りして
2人で逃げよう!

手を繋ぎ人混み掻き分け全速力で走った
夜の人混み都会の街並みを
息切らして走って走って遠くへ

幸せ噛みしめても偽物の幸せでしかない
のは分かってる
指輪はずしたの、してないの‥?
頭によぎる疑問を拭いはらって

そんなことどうでもよかった

夜が明けるまでの2人だけの時間に
誰も存在しない、させない
2人だけ
夜が明けると終わってしまうのは
これがシンデレラ物語だから

連れ去ってしまいたい

連れ去ってよ、どこか遠くへ‥


(↑作品とは関係ない文章です。妄想笑)


都会の中の若さや、嫉妬や、幸せ目指す女性の
心情が共感できた。
まっすぐじゃなく、斜めから横からの感じで
観たら、きっと面白いと思います。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

4.0
ラストに戦慄を覚えました。
なんと形容すれば良い映画なのか。なっちゃん。脳内を可視化したような虚構無情愛情現実が重なり惑わす。なっちゃん。ただの日常がなんでもない会話が。なっちゃん。奇妙な映画だよ。なっちゃん。
し

しの感想・評価

3.5
好きなのに嫌いだったり、嫌いなのに好きだったり。簡単に手にいれたしあわせと、冷蔵庫の中にあるソフトクリーム。ふたりで築き上げた家庭の中に、なっちゃんの面影は消えることないし、思い出したって仕方ないよなあ。憎くても愛おしい存在だからこそ、なっちゃんは消費されないで。
れお

れおの感想・評価

2.8
何にも心に来るものがなかった。
見終わった直後でももうすでに記憶の彼方にいる。ほぼ何にも覚えてないや。
男の演技がひどかったのは覚えてる。
狂ってる感全然ないし、妄想と現実の境が無くなってるんならそういう演出がもっと欲しい。ライブシーン長すぎ。
maika

maikaの感想・評価

3.3
なっちゃんの透明感...かわいかった...
不思議だけどすきな人のすきな人はだんだん魅力的にみえてくるもんだねー
m

mの感想・評価

5.0
会ったことも見たこともない好きな人の彼女。羨望や嫉妬から「なっちゃん」を作り出し、それが自分にとっての理想なのかなんなのかだんだんと大事な友人になっていく。←こんな普通の説明では表せないくらいこの映画は感じたことが全てだった。変とか奇をてらってるとかそーゆーんじゃなくてぶっ飛んでる。

好きな人と結ばれてもどこか寂しくて退屈でそれを埋めてくれているのか罪悪感なのかはわからない。いつの間にか大事な大事ななっちゃんになっていた。消費されないでって言うところ大好き。

あきちゃん最初あまり可愛くないなあと思っていたのだけどPOLTAのライブシーンのとき出てくるあきちゃんはめちゃくちゃ可愛くて愛しかった。

タイトルが出るところも大好き。

なんかよくわかんなくてなんなんだよこの映画!と号泣していた。

カップヌードル食べるとソフトクリーム食べたくなるしソフトクリーム食べるとカップヌードル食べたくなるよねなっちゃん。

わたしもなっちゃんに会いたいよ。

しかしなっちゃんとあきちゃん以外がどう見ても高校生に見えないのがちょっとなあという感じだった。
どんなに幸せでもどんなに大好きでも嫉妬ていう名前の気持ちはずっと消えない女性が女性に対して持つわかりみの深い感情の話
Aipon

Aiponの感想・評価

-
(記録)なんとも、新宿にどうもっていくのかというのと。話の、ノビ。エモさ!
>|