なっちゃんはまだ新宿の作品情報・感想・評価

なっちゃんはまだ新宿2016年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

高校生バンドPOLTAの同級生でマネージャー志望の秋乃(池田夏海)は近ごろ、同級生の岡田(河西裕介)に恋をしている。しかし岡田には他校に「なっちゃん」という彼女がいた。彼がいとおしげに話すその少女のことを秋乃はいつも考えてしまう。岡田の好きな「なっちゃん」日傘を差した「なっちゃん」。可愛い「なっちゃん」。友だちの少ない「なっちゃん」。なっちゃん、なっちゃんーーー。そんなある日、自分の部屋のタンス…

高校生バンドPOLTAの同級生でマネージャー志望の秋乃(池田夏海)は近ごろ、同級生の岡田(河西裕介)に恋をしている。しかし岡田には他校に「なっちゃん」という彼女がいた。彼がいとおしげに話すその少女のことを秋乃はいつも考えてしまう。岡田の好きな「なっちゃん」日傘を差した「なっちゃん」。可愛い「なっちゃん」。友だちの少ない「なっちゃん」。なっちゃん、なっちゃんーーー。そんなある日、自分の部屋のタンスを開けるとなっちゃんがいた。それ以来、戸惑う秋乃の前に彼女は幾度も現れ無邪気に笑う。かけがえのない誰かのようにーーー。

「なっちゃんはまだ新宿」に投稿された感想・評価

ぷりん

ぷりんの感想・評価

1.9
気持ちはわかる。
けどコアなゆうこすファンにしか需要なさそうな映画
ゆうこすが汚いおじさんに消費される役がしっくりきすぎ
JIN

JINの感想・評価

3.3
何かコワイ。
これが最初の印象。
ここまでよくも知らない人の妄想を自分の中に作り出して、執着し、暴走できるものなのか?と。
まあその相手も結局は自分自身なわけで。
自分との対話をしてるにすぎない。
この人はこうあってほしいという理想も自分に向けた言葉。

前半の高校生パートでは、出演者達の制服姿がやけに老けて見えて、なかなかこちらに入ってこなかった(笑)
しっくりきたのは後半の社会人生活に入ってから。
池田夏海の普通の社会人っぽさ(でも何かコワい・笑)と、菅本裕子のふわっとした雰囲気が対照的で良かった。
POLTAっていう二人組は初めて知ったけど、なかなか小洒落た音楽で良かった。
けっこう出番も多くて演技も頑張ってはったね。
他の曲もいろいろ聴いてみたくなった。
それにしても「ぱいぱいでか美」ってやっぱり名前のインパクトがキョーレツやな(笑)

こうゆう視点から作品を創ることができる若き首藤凛監督の今後に期待したい。

このレビューはネタバレを含みます

14 舞台袖から岡田の姿を確認したときのあきちゃんがかわいくって、うわぁーーーわかるーーー!!!(;_;)ってなった。

好きな人の好きな人を自分で想像して作っちゃうのもわかるーーーあるある
なっちゃんもあきちゃんもかわいい!
Mai

Maiの感想・評価

-
No.130 /4000

「でももし新宿が終点じゃなくて、その先に新新宿みたいな駅があれば、そこになっちゃんと行ってみたい。」
あたり

あたりの感想・評価

3.6
わ、か、る〜!気がした。

好きな男の子の好きな女の子に対する複雑な気持ち。観ながら何度もアァ…ってなった。
それからキャストがちょうどいい。もしこれを有名な女優さん俳優さんが演じてたら、眩しすぎて現実味もなくなるし共感も得られないしつまらないものになってたと思う。特に高校時代。全員 演技が上手いとは到底言えないけど、自分が女子高生だった頃のこと思い出して胸がギュンギュンした。
スク水最高!

好きな男子いるんやけど、彼には彼女〝なっちゃん〟がいる
〝なっちゃん〟が気になって仕方なく悶々と過ごすうちに、やがて〝なっちゃん〟が現れるようになる
可愛くて、色白で、いつも日傘をさしている〝なっちゃん〟、自分とは正反対の〝なっちゃん〟を憎らしく思う反面、特別な存在にもなっていく
そんなある日、彼が〝なっちゃん〟と別れたのだが…、って話

うん、〝なっちゃん〟がスク水なシーンがありましてな、そのシーンだけは正座しながら拝見させていただきました!やっぱりスク水は最強の装備やで!魔王倒し行くならスク水やで!ぺろぺろ

あとはこれといってハマるポイントもなく…、ストーリーには感情移入出来ませんでしたし、MOOSIC LAB作品ながら曲に全く興味が湧かなかったんもイタイポイント
ただ恋って人を楽しくもするし苦しくもするよなぁ、しみじみ…って気持ちになりました

そんなマシンボーイもこの映画を朝イチ観た日は午後からデートの約束してましてな!ぺろぺろ、女友達と飲みいくとかじゃなくて、ちゃんとしたデートとか久々やで、ドキドキ、青春時代に帰ったような気持ちやったんです
ただな、相手はひと回り以上も年下の学生でな、別にマシンボーイも本気ではなく、ただ楽しく遊びに行ければ良いなぁ、くらいのつもりでしたよ、ぺろぺろ
いざ当日はそれはもう楽しくてね、いい子で可愛いくてね、素敵な1日になったんですがね、相手の子もお酒好きなんで、まぁまぁ2人とも飲んだんですよ
でもって翌日な、別に頭痛いとか無いし、ムカムカするとかも無いし、ただ食欲だけは全然無くてね…、まぁ二日酔いかな?なんて思ってましてね
たださらに一晩を経て今日になってもまだ全然食欲ないんですわ…、何やろなぁ?暑いけど夏バテなんかした事ないしやな…
でなついさっき先輩と飯くっててな、割と大食いなマシンボーイが全然少食なんをみて心配する先輩「体調わるいの?」「いや、食欲無いだけですわ…」
すると先輩「体調悪い以外で食欲無いいったら、もう原因ひとつしかないよな!」、「なんすか?」、「恋の病!」(キメ顔)、「はぁ?きもちわる!」(え?そうなん?これが長年マシンボーイから失われてた恋する気持ちなん?)(赤い実はじけるってこういうことなん?)、「え?誰?誰好きなの?」「うるさいすわ…」、「…」(´._.`)シュン
どや!このストーリー、MOOSIC LABで映画化してくれへんかな?モーモールルギャバンの曲とかで映画化してくれへんかな?ワクワク
あ、この話が本当か嘘かはあなた次第です!ゲラゲラ

ってことで本作にはスク水以外に魅力を感じれず…
MOOSIC LAB 歴代作品ベストは「光と禿」ダントツの、「脱脱脱脱17」が次点ってとこやな
リリースされてないんも多いし、是非もっともっと売り出してほしい企画やわMOOSIC LAB

スク水加点ありだ!
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
なんとなく〜なんとなく分かる…(笑)

中学生の時から片想いしている男子に、
高校で…彼女が出来た…と知る…
…その彼女の事が気になって…自分の中で
「その彼女」を…作ってしまう…(妄想の世界)

社会人になり…
「その彼女」…なっちゃん…と出会うんだけど…(本物)
高校生の時の「なっちゃん(妄想)」とは…姿かたちは同じだけど…違っていて…

…と…文にするのが…難しい…(笑)

時代(歳、年代)とともに…変わっていくものもあれば…
変わらないものもあって…

その時、その時の「積み重ね」で「今」があるけれど…

「今」を
「これから」を
「生きる為には」…
過去と、過去の自分とも…バイバイしなきゃいけない者、物…があって…

でも…「バイバイ」した者、物は…「自分にとっての一部」…みたいで…(笑)

…わ〜レビューを書くのが…難しい…(笑)

「前向きになれる」…というか…
「前に歩こう」…そう思った…♡

劇中の音楽に…ドキっと…した…(笑)
(10代、20代…と歌う歌…ドキ…笑…♪)

ファンタジックで、でも、現実的…♡

私は…この作品、良いなぁ〜と思った…(o^^o)
munya

munyaの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

この題材を知っている。彼の元カノはすべて絶対に勝てないと思えるくらいの未来を生きていなければならないし、元カレもすべて幸せでいなければならない。過去や現在にわたしたちはあらゆる繋がりに囚われ呪われる。
ちょっと惜しいなと思ったのはもう少し丁寧に描いても良かったのではないかと思う。共感性は高いと思うから。それから、バンドと秋乃イメージカットバックの曲歌詞の内容がもっとグッとくるものだと良かった。あんまり来なかった。
kaede

kaedeの感想・評価

5.0
なっちゃんみたいに生きられる女の子がズルくて憎くて大好き。簡単で面倒くさいとびきりの幸せよりも、ただなっちゃんが笑って生きていてくれることがよっぽど尊くて嬉しい。なっちゃんがいつまでも、世の中に消費されないでいる限り!
yu

yuの感想・評価

4.0
「消費されないでね。」
想像の中で大きくなった「なっちゃん」が日常の中に程よい存在感と都合の良さで溶け込むように居座っていて良かったし、女の子の微妙な感覚の描き方がうまい。当事者よりも執着してしまっていたり、新宿を好きでいられる自分のことが好きだったり、大嫌いで大好き(ポスターより引用)、みたいなそういうのって忘れたくない。
バンドpoltaも良かったので楽曲ダウンロードした。歌声が透明感あって好き。
なんとなくレンタルしたら突き刺さって抜けなくなったダークホース的な作品。監督が私と同世代でひたすら嫉妬してしまうな。
>|