なっちゃんはまだ新宿の作品情報・感想・評価

なっちゃんはまだ新宿2016年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

高校生バンドPOLTAの同級生でマネージャー志望の秋乃(池田夏海)は近ごろ、同級生の岡田(河西裕介)に恋をしている。しかし岡田には他校に「なっちゃん」という彼女がいた。彼がいとおしげに話すその少女のことを秋乃はいつも考えてしまう。岡田の好きな「なっちゃん」日傘を差した「なっちゃん」。可愛い「なっちゃん」。友だちの少ない「なっちゃん」。なっちゃん、なっちゃんーーー。そんなある日、自分の部屋のタンス…

高校生バンドPOLTAの同級生でマネージャー志望の秋乃(池田夏海)は近ごろ、同級生の岡田(河西裕介)に恋をしている。しかし岡田には他校に「なっちゃん」という彼女がいた。彼がいとおしげに話すその少女のことを秋乃はいつも考えてしまう。岡田の好きな「なっちゃん」日傘を差した「なっちゃん」。可愛い「なっちゃん」。友だちの少ない「なっちゃん」。なっちゃん、なっちゃんーーー。そんなある日、自分の部屋のタンスを開けるとなっちゃんがいた。それ以来、戸惑う秋乃の前に彼女は幾度も現れ無邪気に笑う。かけがえのない誰かのようにーーー。

「なっちゃんはまだ新宿」に投稿された感想・評価

Marrison

Marrisonの感想・評価

2.3
前半・・・ほぼ満点(鮮度のいいお刺身感)
後半・・・0点(完全に蛇足。映画として発狂状態)

なっちゃんの甘ったるくてパシャッとしすぎたあの俗キャラなんだけど、あれ以外に造りようがいろいろあった中からああいうふうに定めた理由がよくわからない。
でも、前半はアキも岡田もアイもスグルも女子友らもかなりよかったよ。前半のラスト(ここで終わらすべきだった)には涙すこぅし滲んだ私だった。

で、28歳。高校時代と全員髪形さえも変わってないんですけど。精神的にも社会的にも、せいぜい24らへんでしょ彼女らは。
アキ、ほんと精神病ひどすぎ。

こんな映画未満に90分以上つきあうよりも、アニタ・パレンバーグと二人のギタリストのトライアングルに1分間ほど思いを馳せてから大音量でJJFでも聴いた方がよほど充実する。

これ、ナシ。繰り返すが、前半だけで絶対充分。
milagros

milagrosの感想・評価

4.0
すごいジワジワくる。型にはまる寸前で何度もするって抜けていく怖い映画。もう一人の自分を、他人の姿で再生しきった勇気と、仕掛けが素晴らしい。人間の残酷さと、切なさの新たな提示。音声とか粗いとこあるけど、首藤監督にはこれからもついていきたい。
カメラがすごくいい。特にラストはすごい。

あと、サッポロビールは首藤監督と契約したほうがいい。
最近観た、この手の映画の中で一番よかった。どんな女の頭の中にも、大なり小なり「なっちゃん」は存在していると思う。
こっけ

こっけの感想・評価

4.0
岡崎京子のpinkが部屋にある女の子は最強
僕の名前が首藤で、
今僕が気になっている女の子の名前がなっちゃんで、
そのなっちゃんの趣味が新宿でぶらぶらすることっていう、
かなりタイムリーなタイトルと監督の名前だったので、ノリで観た『なっちゃんはまだ新宿』

独特な構成になんか引き込まれ、あっという間だった 僕にこういうところある
それを表に出さないだけで
Poltaが好きになった
友だちから言われた些細過ぎる一言って長いこと体内に残って、気にする。忘れたままでいられたのに何かの拍子にまた思い出したりする。

わたしにもなっちゃんがいたこと、ある。
Wonkavator

Wonkavatorの感想・評価

2.5
冷静な基地外の妄想

可愛さ余って憎さ百倍?!?!

ちょっとだけ狂気を感じる。
angryaoi

angryaoiの感想・評価

5.0
青春時代と括って高校生を懐かしむけど、この今だって未来の自分から見たら立派な青春時代なわけで、ずっと幼い。断続的に拡がる青春時代に僕らは生きてる。
そんな視点がある青春映画、滅多になく、2017年最後に流れ込んできた発明。飛びっきりな仕掛けが最大限に成功してる力作でした。
つまらなかった。この程度で準グランプリとかmoosic labとかいう映画祭のレベルの低さに笑ってしまう
の

のの感想・評価

4.0
最初は個人的に入り込みにくい学園ものなのかなーと思ったけれど、話が進むにつれてすっと入っていくことが出来た。
>|