青の帰り道の作品情報・感想・評価

青の帰り道2018年製作の映画)

上映日:2018年12月07日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「青の帰り道」に投稿された感想・評価

朋美

朋美の感想・評価

4.2
7人それぞれの人生を観て
人生色々だよなーと勉強させてもらった感じ!
どこかで観たことあるような、
どこかにありそうな、
そんな内容とお話の流れだった。
ただ、人生のどん底がどん底すぎて
こうならないように頑張ろうと思った!

どん底に落ちてしまったら自分の力だけでは
這い上がれないから、やっぱり友達とか仲間って
大切なんだなと思った。

夢があってもなくても
人生そんな甘くないよなー、
上手くいかないよなーと感じた。
XPETRONIUS

XPETRONIUSの感想・評価

4.5
・画面中央にまっすぐ伸びる一本道、常飲しているらしい野菜ジュース、夏の駅で流れる滝のような汗。人物の心情や関係性を構図や色調で表現していて、とても好感を持ちました。

・阿呆は箸の持ち方も変、ってアレ、演出なんですかね。だとしたらすごいな。
るい

るいの感想・評価

5.0
登場人物の堕ちていく様が、一人一人しっかり描かれていたと思う。
それぞれに色んな葛藤があって、気持ちがぶつかりあって、120分に詰め込まれた闇は凄まじかった。
その闇のどれもが身近に感じられ、共感し、感情が振り回される作品だった。
様々な状況・環境で感情が入り乱れる作品だったので、かなり多くの人に届く作品だと思う。

夏の暑さや陽射しが、登場人物の感情を表したり、皮肉的に描かれていたように感じた。
タツオが東京に行こうと部屋の前で立ち止まったシーンで、扇風機が前でタツオがバックになるカメラワークがすごく意図的に感じられた。カナが家で堕ちているシーンでも同じようなカメラワークがあった。
すごく印象に残ったが、なんて言葉にしていいか分からなかった。そんな言い表せないけど、なんか刺さるシーン一つ一つが深かった。

最後のキリとお母さんのシーンは、自分と重なる部分があって、昔の自分みたいだった。

あと単純に
一本道のシーンだけで、青春や未来への希望、虚無感、孤独感、あらゆる感情を生み出せるって、作品作る人ってすごいなと。

Canon AE-1はくるみちゃんの私物よね?(笑)
小夜子

小夜子の感想・評価

2.5
夢があったり、なかったりする若者たちの青春群像劇。人生なかなか上手くいかないけど、私たちは元気です的な。
けろえ

けろえの感想・評価

3.4
ずっしりと重くて救いのない、青春群像劇。
登場人物の誰にも感情移入、共感できなかった。終始不快感。
キャラクター造形がありきたりで、物語の中身も先が読めちゃう…。
ずーっと不快な思いをした後に、とってつけたようなラストも、しらけてしまいました。
SATOKAZU

SATOKAZUの感想・評価

4.2
いやー、
監督、藤井道人、
超えてきた。

セブンスに並ぶ
屈指の出来だった。

えぐるえぐる、
これでもかってくらいえぐる。

あの頃はああでこうで、
良かったよなって、
いつまでも言いたい、

でも言ってても前に進んでないから、
言わないようにしたい、

でも言いたい。
から、
ときどき言ってもいいじゃない。

ほんと、
みんなそれぞれ
就職とか
東京進出とか、
地元残って結婚とか、
ほんとバラバラになって、

生活の軸がバラバラになって、

全然会わなくなったとしても、

なんかどっかで繋がってるのは、

過去があるからだ。

だから、
もうそれは過去じゃなくて、
もはや現実であり、
未来な気がした。

生きてこー。
龍太一

龍太一の感想・評価

2.7
どん底まで行ってると思うんだけど、なんか変に踏ん張っちゃってて、もっと振り切った芝居を特に横浜流星はした方がよかったんじゃないか。
群像劇としては上手くまとまってるけど、まとめることに頑張りすぎた感。酸いも甘いもの、甘いが多すぎる昨今だが、かといって酸いだけじゃだめ。塩梅
delta

deltaの感想・評価

2.9
映画『青の帰り道』を観た。
ここ2年くらいで、今の社会の重苦しい空気を吸い込んで吐き出したような話が多くなったなあと。(当たり前か、な?)この映画のトーンも終始窒息しそうな程重苦しい。劇中の若者たちを見ていて、今将来に希望をもって暮らしている人がどれだけいるんだろう と、ふと思った。誰にでも思い当たるようなエピソードばかりで。そんなことを考えて観ていると、中盤辺りからモヤモヤしてきた。確かに「お話」としてはそこそこまとまったものかもしれないんだけど、僕が感じたモヤモヤは登場人物たちの苦しみ、絶望が家族の愛や友情に回収されていくところ。愛や友情に悲鳴がかき消されているような感じがした。そうじゃないでしょうと。少し話が逸れるけど、やっぱりみんな抗い方がわからないんだと思う。学校でも抗い方だけは教えてくれないし。自分を踏んづけてる足を払うのに、別に何も信じなくても構わないし、愛や「わかり合う」ことすら必要ない。と、モヤモヤしたままエンドロールで主題歌が流れてきて、「もしも僕が神様だったなら 喜怒哀楽の怒と哀を無くす」みたいな歌詞が聞こえてきた。そうじゃない。
nene

neneの感想・評価

4.0
青の帰り道鑑賞。
東京の若者の現実をまざまざと見せられた感じ。
救いようがなくて苦しくて、でも生きなきゃいけないのはみんな一緒だなぁと。
きりちゃんの振り込まれてるお給料の額がリアルすぎて泣いた…笑
明日も頑張って生きよう!
lp

lpの感想・評価

3.0
時代設定がドンピシャだったので、それだけである程度嵌まってしまった。暗い展開が延々と続く中盤は、やや食傷気味になるけれど、悲惨さの分だけラストの着地は気持ち良く映る。

概ね悪くはないけれど、物足りなさも残る。特に悩ましいのが、「時代の変遷」と「キャラクターの変化」の融和性の弱さ。「社会の移り変わりに左右されない若者の物語」として、映画の普遍性を強調していると好意的な解釈も出来るけれど、それだと時代背景を映したシーンが蛇足にも感じられてしまう。そもそも2008年から2018年の10年は、劇中でも触れられている通り「政権交代」「東日本大震災」など、その後の価値観や考え方に影響を及ぼすには、十分過ぎる出来事があったと思うのだけど。。。

「プロなんで精神論とか分からない」って言った奴が、精神論オンリーの人間にブッ飛ばされるシーンは素晴らしい。
>|