青の帰り道の作品情報・感想・評価・動画配信

「青の帰り道」に投稿された感想・評価

序盤は青春映画だと思ってみてましたが、
登場人物それぞれの人生模様があり、
時が過ぎるにつれて、重い内容に胸くそ悪いシーンもありましたが、自分と重なる部分もあり・・・胸に色々と突き刺さる作品でした。映像表現て言えばいいのか分かりませんが、本当にエモい。
もりー

もりーの感想・評価

3.5
中々好きな作品だった

高校時代、特に仲良かった子が上手くいってるのを見ると、何者にもなれない自分に劣等感を感じて他人と比べちゃう自分がいる。
この映画も、いつメン7人で夢を叶えようとそれぞれの道に進むけれど、学生時代じゃ考えれないくらいの挫折や、葛藤を見えるところ、見えないところでしている。
どこかいつも高校生活のことを思い出して、それぞれの人生に気にかけてる友人がいること自体素敵だなと感じた。
一度きりの人生。破茶滅茶でもダサくても生きていればいいじゃん?
hyak

hyakの感想・評価

-
田舎あるある→どこに行っても同級生かその家族が働いてる
みんなが東京に抱いている感情がただならないのでどこの地方の話かと思ったら群馬
てば子

てば子の感想・評価

4.0
爽やか青春映画と思いきや、終始しんどい内容でした。。
amazarashi好きにとっては嬉しい作品。
横浜流星以外のキャスト気にせずに見たから真野ちゃんでおお!ってなった
彼ロンやん
7

7の感想・評価

-
そんな期待してなかったけど、地元組の2人以外あまちゃんすぎ。
ティーンエイジャーの青春爽やか映画かと思って見たら
二十歳前後に訪れる人生の闇十人十色みたいな話で笑った

あの7人のどれかに、この世の人間全てが当てはまりそう
結婚詐欺に遭う心優しい女の子、芸能界デビューしたけどアル中になって壊れていく女の子、10代で結婚・出産する子たち、窃盗や詐欺でしかお金作れない男の子

冒頭の、痒なるぐらい青い高校生のシーンから
一転、終盤までこの世の闇のオンパレード
でも完全に他人事には思えず、どれかには自分を当てはめて見てしまう
ただの青春爽やかキラキラ映画じゃなかったのが良かった

ただ、新幹線2000円で東京出れる場所は田舎ちゃうで、それ準都会や
hayakawa

hayakawaの感想・評価

3.8
2018年公開。監督は「新聞記者」「ヤクザと家族 The Family」の藤井道人、主演・真野恵里菜。PG12指定。田舎の高校の同級生で仲の良い男女7人グループの成長や個々の人生を描いた青春群像劇。想像以上に感動した。ベタなストーリーなのかもしれないが、それぞれの個性が発揮されていてオムニバス的な要素も感じられた。環境や心情、価値観の変化ですれ違いや衝突が起きる事など年をとる度に誰もが経験しうる描写がもどかしかった。政治的な表現を入れるのは自由だがこの監督の政治思想は左寄りなイメージが強い。

東京と田舎でこんなに分かりやすく状況がかわるなら
東京が堕ちやすい都市なら
絶対に東京なんて来るなって思う

若さは兇器
飛び出すか死ぬか

死ぬ方がきっと簡単

【あらすじ】
プロの歌手を目指しているカナは、高校卒業と同時に上京。
マリの高校時代の友人は皆、思い思いの人生を歩み出す。
ある日、カナのライブを観るために、久しぶりに高校の同級生7人組が揃うことになり・・・。

【事前情報】
今作の原案は、元モノマネタレントのおかもとまり。
この方、最近では絵本を書いたり、アニメを制作・YouTubeに投稿したりと、クリエイター業で活躍している。
今作を観ても、そういった才能もあるんだろうなぁと思うので、今後の活躍が楽しみです☺️



👇以下、ネタバレ含みます👇
      ・
      ・
      ・



【所感】
藤井監督と歳が割と近いからなのか、描写にちょいちょい懐かしさを感じる。
この頃って、確かにオレオレ詐欺全盛だったね。
無添加にんじん🥕のコスプレも当時AKBが野菜生活でやってたCMからネタをとってきたんたろうね。
それをハロプロの真野ちゃんがやるというシュールさ😅
そして、鳩山由紀夫のアップは草。

高校卒業後のそれぞれの歩みは、痛々しさが強いけど、20歳前後だとこれぐらいの黒歴史は、結構な確率で経験すると思う。
しかし、ダメ男がDVした後に優しい言葉かけるのって、洗脳の常套手段だよな。

タツオの自殺は若干の唐突感があったけど、あんなエモい葬式見るのは久しぶり。
分かりやすく潔いケンカのシーン。
失ってから気づく事ってあるけど、大事なものはやっぱり失う前に気づきたいよね🥺

大人になる段階で、でも大人達に利用されて。
果たしてどういった道を進むのが良いのか、正解は無いけど、夢破れたからといって、それは悪い事じゃないよ。

【まとめ】
Amazarashiの「たられば」、色んな人が歌ってるバージョンが流れます。
タツオが歌ってるバージョンが、さだまさしみたいに哀愁漂ってて一番好き。
青の帰り道と言うけれど、アラサーのわしは、失われた青春を必死に取り戻そうとしています😌
そういや昔、ロケット花火人に向けて打ってたな(マネしないでね😇)
>|