盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~の作品情報・感想・評価

上映館(9館)

「盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~」に投稿された感想・評価

okimee

okimeeの感想・評価

3.9
インド映画らしからぬというか、インド映画らしいというか‥‥。。

おもしろかったけどちょっと長いかも〜。。

エンドロールですべて持ってくw
余韻とか関係ない。
めっちゃ良かった!
この主人公、運が良いんだか悪いんだか。ツイストしまくりな展開はなかなか見応えありましたよ。
どうしようもないゲス野郎がたくさん出てくる映画好きな人にめちゃくちゃオススメです。
ただ、主人公の隣人の子どもにもっと翻弄される展開があったのなら、コメディ路線で更におもしろかったかもなあとか思ったりします。
青

青の感想・評価

3.8
インド映画ちゃんと観たのはじめてかも
インドいいな
音楽も俳優もインド尽くしでなんか新鮮
インド人めちゃくちゃ早口だし

物語の前半部分やや寝ちゃったけど、後半の伏線回収はすごい 

日本で言えば内田けんじ監督とか上田監督の作風っぽい
雪

雪の感想・評価

-
アップリンク渋谷にて
138分というたった2時間弱なのに次々と予想外のことが起こりすぎて長く・濃く感じたな〜
そしてラストで完結させない感じが良い
平面

平面の感想・評価

3.1
話はダークだけど展開がインドと聞いていてもたってもいられず鑑賞。

どこまで話が広がっていくか分からなくて、終始そわそわしねしま。
踊らないけれど歌はやっぱりインドテイスト、隠されないスパイスの香り。なんか元気出る。

最後のせいでどこまでが本当の話かわならなくなったからもう楽しい。好き。
Sao

Saoの感想・評価

4.2
殺し殺され、騙し騙され
長かったけど 後半の展開の多さで
全然飽きなかった、疲れた

#2019年51本目
インド映画の定番のダンスシーンはなし。
でも!『踊らないインド映画』最高でした💃

二転三転、いやいや5回も6回も裏切られる
ストーリーが、とにかくお見事👏🏻👏🏻👏🏻
サスペンスだけでなく貧富の差や臓器売買など
インドが抱える社会問題が予測できない展開の中に
重すぎず、時に軽快でコミカルに描かれていて
ぐいぐいとこの“殺人狂想曲‘’に乗せられました🤣

アーカーシュを演じたアーユシュマーン・クラーナー。
視界が約80%遮られる特別なメガネを用いて
トレーニングし、さらに90%にまであげて
表現を練り上げたそう。
ピアノ演奏も初心者なうえに目隠しをして
トレーニングし、吹替えなしにこだわって
チャレンジした演奏は見事でした✨
奏でるメロディと想いを乗せた歌声も
素晴らしかったなー☺️
アーカーシュを災難に巻き込む悪女シミーも
憎みきれない、けど油断できない魅惑的な人物で
翻弄されました💫

エンドロールまで!
最後の最後まで!
目を離しちゃダメですよー👀
ぴ

ぴの感想・評価

4.0
嘘に嘘を重ね、なおも嘘を重ね続ける
人の業の深さが出る
最後まで展開が読めなかった
八巻綾

八巻綾の感想・評価

4.2
盲目を装っていうピアニストの青年が、殺人事件に巻き込まれてるクライムサスペンスコメディ。長いけど、面白かった!

盲目のピアニストであるアーカーシュは、ロンドンでコンクールに勝つことを夢見て切磋琢磨中。近所の子供にピアノを教えたり、レストランで演奏したりして日銭を稼いでいる。レストランオーナーの娘ソフィと恋仲になるが、アーカーシュには秘密があった。実は目が見えるのだ。

ある日、レストランの常連である元スター俳優から、家に来て演奏してほしいと依頼されたアーカーシュ。なんでも、再婚した若い妻に結婚式のサプライズプレゼントをしたいというのだ。当日、約束通り行ったものの、家には妻しかいなかった。「夫は10分後に帰ってくる」というので演奏しながら待つことにするが……あそこに死体が見えてるんですけど!?

元スター俳優の若い妻と、その間男である警察署長が不倫現場を押さえられて思わず発砲。そんな下世話な殺人事件に端を発して、物語はどんどん悪いほうへと転がっていく。目撃者は消され、全く関係ない男が被疑者としてつかまり……アーカーシュも見えているのでは?と疑われ、どんどん追い詰められていくことに。途中まではのんびりとした音楽映画の風情だったのに、死体が登場してからは一気に加速。さながらジェットコースターのように最後まで突っ走っていった。

面白いのは、単に殺人事件目撃者として追われるわけではないところ。詳しくは実際に見てほしいのだが、悪いことの性質が変容していき、しかもどんどんヤバくなるのだ。次から次へといろんな悪い人(一見して悪人とは限らない)が出てきてインフレ状態。アーカーシュは一生懸命に目の前のピンチを切り抜けていくものの、斜め上の方向で裏目に出まくる。ぶっちゃけ、完全な善人なんて誰もいないという状況の中、物語がどこに着地するのかまったくわからない。

たっぷり披露される音楽もなかなか良いし、クライムサスペンス部分も伏線回収が効いていてめちゃくちゃ面白い。さらに、コメディとしても楽しめる。1作品で3度おいしい(あ、ラブもあるから4度かな)。しかもねえ、ラストの1秒がすごくて!ラストカットで思わず「うっ」って声が出て鳥肌が立っちゃった。

倫理的に問題がないとはいえないものの、文句なしに面白かった!おすすめ。
SAKUYA

SAKUYAの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

思った以上にブラコメだった。いい話になると思いきやそれをくじくかのような展開が皮肉が効いてる。
>|