クイーン+アダム・ランバート・ストーリー: ショウ・マスト・ゴー・オンの作品情報・感想・評価・動画配信

クイーン+アダム・ランバート・ストーリー: ショウ・マスト・ゴー・オン2019年製作の映画)

The Show Must Go On: The Queen + Adam Lambert Story

製作国:

上映時間:85分

4.0

「クイーン+アダム・ランバート・ストーリー: ショウ・マスト・ゴー・オン」に投稿された感想・評価

これ以外に僕には道がない!


NetflixOriginal映画 2019年製作
出演ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、アダム・ランバート


勝手にお知らせシリーズ「今日は何の日」
本日、7月26日はクイーンのロジャー・テイラーの誕生日です。

それにしても、驚きましたよね。
何って、オリンピックの開会式ですよ←マタ、オリンピック
聖火リレーの際、クイーンの「手をとりあって」が流れました!思わず、声を上げてツイートしちゃいました(笑)。その前にジョン・レノンの「イマジン」も歌われ、僕の心が高揚してたのも大きいけど、日本との縁の深さが認められた演出に感動しました(≧∇≦)ゞ

今日もスケートボード・ストリートの試合を見ていましたが、そこでも「We Will Rock You」が流れたり、僕は別の意味でも興奮しきりです!
(おめでとう🎊もみじちゃん、ふうなちゃん)



はい、オリンピックはいったん忘れて💦

まずはこちらから……
【ロジャー・テイラー】
1949年7月26日、イングランドのノーフォークで生まれました。今日で72歳、未だ現役ですし、趣味でドラムをやっている僕にとっても憧れのドラマーの1人です( ˘ ˘ )ウンウン

ロジャーのドラムの音が好きなんですよね~。
どうしてもあんなふうには鳴らせない。
実に上手いんです👏

好きなエピソードなんですが、ブライアン・メイがバンドメンバーを募集した時「(エクスペリエンス)のミッチ・ミッチェルや(クリーム)のジンジャー・ベイカーのようなドラマーを求む」と広告をうち、それで加わったのがロジャー。そのあと結成された"スマイル"は、ほんとクリームのようなスリーピースバンドですからね。どんな音楽を目指していたのかが分かるエピソード。ちなみに、僕の趣味バンドもスリーピースよ(ˆωˆ )フフフ…

でも、それって、クイーンとは全然違うんです。やっぱりクイーンは、フレディの加入が大きいんだよなぁ。逆に、フレディがいないバンドをクイーンと呼び難い理由でもある。

そこに今回紹介する映画の存在意義が生まれます。








さて、映画です。
この映画の狙いは、フレディ在籍時のクイーンではなく、"今"のクイーンの紹介なんです。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットで、再びシーンの最前線に出てきたクイーン。この機を逃すなとばかりに、アダム・ランバート以降のクイーンを紹介する映画になっているんですよね。
映画も含め、どうしてもフレディ・マーキュリーに向くスポットを、なんとか今の人気に取り込みたいという狙いで作られたようにも感じます。

でも、それはとても良いことで、僕なんかでもアダム・ランバートに対しては若干の偏見と抵抗がある。それを上手く取り除いてくれる作品になっていました( ˘ ˘ )ウンウン

だから、改めてアダム・ランバート+クイーンのライブを聴こうと思いましたし、実際、今、このレビューも聴いて書いています(ˆωˆ )フフフ…
偏見は判断を狂わせるよね!




その映画ですが、フレディの「Love of My Life」の映像が流れる中でスタート❗
やはり、つかみはフレディから。
そして、「ボヘミアン・ラプソディ」のオスカー受賞に伴い、クイーンとアダム・ランバートによるアカデミー賞授賞式でのライブ映像へと上手くシフトさせました。今はこれだ!とね。

再びフレディ。
「ライブエイド」の有名な映像
そこからアダム・ランバートへ。
世代交代のアピール。
この交互の切り替えは上手いよ!


その後はインタビューを交えながら進む
どうしてクイーンを存続させたのか?と。

ジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナス
フーファイターズのテイラー・ホーキンス
デフ・レパードのジョー・エリオット

当然、ブライアンやロジャー、フレディもね。

フレディ亡き後のクイーンに関わってきたミュージシャンのインタビューは、本当に興味深かった。
ジョー・エリオットが言うんです「僕はロックしか歌えない」と。そう、クイーンのボーカルはロックだけじゃダメなんだよね。


そこに現れたのが「アメリカン・アイドル」に出場したアダム・ランバート。
アダム・ランバートの良いところは、フレディのモノマネをしないことなんだよね。
「フレディの再来は求めていない」
その通りだし、真似したら失敗していたと思う。

「アメリカン・アイドル」での「胸いっぱいの愛を」のパフォーマンスは、めちゃめちゃ良かった( ˘ ˘ )ウンウン。ツェッペリンから初めて曲の使用許可が降りたのも納得。歌の上手さが際立っていた。オーディションの最初に歌ったのが「ボヘミアン・ラプソディ」というのも運命的よね。

そして、ブライアン・メイとロジャー・テイラーに連絡がいくんです。凄いなぁ。こうしたオーディション番組で2人が演奏するのも驚きでしたが。



僕はフレディ死後のクイーンもずっとフォローしてきたので、例えばジョージ・マイケルが参加したライブやポール・ロジャースとのライブも聴いてきました。
ジョージ・マイケルも好きだし、ポール・ロジャースも好きなので、どれも楽しんだんだけど、それはジョージ・マイケルやポール・ロジャースの歌を楽しんだんであり、フレディに取って代わるものでは無かった。クイーンとは見ていなかったし、他に考えようもないのよ。

だから、個人的にはフレディとじゃないとクイーンじゃないと引退するジョン・ディーコンの潔さに共感してましたよね( ˘ ˘ )ウンウン


逆に、クイーンじゃなければOKで、ロジャー・テイラーが始めたソロプロジェクトの"ザ・クロス"も喜んでアルバム買って聴きましたし、ブライアン・メイの活動も追ってましたもんね。

なので、別なボーカリストを立ててのクイーン活動には抵抗があり、特に、アダム・ランバートとのコラボは聴かなかった。偏見だらけでした。

今作はその偏見を取り除いてくれたのが本当に良かった。今までのこだわりと偏見を謝罪します(*ᴗˬᴗ)⁾





今作はアダム・ランバートというボーカリストの良い紹介映画になっていたので、フレディがいた頃しか聴かないよ!という人にこそ見て欲しい作品でした。
ロジャー・テイラーの誕生日に、よろしければ!
素晴らしい音楽は無条件に素晴らしい。クイーンそして、アダム万歳!
一貫してみんながみんな『そんなくだらないこと言ってないで、楽しもうよ!』って言っててサイコー
普通の人じゃ背負いきれないモノを悟ったかのように全力でやるアダムランバートカッコいいし、自分を圧倒的に認めてる感じがあって眩しい
クイーンとアダムランバートの良い関係、唯一無二で当たり前じゃないグルーヴなんだって教えてくれるドキュメンタリー
Ryu

Ryuの感想・評価

4.1
ショウ・マスト・ゴー・オン。
このQUEENのショーを止める訳にはいかない。
2020年1月のQAL日本公演(京セラドーム)に行った時のことを思い出しました。あの時はホントに「これ現実か?」と思うほど夢のような一時だったな〜。
フレディ・マーキュリーという最高のフロントマンを失ったQUEEN。ベースのジョン・ディーコンはそのまま引退してしまったが、そこから残ったギターのブライアン・メイ、ドラムのロジャー・テイラーの足取りからはじまり、アダム・ランバートの生い立ち、活躍、そしてQUEENとアダムの出会い。ホントにこのコラボレーションバンドは奇跡だな〜と痛感しました。フレディ・マーキュリーには決してなれないが、アダムは自身を前面に出してQUEENを盛り上げる。ホントにスゴいと思います。抜群の歌唱力、魅力的なルックスに派手な衣装など、フレディにも負けないカリスマ性を持つ人だな と思いました。映画「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディを演じたラミ・マレックや有名なミュージシャンたち、そして業界人。たくさんの人のインタビューがあって、貴重なお話や微笑ましいエピソードなど聞いててホントに楽しいと思えました。ゲイであるというフレディとの共通点を持つアダムだからこそ、QUEENの楽曲を心から歌い、それが聞き手に伝わり、こんなにも感動するパフォーマンスになるのでしょう。QUEENは過去のバンドなんかじゃない。新たなフロントマンを迎え、未来に向かって進んでいます。QALのショーはまだまだ続いていくでしょう。
masa

masaの感想・評価

3.7
1991年にフレディ・マーキュリーを失ったクイーン
その後の2011年にアダム・ランバートをボーカルとして据えた活動のドキュメンタリー
見事な歌唱力
ライブ映像や多くの関係者のインタビューを交えながら
ますお

ますおの感想・評価

4.0
アダム可愛いと思いながら見たけどやっぱりアダム可愛い
Queenと出会ってくれてありがとう
Missou

Missouの感想・評価

-
毎週日曜日9時からNHK-FMサンプラザ中野さんのラジオ、ディスカバークイーンを今年は聴きます!!
BlueMoon

BlueMoonの感想・評価

3.8
メンバーが入れ替わりながら続いていくバンドっていくつかありますが、流石にフレディ・マーキュリーの代わりはいないって思ってた。そこに現れたアダム・ランバートはまさに奇跡みたいな存在で、彼がクイーンに迎え入れられたと知ったときは本当に嬉しかった。「継承」は「現状維持」じゃない。この映画で彼らのフレディへのリスペクトとアーティストとしての姿勢のすばらしさを強く感じた。新しい輝きを放つアダムとクイーンに幸あれ。
フレディの死後からの現在の+アダム・ランバート体制までを描いたドキュメント。アダムの時の「アメアイ」は初っぱなからラストまで全て追っ掛けてたので感慨深く観た。ライブとインタビューのバランスが良いので最後までダレずに観れる。ライブ前の楽屋でのコーラスのウォーミングアップシーンなんてのはまさに裏側で嬉しい。個人的には本作でも触れられるが、フレディの追悼コンサート、これこそドキュメント化すべき案件あんだよなぁ。インタビューでも舞台裏でも全てが貴重なシーンばかりだと思う。もう亡くなったアーティストもいるし、証言等は多く取っておくべきだよ。いまや完全版も観れないし。
2021.3.17.
Netflix
yui

yuiの感想・評価

-
ボヘミアムラプソディとセットで観た方がいい!感動した!

フレディマーキュリーの偉大さ
アダムランバートの歌唱力
クイーンはショーマストゴーオン!
永遠に世界中から愛されるバンド

フレディのカリスマ性とパフォーマンスを受け継げる人が現れるなんて奇跡…
アダムランバート歌唱力すごすぎ
gleeでレディーガガのmarry the nightをパフォーマンスしたのを見た時の衝撃を思い出した!!音域の広さ半端ない

クイーンにとってもアダムにとっても
奇跡的な出会いだったんだなぁ

時々フレディの映像がでてきて涙

フレディの偉大さも伝えながら
アダムが加わって
進化し続けるクイーンがかっこいい
おじいちゃんになっても
ずっと世界で活躍してるのかっこよすぎ
バンドの絆がずっとあるの尊い

今のクイーンを見てフレディも
嬉しいんだろうな

日本でのライブのことクイーンにとって特別な思い出になってることが嬉しかった

過去も訪れたライブ会場でなにを思い出してるのかな〜

ミュージジャンじゃなくて過去と今をつなぐ魔術師になったって言い回しがかっこよくてすき

ライブ、行ってみたいなぁ…
>|

似ている作品